NEWS!
PICK UP!

(動画)ユーロドル1.15トライに投資家の関心集まる!欧米金融政策の違いで、どこまで下押しできるか?米通商問題はドル安要因。

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。

6/15の主な材料【経済指標と要人発言】
・日銀物価の現状判断を引き下げ。
・米6月NY連銀製造業景況指数25.00(予想18.80)
・米5月鉱工業生産-0.1%(予想+0.2%)
・米6月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値99.3(予想98.5)
・米10年債利回り2.921%、ドルインデックス94.80。
・NYダウ84ドル安(-0.34%)、ナスダック14ポイント安(-0.19%)

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

米利上げ年内あと2回、新興国通貨安が加速!アルゼンチン・ペソ最安値更新、中銀総裁辞任へ。トルコ大統領選、OPEC総会などに注目!

20180618ユーロドル日足チャート
今週6/18-22は、先週発表されたFRB、ECB、日銀の金融政策結果を消化する1週間となりそうです。FRBが年内あと2回の利上げを示唆し、アルゼンチン・ペソ安やトルコ・リラ安が再燃しています。アルゼンチン・ペソは1ドル28ペソを突破し、史上最安値を更新しました。ストゥルゼネゲル中央銀行総裁が辞任、後任にはカプト金融相が指名されIMFの融資を使って、為替介入の構えを見せています。

トルコでは24日に大統領選挙が予定されています。エルドアン大統領再選なら、週明けのトルコ・リラが売り込まれるかもしれません。また、大統領選への思惑や警戒感から、今週中にも売りが加速する可能性があります。トルコ当局も通貨防衛に動いており、半年くらい危機が続けば対応が効いてくると予想しています。2019年以降はトルコ・リラの下落が止まり、横這いになっていくでしょう。

その他、22日(金)OPEC総会にも注目が集まっています。21日(木)はBOEが金融政策を発表します。主要通貨ペアではユーロドル相場に注目。14日の大陰線から1.15割れに向かうか、1.18を回復するか、イベントは通過しているため、大きく環境は変わらないはずです。単純に値動きから地合いを探れば良さそうです。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

(動画)日銀→消費者物価「0%台後半」へ下方修正!年4回利上げのFRBと来年夏まで利上げしないECB、超ハト派日銀との差くっきり。

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。

6/14の主な材料【経済指標と要人発言】
・ECB→資産買い入れを年内に終了、10-12月は月額150億ユーロへ減額。
・ECB→金利は少なくとも2019年夏ごろまで、現行水準にとどまる。
・米10年債利回り2.935%、ドルインデックス94.86。
・NYダウ25ドル安(-0.10%)、ナスダック65ポイント高(+0.85%)

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

ユーロドル1.15台へ急落!ブレグジット以来の下げ幅。ECB「金利は少なくとも2019年夏ごろまで、現行水準にとどまる」と表明。

20180615ユーロドル日足チャート
14日はECB金融政策発表とドラギ総裁会見に注目が集まりました。ECBは資産買い入れプログラムを年内に終了すること、10-12月は月額150億ユーロへ減額することを発表しています。また、「金利は少なくとも2019年夏ごろまで、現行水準にとどまる」と表明しました。市場はこれにユーロ売りで反応、いよいよIMMユーロロングがユーロショートへ転換するかもしれません。

前日のFOMCでは年内あと2回の利上げ示唆があり、ECBは現行のマイナス金利を来年夏まで据え置くとなれば、ユーロドルの上値は当面重そうです。節目の1.15サポートラインを下抜けて、過去のレンジに戻っていくか注目しておきます。ドル高を受け、アルゼンチンを筆頭に新興国通貨不安が再燃しそうです。

トランプ政権としても米貿易赤字削減・米中間選挙へ向けて、一方的なドル高は困るだけに、米国サイドの動向にも注目しておきます。投資戦略はユーロドル戻り売り、ドル円は底堅いものの大幅上昇もしにくいと予想しています。夏場にリスク回避となった場合は「円買い+ドル買い」という反応になりそうです。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

(動画)米利上げ年4回へ!アルゼンチンなど一部新興国耐えられるか?今晩20:45ECB金融政策発表、21:30からドラギ総裁会見あり。

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。

6/13の主な材料【経済指標と要人発言】
・英5月消費者物価指数+2.4%(予想+2.4%)
・FOMC→FF金利を0.25%引き上げ1.75-2.00%へ。年内あと2回の利上げ示唆。
・米10年債利回り2.966%、ドルインデックス93.58。
・NYダウ119ドル安(-0.47%)、ナスダック8ポイント安(-0.11%)

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero