NEWS!
PICK UP!

【連邦債務上限引き上げ難航】ドル円史上最安値視野も介入できない?8/1金融庁レバレッジ規制が最悪のタイミングに。

ドル円時間足チャート20110729T 20110729外為オンライン
2011年07月29日12:43
28日のNY市場では進展しない「連邦債務上限引き上げ問題」を受けNYダウが5日続落しています。引き続き経済指標などの反応は鈍く、連邦債務上限引き上げ問題が大きな材料となりそうです。ドル円相場は77円台後半でもみ合いに終始しました。週末に連邦債務上限引き上げ問題に大きな進展が見られないと、週明けには金融庁のレバレッジ規制がスタートするため、時間外や証拠金業者のオープン~7時半あたりを狙って仕掛け的な売りが入る可能性がありそうです。逆に週末に連邦債務上限引き上げ問題に合意が見られればドル買い窓明けのスタートもわずかながら可能性はあります。期限である8/2までに決まらない場合には、5日に米7月雇用統計も絡んでくることからドル円相場は荒い値動きになりそうです。いずれにしてもこの問題がどうなるのか見守りたいですね。来週は週明けから熱い相場展開になりそうです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【ユーロ軟調時間足売買ポイント】円とスイスフラン買い優勢!リスク回避が先行、連邦債務上限引き上げ進展あるかに注目!

ユーロドル時間足チャート20110728L 20110728外為オンライン
2011年07月28日19:03
こんばんは。28日のロンドン時間前半はユーロが軟調、円とスイスフランが買い優勢となっています。ユーロは散発的に買い材料(ECB国債購入観測やイタリア国債入札など)がでたものの、日足チャートでも昨日上抜けに失敗しており上値の重い展開、1.44にワンタッチ後は当日高値更新分をすべて上髭、次の時間には大きな陰線となっています。比較的手堅い売り場のチャートパターンかと思います。NY時間には本日も「連邦債務上限引き上げ進展あるか」に注目が集まりそうです。採決が行われるなら結果に、何か日程が決まるならそれに注目しておきます。ユーロドル相場の下落によりドル円は下げ止まっていますが、連邦債務上限引き上げ問題に進展が無いと明日本邦実需売りが残っているため上昇しにくそうです。

ドル円0.5銭ユーロドル0.6pips原則固定DMMFX
→ついに縮小されましたユーロドルスプレッド0.6pips原則固定!ドル円0.5銭原則固定!業界最低水準の低コスト取引DMM FXの詳細をみる。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

ヒロセ通商タイアップキャンペーン
→ヒロセ通商タイアップキャンペーン詳細をみる期間限定~2011年7月31日まで(大好評のため期間延長致しました)
→ヒロセ通商LION FX、HiroseTraderの特徴とZEROがお勧めする理由とは?タイアップまでの経緯など。

※無料プレゼントを受け取るためには専用フォームからの申し込みが必要になります。下記リンクをクリックしてお進みください。プレゼントを確実に受け取るためにお手数ですが[オンライン新規口座解説][キャンペーン申し込みフォーム]を両方ご入力ください。
→ヒロセ通商タイアップキャンペーン詳細はこちら期間限定~2011年7月31日まで(大好評のため期間延長致しました)

FX専業トレーダーのポジションや投資戦略をリアルタイム公開中!
デイトレーダーZEROのデイトレブログ
http://fxday.livedoor.biz/

日々のトレードやチャートを動画で解説しています。好評です!
デイトレーダーZEROのFXチャート動画解説
http://fx-gvideo.blogspot.com/

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【NYダウ198ドル安!】ユーロ軟調、日足チャート上抜け失敗か?ドル円77円台後半でこう着。オセアニア通貨は堅調!

ユーロドル日足チャート20110728T 20110728外為オンライン
2011年07月28日11:28
こんにちは。27日の為替市場ではユーロが軟調、オセアニア通貨は堅調でした。ドル円相場は77.57まで下げる場面がありましたが、77.50-78.00あたりでこう着しています。ユーロドル相場は日足チャートで上抜けに失敗したことで上値が重そうです。ドル円は欧州通貨が対ドルで売られた影響で下げ止まり、話題の連邦債務上限引き上げ問題は進展がありませんでした。週明けの8/1は金融庁のレバレッジ規制もかかるため今週は様子を見て「連邦債務上限引き上げ問題」のゆくえを週末含めて良く見ておきたいと思います。債務上限問題は合意か否決かの2択だけではなく「一旦否決→パニック→やっぱり合意」というパターンも考えておきたいと思います。パニック中に押し目を買いたいですね。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【まったく進展しない米債務上限引き上げ問題】ドル全面安、本邦当局も「マーケット注視」のみで介入の意思はゼロか?

ドル円時間足チャート20110727T 20110727外為オンライン
2011年07月27日10:41
26日は東京時間にドル安が進み、欧米時間には大きな動きはありませんでした。テーマになっている「米債務上限引き上げ問題」は進展がなく、期限になっている8/2にも合意しないとの見通しも出始めています。この問題にめどが立つまでドル安、合意が見えてくればドル買いとなりそうです。77円台で終値史上最安値更新となっているドル円相場は、今朝になっても野田財務相からは「マーケット注視する」のみに留まっていることから介入はなさそうです。過去には繰り返していた「断固たる処置」を意図的に使用しない以上、米債務上限引き上げ問題の成行を見てからになるのかもしれません。また8/5には米7月雇用統計が発表されますので、ドル全面安と言ってもこれが市場予想を上回ればドル円は一時的に上昇しそうです。本日や金曜日には月末で売れなかった実需の売りが損失確定で売ってくることが予想され、ドル円は上値が重そうです。本日も米債務上限引き上げ問題関連でドル相場中心となりそうです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【ドル円一時急落78円割れ!】オバマ大統領発言にドル売りで反応。本邦当局からは牽制発言すらなし「断固たる」使わないのは何故?

ドル円時間足チャート20110726T 20110726外為オンライン
2011年07月26日10:27
おはようございます。今週は期限が8/2に迫る「米債務引き上げ問題」がメインのテーマとなっていますが、昨日も進展はなくドル円相場は78円台前半で上値の重い展開が継続しています。本日10時からオバマ大統領が演説を行いドル売りで反応、一時78円を割り込み77.95まで下落しています。これに対し、本邦当局からは牽制発言すらでない状態で最近の発言に「断固たる」が入っていない事で売り安心感につながっています。何故でしょうか?金融庁のレバレッジ規制も円高要因としかならず、80円が遠のいています。「米債務引き上げ問題」の解決後にドル買い戻しが起きたとしても売れてない輸出の売りが被さってくることが予想されるため、80円台を定着する可能性は低そうです。単独での円売り介入が出たとしても80円台が厳しい水準まで下がっています。それでも史上最安値76.25付近やその下は買いを入れて9月を待ちたいと思います。また介入してほしいですね。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加