NEWS!
PICK UP!

米9月消費者信頼感指数18年ぶり高水準。米国株はFOMC結果待ちで小動き。ドル円・クロス円非常に強い。今晩FOMC結果とドル相場に注目。

20180926ドル円日足チャート
25日の米国株は小動き+まちまち。NYダウ69ドル安(-0.26%)、ナスダック14ポイント安(-0.18%)でした。コンファレンスボードが発表した米9月消費者信頼感指数は、138.4(予想132.0)と18年ぶり高水準に達しています。米国の経済指標は強い状態が続いていますが、消費者心理を表す指標が特に強い印象。

ドル円は8月後半から上昇し始めた米10年債利回りに連動、小幅ながら非常に強い値動きが続いています。株価以上に日米金利差が材料になっていると考えられ、FOMC結果と今後の米10年債利回りの動きには注目です。

ユーロ円・ポンド円も円安方向へ動きました。ポンドは溜まったショートの巻き戻しと、表面化しているリスク要因が皆無であることが、地合いの良さに繋がっています。

目先は株式市場が強く死角もありません。FOMCが予想以上のタカ派姿勢でドル高+米株安が起きたとしても、極端にネガティブに捉えられることは無さそうです。10月に新たなリスク要因が浮上するかどうかですね。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

(動画)日経平均7日続伸!ドル円113円手前。FOMC1日目、結果待ちと日米通商協議。相場環境変わらずドル円・日経平均どこまで上げるか?

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。

9/24の主な材料【経済指標と要人発言】
・独9月IFO企業景況感指数103.7(前回103.2)
・米10年債利回り3.089%、ドルインデックス94.27。
・NYダウ181ドル安(-0.68%)、ナスダック6ポイント高(+0.08%)

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

大きな動きなく日米首脳会談・FOMC結果待ち。米中貿易摩擦やローゼンスタイン司法副長官辞任など。出涸らしのテーマばかりのマーケット。

20180925ドル円週足チャート
24日は東京・上海市場が休場、NYダウ181ドル安(-0.68%)、ナスダック6ポイント高(+0.08%)でした。米中貿易摩擦やローゼンスタイン司法副長官辞任などが材料視されたものの、目新しい材料はなく出涸らしのテーマばかりでした。為替市場は大きな動きは無かったもののドル円は堅調、ユーロドルは1.175前後で行ったり来たりとなっています。

本日は延期になった第2回日米通商協議が開かれます。為替はFOMC結果と値動き、利上げを通過して投機筋が利食いに動くかに注目しています。新たなテーマやリスク要因が出てくるとすれば10月になりそうです。それまではダラダラとした値動きと、日米株価・ドル円の高止まりが続きそうです。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

(動画)東京・上海休場。ドル円112.55-60で推移、日米株高もそろそろ一服→高止まりか?日米通商協議やFOMCの結果待ちへ。

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。

9/21の主な材料【経済指標と要人発言】
・日8月全国消費者物価指数・生鮮食品を除く0.9%(前回0.8%)
・日8月全国消費者物価指数・生鮮食品及びエネルギーを除く0.4%(前回0.3%)
・米10年債利回り3.063%、ドルインデックス94.20。
・NYダウ86ドル高(+0.32%)、ナスダック41ポイント安(-0.51%)

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

合意なき離脱懸念にポンド急落!米中貿易協議中止、日米首脳会談(26日)、FOMC声明・ドットチャート・パウエルFRB議長会見に注目。

20180924ポンドドル日足チャート
21日のNYダウは続伸し、2日連続で史上最高値を更新。NYダウ86ドル高(+0.32%)、ナスダック41ポイント安(-0.51%)でした。為替市場ではEU離脱協議が難航しており、合意なき離脱懸念にポンドが急落しました。また、米中貿易協議が中止となっています。

今週は26日に日米首脳会談、FOMC結果が発表されます。FRBは現時点ではタカ派を維持するかもしれませんが、10月にリスク要因が浮上した場合には12月利上げが無くなる可能性があります。まずは今回のFOMC声明・ドットチャート・パウエルFRB議長会見を確認したいところです。

直近強い日米株価はすぐに下がってくる事は無さそうです。10月調整をするか、それとも11月中間選挙まで上げ続けるのか、個人的には10月に調整を挟むと予想しています。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero