NEWS!
PICK UP!

(動画)米5月コアPCEデフレーターに注目!11月中間選挙へ向け、米中貿易摩擦と通貨安競争。トランプ政権と中国・EUのせめぎあい。

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。

6/28の主な材料【経済指標と要人発言】
・米1-3月期GDP確報値は+2.0%(予想+2.2%)
・米10年債利回り2.837%、ドルインデックス95.31。
・NYダウ98ドル高(+0.41%)、ナスダック58ポイント高(+0.79%)

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

引き続きドル堅調、ドルインデックス95.31!米1-3月期GDP確報値+2.0%へ下方改定。FRBとECB・日銀の金融政策の違いが背景。

20180629ポンドドル日足チャート
28日のNYダウは98ドル高(+0.41%)、ナスダックは58ポイント高(+0.79%)へ反発しました。為替市場では、引続き米国と日欧の「金融政策スタンスの違い」が意識されドルが堅調、ドルインデックスは95ポイント台前半で推移しています。米1-3月期GDP確報値は+2.0%(予想+2.2%)へ下方改定されました。その他、FRBのストレステストでドイツ銀行が不合格となっています。

全体的にドル高がゆっくりと進行する中、豪ドルドルは米中貿易摩擦懸念から下落傾向、ポンドドルはブレグジットへの懸念から下落傾向にあります。また、新興国経済はドル高が続く限り苦しいでしょう。7月8月も米中貿易摩擦に絡み、何度かリスク回避の場面がありそうです。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

(動画)上海総合指数下落止まらず!2016年安値に迫る動き。引き続き米中貿易摩擦が材料視される。日経平均は安値から切り返し1円安。

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。

6/27の主な材料【経済指標と要人発言】
・引き続き米中貿易摩擦がテーマ。
・米5月耐久財受注-0.6%(予想-1.0%)、除輸送用機器-0.3%(予想+0.5%)
・米10年債利回り2.826%、ドルインデックス95.30。
・NYダウ165ドル安(-0.68%)、ナスダックは116ポイント安(-1.54%)

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

NYダウ崩れる!米中貿易摩擦への懸念払拭できず。米5月耐久財受注も悪化。為替市場はリスク回避の円高+ドル高、ポンドや豪ドル安い。

20180628NYダウ先物日足チャート
27日のNYダウは165ドル安(-0.68%)、ナスダックは116ポイント安(-1.54%)でした。NYダウは日足200日線を割り込み、チャートは崩れました。市場テーマは引き続き米中貿易摩擦で、トランプ政権の一方的な関税等に対し、欧州と中国は自国通貨安で対抗。今度はドル高が米貿易赤字削減の重しになっています。

為替市場はリスク回避になっており、中国関連の豪ドルや、ブレグジット絡みで利上げ観測が後退しつつあるポンドも軟調。結局のところ夏場に米国株が崩れれば、FRBは9月利上げを見送るでしょう。投機筋は今月の主要3中銀の金融政策を受け、やはりドル買いに動いています。しばらく戦略を変えることは無さそうです。

米5月耐久財受注は-0.6%(予想-1.0%)、除輸送用機器-0.3%(予想+0.5%)と、予想を大きく下回る結果でした。当面はリスク回避を意識した円高+ドル高の流れが続きそうです。トランプ政権としては、貿易赤字を減らそうとすると株価が下がるため、舵取りが難しくなっています。どこまで強硬姿勢を貫けるか?    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

(動画)日経平均下落!トランプ政権は貿易赤字削減へ向け強硬姿勢。米通商問題が夏相場の波乱要因か?豪ドル円80円割り込む場面も想定。

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。

6/26の主な材料【経済指標と要人発言】
・米4月S&Pケースシラー住宅価格指数+6.56%(予想+6.80%)
・米6月リッチモンド連銀製造業指数20(予想15)
・米6月消費者信頼感指数126.4(予想128.0)
・米10年債利回り2.877%、ドルインデックス94.67。
・NYダウ30ドル高(+012%)、ナスダック29ポイント高(+0.39%)

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero