NEWS!
  • SBIFXトレードが、米ドル円のスプレッドを0.27銭原則固定に!

  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に![時間限定]

  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定(例外あり)に!

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.3銭固定に!

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭固定に!

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に!

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.3銭固定に![時間限定]

  • YJFX![外貨ex]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に!

PICK UP!

米中通商協議を巡る思惑が錯綜!合意か、25%か、10%か、市場は平行線との見方が体勢。明日から大阪G20行方見守る投資家。

20190627ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

26日の米国株はまちまち、NYダウ11ドル安(-0.04%)、ナスダック25ポイント高(+0.32%)でした。

トランプ大統領やムニューシン財務長官の発言を受け、米中通商協議を巡る思惑が錯綜しています。

市場は合意なし+追加関税なしとの見方が体勢。トランプ大統領は3,000億ドル相当の中国製品に、関税25%ではなく10%もあり得ると発言しています。

経済指標は、米5月耐久財受注-1.3%(予想-0.1%)、除く輸送機器0.3%(予想0.1%)でした。

参院選は大方の予想通り7/21に正式決定、加えて6月最終週は季節要因的にもリスク回避が起きにくい時期です。

イラン情勢などで極端な事が起きない限り、週末まで静かなリスクオン相場となりそうです。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

(動画)ドル円107円前半、投機円ショート解消済みが下支えか?米7月利下げ0.25%が濃厚。米中首脳会談も波乱予想なし。

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。

6/25の主な材料【経済指標と要人発言】
・米5月新築住宅販売件数は62.6万件(予想68.0万件)
・米6月CB消費者信頼感指数は121.5(予想131.2)
・米10年債利回り1.985%、ドルインデックス96.16。
・NYダウ179ドル安(-0.67%)、ナスダック120ポイント安(-1.51%)

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。

・FXポータルサイト・ザイFX!「なんで動いた?昨日の相場」コラム執筆中!    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

米早期大幅利下げ観測後退、イラン情勢緊迫化受け株価下落!ドルは買い戻される。米中首脳会談は追加関税なし+協議再開で市場予想通りか?

20190626ユーロドル日足チャート
(出所:外為オンライン

25日の米国株は下落、NYダウ179ドル安(-0.67%)、ナスダック120ポイント安(-1.51%)でした。

軟調な経済指標と緊迫化するイラン情勢に加え、直近高まっていた利下げ観測が冷やされた事に株安で反応しました。

米5月新築住宅販売件数は62.6万件(予想68.0万件)、米6月CB消費者信頼感指数は121.5(予想131.2)と、予想を大きく下回りました。

金利低下局面で住宅指標が落ち込んだことが、余計ににネガティブな印象を与えました。

週末G20大阪で開催予定の米中首脳会談では、3,000億ドル相当の対中追加関税なし、通商協議再開がコンセンサスです。

G20通過から7/21参院選までの日本株にも注目。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

ドル円下落+米国株上昇に挟まれ日経平均薄商い。為替市場は緩やかなドル安が継続中。トランプ政権イラン最高指導者へ制裁発動。

20190625ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

24日の米国株は前日比ほぼ変わらず、NYダウ8ドル高(+0.03%)、ナスダック26ポイント安(-0.32%)でした。

為替市場は米早期利下げ観測を受け、緩やかなドル安が継続しています。

市場は基本的に週末G20を待って動きにくい環境。その他、トランプ政権がイラン最高指導者に対し、予定通り制裁を発動しました。

経済指標は、独6月企業景況感指数97.4(予想97.2)となり、2014年以来の低水準でした。

本日は日銀金融政策決定会合議事要旨、米5月新築住宅販売件数、米6月CB消費者信頼感指数が発表される予定です。

→投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

6/18IMM円ショート・ユーロショート大幅解消へ。米中首脳会談、イラン情勢に注目。イスタンブール市長やり直し選挙は野党が再び勝利。

20190624ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

先週末の米国株は小幅安、NYダウ34ドル安(-0.13%)、ナスダック19ポイント安(-0.24%)でした。ドル円は107円前半、ユーロドルは1.13後半までドル安が進行しました。

最新6/18時点IMM円ショートは16,565枚へ、ユーロショートは52,330枚へ大きく減少しました。投機筋は積み上げたドルロングを解消しています。

イスタンブール市長やり直し選挙は、野党が再び勝利しました。週明けのトルコリラは小幅買い戻し。

今週は28-29日大阪G20での米中首脳会談に注目が集まっています。約3,000億ドルの対中追加関税なし、報復もなく協議継続との見方が体勢です。

対中追加関税+中国報復となればサプライズ。イラン情勢にも注目。トレードは買っていたユーロドルを全て利食いました。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero