NEWS!
  • SBIFXトレードが、米ドル円のスプレッドを0.27銭原則固定に!

  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に![時間限定]

  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定(例外あり)に!

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.3銭固定に!

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭固定に!

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に!

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.3銭固定に![時間限定]

  • YJFX![外貨ex]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に!

PICK UP!

(動画)英国が主権を回復したければ「合意なき離脱」しかない。足枷つけられた離脱案を可決するか注目集まる。EU離脱協議今度こそ大詰めか?

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。

3/21の主な材料【経済指標と要人発言】
・EU離脱→来週3度目の離脱案採決へ。
・来週可決なら5月22日、否決なら4月12日まで延期。
・米3月フィラデルフィア連銀製造業景気指数13.7%(予想4.5%)
・米10年債利回り2.537%、ドルインデックス96.38。
・NYダウ216ドル安(+0.84%)、ナスダック109ポイント高(+1.42%)

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

EU離脱→離脱案承認なら5月22日まで延期、承認されなければ4月12日まで延期。ECB・FRBは経済のネガティブな根拠を持っている。

20190322ポンド円日足チャート
(出所:外為オンライン

21日はEU離脱交渉に関心が集まりました。EU首脳とメイ首相は、離脱案承認なら5月22日まで延期、承認されなければ4月12日まで延期を決定。

とりあえず3月29日の離脱期限は延期となりました。ポンドドルは一時1.13付近、ポンド円は144円付近まで急落する場面がありました。

米国株は上昇し、NYダウ216ドル安(+0.84%)、ナスダック109ポイント高(+1.42%)でした。トレードは、売っていたポンド円を全て利食いました。

今月気になったのは、ECBもFRBも市場が予想するより早いタイミングでハト派へ傾倒した事です。景気減速が株価に現れてくるには時間がかかります。

中銀は発言こそしないものの、相当にネガティブな根拠を持っていると考えられます。

本日は本邦2月消費者物価指数(CPI)に注目。米国株高により落ち着いた週末相場になりそうです。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

(動画)FRB市場予想を超えるハト派化!市場コンセンサスは年内1回の利上げだったが、そんなに景気は深刻なのか?引き続きEU離脱関連注目。

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。

3/20の主な材料【経済指標と要人発言】
・FOMC→2019年利上げ回数を昨年12月2回→0回へ。
・FOMC→9月に資産縮小停止へ。
・米10年債利回り2.526%、ドルインデックス96.03。
・NYダウ141ドル安(-0.55%)、ナスダック5ポイント高(+0.07%)

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

FOMC2019年の利上げ0回、9月に資産縮小停止へ。踏み込んだハト派姿勢受けドル売り。EU離脱期限6月30日まで延期を要請、ポンド急落。

20190321ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

20日はFOMC結果とパウエル議長会見に注目が集まりました。FOMCは2019年の利上げ回数を昨年12月の2回→0回へ、9月に資産縮小を停止する方針も示し、市場が想定している以上に踏み込んだハト派でした。FOMCを受けドルは急落。

EU離脱は6月30日までの延期を要請、ポンドが急落しました。米国株はまちまち、NYダウ141ドル安(-0.55%)、ナスダック5ポイント高(+0.07%)でした。

本日は21:00BOE金融政策、21:30米3月フィラデルフィア連銀製造業景気指数が発表されます。引き続きEU離脱、米中通商協議、経済指標が材料となりそうです。トレードでは、売っていたドル円を一部損切り+ポンド円を一部利食っています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

(動画)EU離脱6月末までの延期か?最大2年の延期か?約3年も協議して離脱できず、投資家の関心も薄れそう。今後は経済指標と企業業績he。

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。

3/19の主な材料【経済指標と要人発言】
・独3月ZEW景況感調査-3.6(予想-11.0)
・米10年債利回り2.614%、ドルインデックス96.39。
・NYダウ26ドル安(-0.10%)、ナスダック9ポイント高(+0.12%)

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero