NEWS!
PICK UP!

【動画】日本株下げない割にドル円上値重い。米国株と経済指標、日足チャート終値に注目!ドル円陰線なら目先かなりネガティブ。

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日14~15時くらいを予定しています。


4/26の主な材料【経済指標と要人発言】
・米第1四半期GDP速報値(前期比年率)+2.5%(予想+3.0%)
・米4月ミシガン大消費者信頼感指数確報値76.4(予想73.5)

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【イタリア連立政権発足でユーロ買戻し】ドル円97.35まで下落後は98円手前でもみ合い。欧米イベント待ち、今日の注目材料は?

20130430Tドル円日足チャート 20130430外為オンライン
◆29日の為替市場では、イタリアの連立政権発足を受けユーロが買戻されています。それでもユーロは2日に利下げ観測もあり上昇圧力も限定的となっています。ドル円は97.35まで下落した後は買戻し、ダウが100ドル高になると98円台まで上昇、98円手前でもみ合っています。今晩は米2月S&Pケースシラー住宅価格指数、米4月シカゴ購買部協会景気指数、米4月消費者信頼感指数と発表されます。基本的には週後半のECB理事会や米雇用統計を待つ展開で大きな動きは無さそうです。日足チャートを日々確認しながらチャンスを待ちたいと思います。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【動画】東京市場(昭和の日)で休場。ドル円97円台後半中心に小動き、豪ドル円100円台後半、イベント控え動きづらいか?

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日14~15時くらいを予定しています。


4/26の主な材料【経済指標と要人発言】
・米第1四半期GDP速報値(前期比年率)+2.5%(予想+3.0%)
・米4月ミシガン大消費者信頼感指数確報値76.4(予想73.5)

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【今週4/29-5/3の為替相場見通し】米ISM製造業景況指数、米FOMCから米雇用統計まで週後半イベント多い!5/7までGW中で国内薄商いのなか要注意か?

20130429T豪ドル円日足チャート 20130429外為オンライン
◆今週4/29-5/3の為替相場見通しです。100円トライに失敗したドル円相場は、今日時点ではまだ日足ダブルトップを作ってどんどん下落という展開にはなっていません。95-100円レンジに入ったイメージです。クロス円では豪ドル円が比較的弱い展開となりそうです。今週から日本ではGW入りで東京市場は薄商いのなか米欧では重要イベントが週後半中心に目白押しとなります。1日米 4月ADP全国雇用者数、米4月ISM製造業景況指数、夜中にFOMC。2日ECB金融政策、3日米4月雇用統計と続きます。特に2日の欧米時間以降は東京株式市場が7日までクローズするため急激な動きに注意が必要です。今日から実質5月相場入り。投資戦略としては米経済指標や欧米の金融政策を受けユーロやドルが売られた場合、慎重に安値拾いを始めたいと思います。昨年は6/1が円高のピークだったことから今年もこのあたりへ向けて安値拾い→6月末に向け再度の円安を期待しています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【ドル円一時97.54まで下落】予想下回る米GDPや日銀審議委員の2人が「物価目標達成時期難しい」受け。

20130428ドル円日足チャート 20130428外為オンライン
◆26日のドル円相場は100円トライから反落、一時97.54まで下落し98円ちょうど付近でクローズしています。日足チャートを見る限り、まだダブルトップで大きく下げるというよりは95-100のレンジに入りそうなイメージで見ています。弱く見えるのは「豪ドル円」こちらは100円を割り込むと96円台くらいまでの下げはあるかもしれません。GW中は国内勢中心にマーケットが薄くなる中、2日夜のECB理事会あたりから3日米雇用統計には注意が必要になりそうです。東京株式市場は2日にクローズすると翌週の火曜まで開きませんので為替市場でこの間に仕掛け的な急落・急騰に警戒が必要になりそうです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加