NEWS!
PICK UP!

ドル円・クロス円ショートカバー優勢!30日ドル円5分チャート解説、(米)9月シカゴ購買部協会景気指数に注目。

20080930L
17:00
こんにちは、2008年9月は世界の金融市場にとって大変な1か月となりました。30日のロンドン時間ドル円5分チャート解説です。ずっと抑えられていた104.50ですがこれを抜けたところでロング、押し目買いも入れ104.75で利益確定しています。エントリーポイントは赤い□でマーキングしています。その他103円台ではずっとドルを買っていました、106円台後半以上ではずっと「ドル売り」を推奨してきましたが、売り場は遠いのでしばらくは「下落してきたところを押し目買い+通常通りの順張り」をしていきます、30日のドル円相場ですが、月末ということもあり本邦輸出勢・輸入勢の売り買いなど色々交錯しましたが全体的な感想は「ドルが想定外に強い」ということです、今週は欧州通貨に売り材料が集中していて今日はドルストレートでは「ドル高」となっています、ニュースでは盛んに「ドル安」をどの番組も強調していますが、今回起きた現象は「リスク回避の円高」と相対的な「ドル高」です、豪ドル/ドルやユーロ/ドル、ポンド/ドルなどの動きにも注目が必要です、米国の金融危機は過去にないほど深刻ですが「ユーロと豪ドル」が買えないとドル円も95円などとはならないハズです。今日はドル円ロングの指値を入れています104.50、104.10、103.60に10Lotづつ、103.00ストップロスです。

(米)9月シカゴ購買部協会景気指数

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダウ歴史的大暴落!‐777.68ドル、米金融安定化法案まさかの否決!フランク米下院金融委員長・・・。

20080930
6:10
おはようございます、まず驚きましたね。米金融安定化法案がなんと下院で否決され、金融「不」安定化法案に。フランク米下院金融委員長は「次のステップを決定する前に経済への反応を評価する???」とのこと、否決すればどうなるかは自明の理だが何を評価するのか?ウォール街を恐怖に陥れた否決劇として金融史上に永遠に残りそうですね。ZEROの予想では「その評価」が明らかで「再可決」と予想、その前に世界の株式市場が沈んでしまうので各国中銀は協調し、為替だけでも「介入」を行うべきだと考えます。今日にも1万ドル割れが現実味を帯びてきたNYダウと9%以上下落したナスダック、アジアでも「歴史的」となりそうです。ドル円・クロス円は「円買い」が強烈で本日も「円買い一辺倒」になりそうです、ZEROは「様子見」を推奨、売り突っ込みはしなほうが賢明です。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

欧州株式市場暴落!クロス円は円買い、ドル円も乱高下21:30(米) 8月個人所得、(米) 8月個人支出、金融安定化法案に注目!

20080929L
17:45
こんにちは、29日の欧州株式市場では欧州金融機関の追加損失懸念や国有化が相次ぎ暴落しています。これを受けた外国為替市場では「欧州通貨売り」を中心に「円買いドル買い」→「円買い」となっています。ドルは皮肉にも他国の大幅下落から円同様「相対的な買い」に支えられて思ったより下げてきませんね、本日は再三の予告通り「ドル円戻り売り」を継続しています、単純に106円台後半より上でドル円ショートとして大きめに値幅を取って利益確定をしています、現在は106.25付近でノーポジション、米国勢待ちムードもあり再度ドル円が跳ねれば逆張りでショートとしてみます。

【米経済指標】21:30 (米) 8月個人所得、21:30 (米) 8月個人支出

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

法案合意で円安スタートも上値追い禁物か、29日ドル円チャート解説と月曜シドニー時間デイトレテクニック!

20080929
7:30
おはようございます、週末も協議された金融安定化法案が合意し週初にも成立との報道で「円安」スタートしています。ただし、円安スタートしているのは日本の証拠金業者の話でシドニー時間(日本時間早朝4:30)には105.65まで下落をしています。その5分チャートを掲載しておきました。サクソ系業者では月曜早朝4時台からトレード可能な業者もあり、週末ネタで持ち越しポジションのリスクが高まった時などにリスクヘッジできそうです。この時間は薄商いの中でそこそこボラティリティがあり、行ってこいになりやすいためトレードが可能であれば有利になります。今週は「円安」スタートとなっていますが、法案成立後は「反落」に注意が必要そうです、週後半には米経済指標が市場のメインテーマになりそうです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポールソン米財務長官がTV発言「全力を傾けてきた金融安定化法はその実現に向けて大きく前進した。これは金融市場で効果を発揮し、全米国民の利益となるだろう」ほぼ合意。

18:30
こんばんは、民主党のナンシー・ペロシ下院議長が「(金融安定化法案が)大きく進展した、あとは文書化すれば正式な合意が実現する」と発言。ポールソン米財務長官も同様のコメントをTV番組で語っており、ほぼ合意したとのこと。ここまでは市場の予想通りで一応の好感はありそうですね、1日もてば良いほうで米経済指標をにらみながらのドル円・クロス円相場となりそうです。来週も米景気後退懸念からの「株安+ドル安VS米当局」の構図が継続しそうです。投資戦略は「ドル円戻り売り」を来週以降も継続します、106円台後半でもショートにして良いかもしれません、ZEROは米指標や法案成立などで円安方向に跳ねたところで「逆張り」になりますがショートポジションを取って行きたいと思います。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加