NEWS!
PICK UP!

【動画】米共和党ベイナー下院議長「楽観的」→「進展なし」目新しい材料なし。日本の党首討論安倍発言にだけ注目の円相場か?

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日14~15時くらいを予定しています。


11/29の主な材料【経済指標と要人発言】
・(米) 新規失業保険申請件数39.3万件(予想39.0万件)
・(米) 第3四半期GDP・改定値 [前期比年率]+2.7%(予想+2.8%)
・(米) 10月中古住宅販売成約 [前月比]+5.2%(予想+1.0%)
・(独) 11月失業者数+0.5万人(予想+1.6万人)
・(独) 11月失業率6.9%(予想6.9%)
・米共和党ベイナー下院議長「(財政の崖問題)進展していない」

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【米共和党のベイナー下院議長】財政の崖問題「楽観している」→「進展なし」にやや失望。ドル円・クロス円今週はほとんど動きなし。

20121130Tドル円日足チャート 20121130外為オンライン
◆29日の欧米市場では、財政の崖問題に関して前日には「楽観している」と発言していた共和党のベイナー下院議長が、今度は「進展なし」と発言したことから一時ユーロ売り+リスク回避となる場面がありました。それでもNYダウなど特に地合いの悪い展開では無く押し目買いに13,000ドルを回復しています。今週のドル円・クロス円相場はほぼ横ばいで動きがありませんでした。目新しい材料も無い中、感謝祭以降冬休みでマーケット参加者も限られてきている季節かと思います。基本的には10月あたりに波乱が無い限りは、12月に荒れ相場という可能性は低いハズです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【動画】100%絶対に負けるトレード方法とは?(スイングトレード)ベテラントレーダーでも1年のほとんどはわからない。

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日14~15時くらいを予定しています。


11/28の主な材料【経済指標と要人発言】
・(米) 10月新築住宅販売件数36.8万件(予想39.0万件)
・(米) 10月新築住宅販売件数 [前月比]-0.3%(予想+0.3%)
・米共和党ベイナー下院議長「(財政の崖問題)楽観的に見ている」

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【ドル円・クロス円まだ弱くない】今日陰線になるかは重要!米共和党のベイナー下院議長「財政の崖」楽観的、ダウ106ドル高!

20121129ダウ先物日足チャート 20121129外為オンライン
◆28日のNY市場では、米共和党のベイナー下院議長が「財政の崖」に関して楽観的な発言、NYダウは106ドル高で引けています。ダウは13,000ドル大台と200日線が重なっており、そのレベルの攻防になっています。ダウの直近10日程度の地合いは決して悪くないと見ています。ドル円・クロス円も下げたところでは押し目買いも入っており、今日陽線でクローズできるかに注目をしています。陰線だとやや安倍トレードに陰りと見て良さそうです。この2日間は米国財政の崖問題に関する発言に市場が反応しており、年内は関心が高そうです。欧州ではスペイン関連、国内では総選挙に関連した安倍発言で相場が動きそうです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【動画】フィッチがアルゼンチンを5段階格下げ。民主党リード上院総務が「(財政の崖)進展なし」投資家が注目するポイントと投資戦略とは?

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日14~15時くらいを予定しています。


11/27の主な材料【経済指標と要人発言】
・(米) 10月耐久財受注 [前月比]0.0%(予想-0.7%)[前月比:除輸送用機器]+1.5%(予想-0.5%)
・(米) 9月S&P/ケース・シラー住宅価格指数 [前年比]+3.00%(予想+2.95%)
・(米) 11月リッチモンド連銀製造業指数9(予想-9)
・(米) 11月消費者信頼感指数73.7(予想73.0)
・(米) 9月住宅価格指数 [前月比]+0.2%(予想+0.4%)

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加