NEWS!
  • SBIFXトレードが、ドル円のスプレッドを0.27銭原則固定に!

  • LIGHTFXが、ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に![時間限定]

  • 外為どっとコムが、ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定(例外あり)に!

  • LION FXが、ドル円のスプレッドを0.3銭固定に!

  • JFX[マトリックス]が、ドル円のスプレッドを0.3銭固定に!

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に!

  • みんなのFXが、ドル円のスプレッドを0.3銭固定に![時間限定]

  • YJFX![外貨ex]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に!

PICK UP!

NYダウ602ドル安!米アップルのサプライヤールメンタム株33%安。ゴールドマン・サックス7.5%安。ドル円113円後半で落ち着いた動き。

20181113NYダウ先物日足チャート
12日の米国株は大幅続落、NYダウ602ドル安(-2.32%)、ナスダック206ポイント安(-2.78%)でした。米アップルのサプライヤーであるルメンタムが、出荷の削減要請を受け業績見通しを下方修正。ルメンタム株は33%安と過去最大の下げを記録。他のサプライヤー株も売リ込まれています。

「無駄に高性能+高価格」のiPhone新機種が、消費者に支持されなかった模様。一方、2つ前のiphone8は「十分な高性能+大幅値引き」により、買い替え需要がこちらへ流れた模様。またiPhone8の完成度が高く、長く使える事から買い替えサイクルが伸びている可能性も。何れにしてもドル箱だった新機種に関しては需要が少なかったようです。

ゴールドマン・サックスは7.5%安。マレーシアのリム財務相が、不正行為に対して手数料の全額返還を求めた事が重しになりました。為替市場では、引き続きイタリア予算とEU離脱協議が懸念されており、欧州通貨売り+ドル買いの流れが続いています。ドル円は円買い+ドル買いの中で小動きでした。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

米中間選挙開票始まる!「ねじれ」か?サプライズか?トランプラリー第2弾で急騰、まさかの株価急落に備える市場。開票直前の為替は円安。

20181107NYダウ先物日足チャート
6日の米株式市場は中間選挙結果待ちのため薄商いとなりました。NYダウ173ドル高(+0.68%)、ナスダック47ポイント高(+0.64%)でした。選挙通過で株価上昇という可能性は高いと思われます。ネガティブサプライズは、上下両院で民主党が勝利するケース。その場合は株価急落となりそうですが、可能性は低いと見られています。何れにしても中間選挙の結果待ちとなっており、本日アジア時間から徐々に大勢が判明して行きそうです。選挙結果を確認してから、今後の投資戦略を立てて行きます。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

欧州通貨売り継続!ECB資産買い入れプログラム年内終了、来年後半の利上げ開始を維持。イタリア財政問題、ブレグジット交渉など問題は山積。

20181026NYダウ先物日足チャート
25日はトルコ中銀が金融政策を発表し、政策金利を据え置いたものの、売りは一瞬でむしろ上昇して引けました。ECBドラギ総裁は、予定通り資産買い入れプログラムの年内終了と、来年夏頃まで金利を据え置く方針を維持しました。イタリア財政問題、ブレグジット交渉など問題は山積しており、ユーロは売られています。

直近の為替市場は欧州通貨売りが目立ちました。ドル円は112円台を中心に大きな動きなし。米株式市場はマイクロソフト決算などを受け急反発、NYダウ401ドル高(+1.63%)、ナスダック209ポイント高(+2.95%)でした。NYダウは日足200日線がレジスタンスとなり、一旦頭を抑えられた格好です。

株式市場のボラティリティは高まっているものの、これといった材料はない中で乱高下しているため、今日上げるのか?下げるのか?は見通しにくい相場です。今月の米株式市場は、中間選挙へ向けた両陣営の攻防だと見ています。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

NYダウ一時548ドル安!終盤に大きく切り返す。中国関連のキャタピラーや3Mが売り込まれる。ドル円・クロス円は株価に合わせた動き。

20181024NYダウ先物日足チャート
23日のNYダウは、決算を発表した中国関連キャタピラーや3M(スリーエム)が売り込まれ、一時548ドル安まで下げる場面がありました。終盤には大きく切り返し、NYダウ125ドル安(-0.50%)、ナスダック31ポイント安(-0.42%)で引けています。上海総合指数も反落しており、米中貿易摩擦への懸念が広がりました。

サウジ情勢の混迷や、欧州委員会が大方の予想通り、イタリア予算案を拒否したことも相場の重しとなりました。売っていたポンド円は、NYダウが500ドル超下げている場面で利食いました。米国株が終盤に大きく値を戻すと、ドル円・クロス円も値を戻しています。引き続き「短期逆張り有利な相場」が続きそうです。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

日米株価とクロス円、方向感なく読みにくい。サウジ制裁なら原油価格が波乱要因。トランプ大統領中間選挙前に大規模減税発表か?

20181022ドル円日足チャート
今月10日に米国株が急落した後は、日米株価もクロス円も方向感が出ていません。イタリアの予算案、ブレグジット交渉、サウジ情勢、米中貿易摩擦、米ロ関係など材料が多く、投資家はリスクを取って良いのか?悪いのか?計りかねている様子がチャートに現れています。

リスク要因は米国がサウジへの制裁に踏み切ったケースかと思われます。サウジが対抗措置で原油供給を絞った場合、原油価格急騰も考えられます。その他、トランプ大統領は中間選挙前に大規模減税発表と、ブルームバーグが報じています。とにかく方向感が掴みづらく、短期的には逆張りが有利な相場かもしれません。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero