NEWS!
PICK UP!

(動画)ビットコインなど仮想通貨再び急落も株式・為替市場に影響なし。共通する参加者1割以下、今後も影響なさそう。

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。

1/22の主な材料【経済指標と要人発言】
・米つなぎ予算可決へ。政府機関再開、リスクオン円安。
・IMF世界経済見通し3.7%から3.9%へ引き上げ。
・NYダウ142ドル高、ドルインデックス90.38。

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

米つなぎ予算案可決へ!ダウ142ドル高、円安+ユーロ・ポンドが堅調。IMF世界経済見通し3.9%へ引き上げ。

20180123ポンド円日足チャート
22日は政府機関一部閉鎖へ追い込まれていた米つなぎ予算について、可決する見通しが伝わると市場はリスクオンで反応しました。

米連邦債務上限引き上げ問題など、この手の法案は毎回最終的には可決するため、悲観的に見ていた投資家もいませんでした。

NYダウは142ドル高となり、史上最高値更新。為替市場ではリスクオンで円安、欧州通貨が堅調に推移しました。IMFは世界経済見通しを発表し、3.7%から3.9%へ0.2ポイント引き上げています。

本日は日銀金融政策決定会合、展望レポート、黒田総裁会見に注目が集まります。次期総裁人事に関しては、今のところ黒田現総裁の続投を見込む市場関係者がほとんどです。

異次元緩和も間もなく丸5年、他の主要中銀が一斉に出口戦略へ向かう中、日銀もそろそろ出口戦略の議論が始まるかどうか注目が集まっています。

しかしながら、過度な円高を避けたい黒田日銀は、慎重な姿勢を継続しそうです。結局、掲げた旗を降ろさないまま、実態は乖離していくステルステーパリングとなりそうです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

(動画)明日、日銀会合・黒田総裁会見。25日ECB理事会への関心が高い。株式市場安定しており、リスク回避の雰囲気まだ無い。

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。

1/19の主な材料【経済指標と要人発言】
・米1月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値94.4(予想97.0)
・NYダウ53ドル高、ドルインデックス90.64。

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

米政府機関閉鎖、独社会民主党(SPD)が連立交渉入り。米10年債利回りトランプラリー直後の高値をしっかり上抜け。

20180122ドル円日足チャート
週末は米政府機関閉鎖懸念→閉鎖を受け、小幅リスク回避の円高+ドル安となりました。独社会民主党(SPD)が連立交渉入りを決定し、こちらはユーロ買い材料となりました。

米10年債利回りは2.6%台後半まで上昇しており、トランプラリー直後の高値をしっかりと上抜けています。米長期金利の上昇にドルがついていけない展開は続いており、米長期金利上昇+米ドル軟調という過去の相関から見れば、奇妙な動きになっています。

今週は23日に日銀金融政策決定会合、25日にECB理事会が開催されます。特にECB理事会の注目度は高く、当日はユーロが荒れた値動きになるでしょう。その他、欧米で発表される重要指標に注目しておきます。

北朝鮮問題に関しては、軍事衝突あるなら4月か5月と予想しています。夏場を過ぎると米中間選挙が近づいて来るため、万一先制攻撃があるとしたら4月や5月ではないでしょうか。

可能性は低いのかもしれませんが、もしもの時には大変な相場変動に見舞われるため、春から夏にかけては、一応警戒しておきます。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

(動画)米国政府閉鎖懸念ドル円上値重い。日米金利差拡大に反応薄のドル円、ユーロドル崩れないと上昇しにくい?

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。

1/18の主な材料【経済指標と要人発言】
・米12月住宅着工件数119.2万件(予想127.5万件)
・米1月フィラデルフィア連銀製造業指数22.2(予想25.0)
・米新規失業保険申請件数22.0万件(予想24.9万件)
・NYダウ97ドル安、ドルインデックス90.51。

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加