NEWS!
  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭固定に!

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭固定に![時間限定]

  • YJFX![外貨ex]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

FRBクラリダ副議長発言にドル堅調との報道。実際には年末ドル需要がドル押し上げたか?12/1米中首脳会談、不調なら関税拡大の用意。

20181128ドル円日足チャート
27日はEU離脱を巡る要人発言を受け、ポンド相場が乱高下しました。ドルはFRBクラリダ副議長の発言が「予想ほどハト派では無かった」と受け止められ上昇しました。ポンドは12/11英議会での採決が山場、ドルは年末ドル需要が下支えになっており「ドル買いが溜まっているが崩れない状態」になっています。

米国株はNYダウ108ドル高(+0.44%)、ナスダック0.8ポイント高(+0.01%)でした。

今週は30日〜アルゼンチン・ブエノスアイレスG20(12/1米中首脳会談)を控えており、週後半は様子見姿勢が強まりそうです。クドローNEC委員長は「米中首脳会談が不調に終われば、全ての中国製品に制裁関税を拡大する用意がある」と発言しています。米中の歩み寄りが見られればリスクオン、見られなければリスク回避となりそうです。

ドルに関してはパウエルFRB議長の講演にも注目が集まっています。今はドル高トレンドの転換がいつなのか?を見極める相場でしょう。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

(動画)ポンド下落!12/11英議会での採決への不透明感からか?イタリア財政問題、既に観測報道出ており妥協しても反応は限定的か?

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。

11/26の主な材料【経済指標と要人発言】
・独11月IFO企業景況感指数102.0(予想102.3)
・米10年債利回り3.057%、ドルインデックス97.09。
・NYダウ354ドル高(+1.46%)、ナスダック142ポイント高(+2.06%)

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

NYダウ354ドル大幅高!為替は円安+ドル高。英バークレー離脱担当相は議会での承認に厳しい見通し述べる。英議会は12/11採決の予定。

20181127NYダウ先物日足チャート
26日はEU離脱交渉で「離脱協定案」「政治宣言案」に正式合意したことを受け、ポンド相場は窓開け上昇スタートになりました。ポンド円はドル円や株高に連れて上昇、ポンドドルは一時1.2850を超える場面があったものの反落しました。英バークレー離脱担当相は議会での承認に厳しい見通しを述べています。報道では12/11に国会で投票が行われる見通しとなっています。

ユーロはイタリアが財政赤字目標を引き下げるとの観測報道から買われ、ドラギ総裁の景気失速発言や独11月IFO企業景況感指数102.0(予想102.3)が予想を下回ったことが売り要因となりました。感謝祭明けの米国株は大幅上昇、NYダウ354ドル高(+1.46%)、ナスダック142ポイント高(+2.06%)でした。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

(動画)ブレグジット交渉いよいよ大詰め!議会承認は12/12か?イタリア予算案、米中貿易問題、FRB当局者発言が材料。為替市場は円安。

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。

11/23の主な材料【経済指標と要人発言】
・独11月製造業PMI・速報値51.6(前回52.2)
・ユーロ圏11月製造業PMI・速報値51.5(前回52.0)
・米10年債利回り3.040%、ドルインデックス96.92。
・NYダウ0ドル安(-0.00%)、ナスダック63ポイント高(+0.92%)

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

EU離脱交渉「離脱協定案」「政治宣言案」正式合意!議会承認得られるか?ポンド窓開け上昇から窓埋めへ。感謝祭明け米株式市場にも注目。

201811216ポンドドル日足チャート
週末はブリュッセルで開催されたEU首脳会議にて、EU離脱交渉の「離脱協定案」「政治宣言案」に正式合意となりました。正式合意を受け、週明け時間外のポンド相場は窓開け上昇スタートになったものの、窓を埋めて上値の思い動きが続いています。今後は英議会で承認を得られるかに関心が集まっており、万一過半数の賛成が得られない場合、再びハードブレグジット(合意なき離脱)懸念が高まりそうです。

ユーロ相場は、独・ユーロ圏の11月製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値が予想を下回り、景気減速懸念から売られました。イタリア予算案も引き続きユーロの重しとなっています。今週はブエノスアイレスG20で米中の歩み寄りが見られるか?イタリア予算案、12月FOMCへ向けたFRB当局者発言、ブラックフライデー・サイバーマンデー〜クリスマス商戦、感謝祭明けの米株式市場が材料になりそうです。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero