NEWS!
  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

NYダウ5日続落、為替はリスク回避の円高+ドル高。日12月コアCPI前年同月比+0.5%→まだ緩和維持可能。ドル円113円台

20220121ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

20日の米国株は下落、NYダウ313ドル安(-0.89%)、ナスダック186ポイント安(-1.30%)でした。為替市場はリスク回避の円高+ドル高。

NYダウは5日続落、ナスダックは直近高値から約12%下落しています。

景気減速とインフレが同時に起こるスタグフレーション懸念が高まっているものの、本格的なコロナ・バブル崩壊はまだ先と見ています。

FRBの利上げ開始時期は2024年→2022年3月へ大幅前倒しとなり、消費者物価指数も39年ぶり高水準で推移しています。

これだけ見ると、一気にコロナ・バブル崩壊を連想したくなりますが、FRBのバランスシートはまだ縮小していません。

今春にパンデミック終息が見えてきたあたりから、一旦株価が盛り返してくると予想しています。本格的な崩壊は2023年か。

日銀が重視している日12月コアCPI前年同月比は+0.5%(予想+0.6%)、エネルギー価格高騰が全体を押し上げました。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

ナスダック最高値から10%超下落!為替は全般小動き。ドル円は114円前半〜半ばで小動き、来週1/25-26FOMC結果待ちか?

20220120ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

19日の米国株は下落、NYダウ339ドル安(-0.96%)、ナスダック166ポイント安(-1.15%)でした。為替市場は小幅ドル安。

米ナスダック指数は昨年11月高値から10%超下落し、長期チャートが200日線を割り込み下向きになりました。

株式市場は、FRBによる金融引き締め加速、資源価格高騰、高インフレ、金利急上昇が重しとなっています。

ドル円は114円前半〜半ばで小動き、来週1/25-26FOMC結果待ちとなっています。

日米欧同時にインフレ圧力が高まっており、日欧の金融緩和解除への思惑も高まっています。

そのため、特定の通貨が独歩高になることなく、綱引き=小動きが続いています。今後、株安による円高も限定的かもしれません。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

為替は円高+ドル高、ナスダック大幅安!米金融大手決算→トレーディング収入減少+人件費高騰。米企業決算→原油価格と人件費の高騰が重し。

20220119ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

18日の米国株は下落、NYダウ543ドル安(-1.51%)、ナスダック386ポイント安(-2.60%)でした。為替市場はリスク回避の円高+ドル高。

米1月NY連銀製造業景気指数は▲0.7(予想25.7)と、ネガティブサプライズでした。

米金融大手決算では、トレーディング収入減少に加え、人件費高騰が重しとなりました。

供給網の混乱が解消しつつあるものの、原油価格や人件費が高騰しており、インフレ高止まりが長期化しそうです。

本日は米医療大手ユナイテッドヘルスや米金融大手の決算が注目を集めそうです。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

ドル円114円半ば、ユーロドル1.14付近で推移。日銀金融政策決定会合、日銀展望レポート、東京都「まん防」要請など。

20220118ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

17日のNY市場は休場。為替市場は円安+ドル高。ドルインデックス95.2ポイント、米10年最利回り1.79%となっています。

本日は日銀金融政策決定会合、日銀展望レポートの発表を予定しています。他に材料がないことからも、やや関心が高まっています。

ドル円は114.60付近、ユーロドルは1.14付近で推移。今後は1/25-26FOMCや米企業決算が材料となります。

投資戦略は引き続きドル円のレンジ売買。下がったところを買い続け、大きな差益を狙わず、戻れば利食いの繰り返し。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

米12月小売売上高▲1.9%、除自動車▲2.3%、ドル円113.50で下げ止まり。1/25-26FOMC、1月後半〜2月半ば迄→米企業決算に注目。

20220117ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

14日の米国株はまちまち、NYダウ201ドル安(-0.56%)、ナスダック86ポイント高(+0.59%)でした。為替市場はドル高。

米12月小売売上高は▲1.9%(予想0.0%)、除自動車は▲2.3%(予想+0.2%)と、5ヶ月ぶりにマイナス。

米1月ミシガン大学消費者態度指数・速報値は68.8(予想70.0)と、予想を下回りました。高インフレと感染拡大が重し。

最新1/11時点IMM円ショートは87,525枚、豪ドルショートは91,486枚でした。

本日はNY市場が休場。為替市場では、1/25-26FOMCに注目が集まります。株式市場では、米企業決算(2月半ば迄)シーズンとなります。

ドル円は113.50付近で下げ止まり、114円台を中心にレンジ相場へ移行して、FOMC結果待ちとなりそうです。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero