NEWS!
PICK UP!

(動画)トランプ税制改革案、財源に不安残るがマーケットの地合いまだ確りしている。今晩も予定されたイベントなく材料待ちか?

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。


9/28の主な材料【経済指標と要人発言】
・米新規失業保険申請件数27.2万件(予想27.0万件)
・米4-6月期GDP・確報値+3.1%(予想+3.0%)
・米4-6月期個人消費・確報値+3.3%(予想+3.3%)
・米4-6月期コアPCEデフレーター・確報値年率+0.9%(予想+0.9%)
・NYダウ40ドル高、ドルインデックス93.11。

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボラティリティ低下なら基本的にはリスクオン相場。ドル直近高値から調整、ドル円113円台から反落。材料待ちで動きづらい環境続く。

20170929ユーロドル週足チャート
28日はS&P500が史上最高値を更新したものの、基本的には小動きで何もない相場でした。今年ここまでの9か月を振り返ると「歴史的な低ボラティリティ相場だった」と言えます。

相場がまったく動かない場合、投資家はリスクを回避する必要に迫られず、基本的にはリスクオン相場となります。ボラティリティが高い状態が続き、値幅が出て荒れてくると、基本的にリスク回避相場となります。

2017年の9か月間は、1回も波乱(急落・暴落)のない展開となりました。キャピタルゲイン狙いの投資家にとっては受難の年、インカムゲイン狙いの投資家にとっては良い年となっています。

当面は北朝鮮との軍事衝突くらいしか、思い当たるリスク要因がありません。鈍い値動き、狭い値幅が続くと思われますが、相場は良く動く年もあれば、全然動かない年もあります。

動かない相場に慣れきってしまい、ついついポジションサイズを大きくし過ぎてしまわないよう注意が必要です。本日も新たな材料が出てこない限り、あまり動かないと見ています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トルコ/円も1.89pipsへ!短期売買(デイトレード・スキャルピング)に最適なSBI FXがスプレッド縮小中!あとは自動売買ツールの導入を待つ。

SBI FX スプレッドキャンペーン延長
FXは「手数料=スプレッド」という世界です。多くの売買を繰り返すデイトレード・スキャルピングになると、スプレッドが広いか狭いかが後々大きな差になってきます。

オープン当初から低コストを売りにしてきたSBIFXトレードが、スプレッド縮小キャンペーンを延長しています。

SBIFXトレードの場合、キャンペーン中でなくともスプレッドは狭いですから、これからも短期売買(デイトレード・スキャルピング)のメイン口座として使っていこうと思っています。

SBI FXスプレッド縮小キャンペーン
利用するFX口座を選ぶ基準は「低コスト」か「取引ツール」のどちらかだと思います。あとは業者の信用度でしょうか。カスタマーファーストに関しても、個人的にSBIFXトレードが一番ではないかと思います。

決して低コストではありませんが、iサイクル注文という24時間自動売買機能を利用するために「外為オンライン」も使っています。iサイクル注文は凄い機能なのですが、若干手数料が高いと感じます。

iサイクル注文は人気もあると思いますし、取引量もそれなりに多いでしょうから、今後の手数料改善に期待したいですね。SBIFXトレードにも自動売買ツールの導入を期待! SBI FXトレード

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

(動画)ドルじり高!決定的な手掛かり無く値動き鈍い。今晩は米経済指標確認しながら、新たな材料待ち。投資家積極的に動きずらそう。

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。


9/27の主な材料【経済指標と要人発言】
・米8月耐久財受注+1.7%(予想+1.0%)、除輸送用機器+0.2%(予想+0.2%)
・トランプ税制改革案→法人税20%へ引き下げ。個人所得税を12%、25%、35%の3段階へ。パススルー課税を25%に設定。
・NYダウ56ドル高、ドルインデックス93.45。

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トランプ税制改革案→法人税20%へ引き下げなど。タカ派イエレン議長発言も後押し、ドル円一時113円台へ上昇。その後は伸び悩み。

20170928ドル円日足チャート
27日はトランプ税制改革案の内容に注目が集まりました。法人税は現行の35%→20%へ引き下げ。個人所得税を12%、25%、35%の3段階へ。パススルー課税を25%に設定と発表されています。

ドル円は一時113円台前半まで上昇する場面もありましたが、その後112円台前半まで反落するなど、不安定な値動きとなりました。1日を通せばドルが上昇したものの、伸び悩んでいます。

経済指標は、米8月耐久財受注+1.7%(予想+1.0%)、除輸送用機器+0.2%(予想+0.2%)でした。

今週は米12月利上げに対し、米当局者からの発言が続いています。FOMCにもタカ派・ハト派のメンバーがいるわけですが、イエレン議長がタカ派姿勢を見せたことで、基本的にはこれに反応しています。

本日は米系指標を確認するだけとなりそうです。何か新たな材料が出て、たまには大相場になって欲しいところです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加