NEWS!
PICK UP!

【ポジション】米ドル円109.90で40枚売り!!

【保有中ポジション()内はスワップ累計】
米ドル/円 売建 40枚 平均価格 109.90円

21:30

米ドル円109.90で40枚売りました。まずは明日まで待ってみます。夜中に円高になるようであれば、5枚づつ利益確定していきます。

11月の収支▲946,000円
10月の収支+1,437,000円
9月の収支+1,095,000円
8月の収支▲219,000円
7月の収支+785,000円
6月の収支+1,576,000円

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

英HSBC、アブダビ投資庁、シティグループネタに乱高下の金融市場!!

20:00

今晩は、本日の為替市場は昨日のダウ大幅下落(12743.44 -237.44 -1.83%)を受けて株安+円高のセットで開始となりました。最近また「寝込みを襲われる」ことが多くなった米国の株式市場ですが、急落の原因は英国HSBCのSIV救済ネタで午後にトドメという状況でした。

本日は世界最大の金持ち政府系ファンド「アブダビ投資庁」による75億ドルのシティグループへの資本注入報道を受けて、時間外でNYダウが100ドル以上の上昇→日本株も上昇=円安となりました。まあ日本時間の昼にはある程度折り込んだということで、本日ダウが上昇しても今以上に円安が大幅に進攻するとは考えにくい状態です。

根拠はやはり、市場で戻り売りスタンスのディーラーが体勢を占めていることです。ドル円相場の日足チャートを見ると4日前から横ばいになっているだけです。最低でも110円を超えてこない限りは「円高トレンド」は変わっていないと考えています。クロス円相場はニューヨーク時間に円安方向へ戻しても「とりあえず今日だけ」といった様相になりそうです。本日の米株式市場がクローズまでしっかりとした動きが続かない場合は日経平均もまた15,000円割れとなってくるかと思います。

レベル的に見てどのあたりでクロス円を買っていくかですが、ドル円は100円ユーロ円150円豪ドル円80円からは10年投資で買って行きたいと考えています。ただし、米ドルに関しては「利下げ」が完全に終わるまでは買いません。まぁドル円は100円で前回介入しているので今回介入なくても、「介入の噂(レートチェックの噂)」などで相当抵抗すると思います。90円台では本邦勢からの買いも出るでしょうし、常識的に考えて100円~105円の間では簡単には円高にならないと考えています。

いずれにしても「ダウ下落+ドル安」が止まればクロス円を買っていっても良いのではないでしょうか??個人的な見解になりますので責任は取れませんが「そのとき」が来たらブログで逐一報告していきます。

11月の収支▲946,000円
10月の収支+1,437,000円
9月の収支+1,095,000円
8月の収支▲219,000円
7月の収支+785,000円
6月の収支+1,576,000円

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【中国政府ファンド】中国投資有限責任公司関連報道に円買い!!

20:30

今晩は、日経平均は予想通り上昇して始まり、午後には中国政府ファンド「中国投資有限責任公司」による日本株買いの報道で終値15135.21 +246.44 +1.66%と大幅に上昇しました。個人的には今週も「株安+円高」というトレンドは変わりないと考えています。本邦ディーラー勢も「戻り売り」が体勢を占めています。

本日のイベントはムンバイでの20:00~トリシェECB総裁講演くらいでしょうか。今週も様子見が続いていますが、半年待ってもトレンドが反転したところで仕込めば簡単に年収くらいは(500万くらい)稼げるでしょう。今年はこのまま大幅プラス収支で終わらせてもらう公算が高いです。来年も負ける気はしませんので、責任は取れませんが私が買い込んでいく時に一緒に買っていくのも良いと思います。

来年以降「円売り外貨買い」をする判断基準は「ドル円の反転」と「NYダウの反転」このタイミングで「ユーロ円、豪ドル円」を買っていこうと考えています。それまでは資金を温存することをおすすめしますが、敢えて参加するなら「順張りで円買い」だと思います。

ドル円相場ですが、現在は108円台半ばで推移しています。日足チャートを見れば一目瞭然ですが、株高と言っても3日前からドル円は動いていません。以前戻り売りが強い状態がチャートからは見て取れます。今は我慢しつつもマーケットはしっかりと分析し、「市場の雰囲気」が変わる瞬間を見逃さないようにしたいと思います。

11月の収支▲946,000円
10月の収支+1,437,000円
9月の収支+1,095,000円
8月の収支▲219,000円
7月の収支+785,000円
6月の収支+1,576,000円

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【来週の投資戦略】感謝祭明け相場を読む!!ドル安再燃か!!

17:50

こんばんわ、一時107円台に突っ込んだドル円、どこまで「ドル安」が続くのかが来週以降も為替相場のテーマかと思います。注目のNYダウは薄商いの中 12980.88 +181.84 +1.42% と上昇しましたが、それでも13000ドル割れで力なく来週以降も下落基調は続くと考えています。日経平均に至っては15,000円割れ、明日は上昇して始まると予想していますが、また力なく下落と考えています。

現状では「株安+円高」のトレンドは終わっていないと考えています。様子見が続いていますが、勝つための我慢なので何ヶ月でも何年でも待ちます。当然、金融市場の「雰囲気」が変わればどんどんトレードしていきます。

今後のドル安ですが、ユーロドル主導でまだ米ドルは下落していくと思います。ユーロドル1.5000には相当分厚い売りオーダーが控えているようですが、原油の100ドル超えやユーロドルの1.50超えは起きると考えています。金曜はドルスイス主導でドル売りが一時的に強まりましたが今後もドル安基調は続くと考えておきます。

サブプライム問題の損失もいまだに誰も把握できていないようで、悪材料出れば売られ、休日や利益確定で買い戻されているだけの状態です。ドル円も108円台を固めて週末を迎えましたが、また107円を目指して下落してくると考えています。正直ユーロ円を仕込みはじめたい気分です。

まぁ実際どうなんでしょう、株安と円高がどこまで進行するのか??みなさんはどうお考えでしょうか。時期的に買っていくか、レベルで買っていくか、いつかは買わないと儲からないですし、ただドル円が下落してダウが軟調な間は「円安」の力も弱いでしょうから慌てて買う必要はないと思います。ユーロ150円、豪ドル80円なら買いたいですね。

11月の収支▲946,000円
10月の収支+1,437,000円
9月の収支+1,095,000円
8月の収支▲219,000円
7月の収支+785,000円
6月の収支+1,576,000円

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【検証】どこまで続く!!「円高+株安」徹底予想!!

20:30

こんばんわ、本日は相変わらず・日経平均の下落・ポールソンのローン返済条件緩和要請・サブプライム損失懸念から「株安+円高」となっております。現状はトレンドそのものが「株安+円高」になっていますのでユーロ円以外は「円売り」はないと思います。ここは逆張りをせずに戻ったところをしっかり「円買い」するか、スワップ派、円安派の方は「様子見」が良いでしょう。

問題は「株安と円高がどこまで続くのか?」の一点に尽きると考えています。転換するまでは「円買い」をすればよいですし、転換するときは「絶好の仕込み場」になりますのでしっかり相場を監視したいと考えています。以前から申し上げている通り「ドル円」が反転するときがトレンドが転換するときと考えていますが、ドル円が反転するには当然「NYダウ」が反転する必要があるでしょう。

NYダウとドル円ですが、現状からレベルで予想しても当てるのは難しいと思います。時間軸での予想も微妙。個人的には「金融市場の雰囲気が変わったとき」がすべてが反転するときだと考えています。今はまだサブプライムショックの不安が消えていませんので金融市場を注意深く見守り「雰囲気が変わった直後」を狙いたいと思います。米国の景気は確実に後退していますが、円高も円安も、株高も株安も永遠に同じ方向には進まないのが相場です。

11月の収支▲946,000円
10月の収支+1,437,000円
9月の収支+1,095,000円
8月の収支▲219,000円
7月の収支+785,000円
6月の収支+1,576,000円

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加