NEWS!
PICK UP!

【動画】日経平均やれやれの457円高!イエレン発言でまたドル買いか?10/7内閣改造、10/6-7日銀会合など材料出やすい10月相場へ。

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。


9/29の主な材料【経済指標と要人発言】
・米7月S&Pケースシラー住宅価格指数+4.96%(予想+5.15%)
・米9月消費者信頼感指数103.0(予想96.8)

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【カタール政府系ファンド巨額損失か】VWショックの余波!月末・期末フロー中心。ドル・円・ユーロ方向感定まらず引き続き難解な相場環境。

20150930ユーロドル週足チャート 20150930外為オンライン
◆29日のNYダウは47ドル高と鈍い戻り、VWショックの余波が残っている印象です。為替市場もドル・円・ユーロともに方向感定まらず難解な値動きが続いています。日経平均が年初来でマイナス圏に沈んだにも関わらず、ドル円は120円付近で揉み合っており相関の高かった日経平均と大幅に乖離しています。わずか1か月前のチャイナショック時にはドル円116.15安値、日経先物17,115円安値となっていた時からドル円だけ大幅に高いレベルで推移しています。期末フローにより実需の買い、国内からの資金引き揚げがあったと見ています。経済指標は米7月S&Pケースシラー住宅価格指数+4.96%(予想+5.15%)、米9月消費者信頼感指数103.0(予想96.8)でした。本日以降は要人発言と米重要指標を見ていくしか無さそうです。米雇用統計の結果をみて10月利上げが可能か不可能かが決まって来そうです。それに合わせたドル中心相場になりそうです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【動画】日経平均また暴落!714円安で17,000円割れ。欧日追加緩和示唆なく催促相場入り。10月後半の欧米日金融政策に注目か?

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。


9/28の主な材料【経済指標と要人発言】
・NYダウは312ドル安、16,001ドル。
・米10年債利回り2.06%へ下落→ドル軟調。

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【ダウ312ドル安】リスク回避の円買い優勢!FRBいまだ年内利上げ堅持。株式市場が催促相場入り→10月後半は日欧追加緩和期待が高まるか?

20150929ユーロドル日足チャート 20150929外為オンライン
◆28日のNYダウは312ドル安で16,001ドルでクローズ。辛うじて16,000ドル台をキープしましたが割り込みそうな雰囲気です。日経平均も軟調、17,000円を守れないと8月暴落で買った参加者までもが厳しくなりそうです。株価の大幅下落とは裏腹に米当局者は年内利上げを堅持、10月利上げを示唆する発言も出ています。日銀黒田総裁は物価目標に対して順調を繰り返し、ECB当局者からは追加緩和に一定の時間必要といずれも株式市場にとってネガティブなスタンスを取っています。株式市場は世界的に催促相場入り、10月後半に集中している3中銀の金融政策にまた注目が集まりそうです。為替市場はリスク回避の円買い優勢となっています。10月相場以降また動きがありそうな雰囲気になってきました。上手く差益を取りたいところです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【動画】日経平均235円安!配当落ち埋めれず。投資家の様子見姿勢強いか?ドルはそろそろ動きそうな雰囲気、イエレン発言や米雇用統計に注目!

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。


9/25の主な材料【経済指標と要人発言】
・日8月全国消費者物価指数+0.2%(予想+0.1%)、除生鮮-0.1%(予想-0.1%)
・米第2四半期GDP確報値+3.9%(予想+3.7%)
・米9月ミシガン大消費者信頼感指数確報値87.2(予想86.5)

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加