NEWS!
  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

【今週の為替相場】FOMCへ向けて米インフレ関連指標や米当局者発言に注目!IMM円ショート62,262枚、ドルインデックス95.7高止まり。

20220110ユーロドル日足チャート
(出所:外為オンライン

7日の米国株は下落、NYダウ4ドル安(-0.01%)、ナスダック144ポイント安(-0.96%)でした。為替市場はドル安。

米12月雇用統計は、非農業部門雇用者数19.9万人増(予想40.0万人増)、失業率3.9%(予想4.1%)、平均時給前年比+4.7%(+4.2%)でした。

ドルインデックスは95.7となり、11/24以降は高止まり。ドル高の印象が強いものの、直近ドルは横這いで米金利上昇+ナスダック急落が目立っています。

今週は12日(水)米12月消費者物価指数や13日(木)生産者物価指数が発表されます、FOMCへ向けて米インフレ指標と米当局者発言に注目です。

最新1/4投機筋IMM円ショートは62,262枚へ増加しました。週末ドル円は115円半ば、まだ上昇余地がありそうです。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

米11月卸売物価指数PPI・前年比+9.6%→過去最大の伸び率。今晩FOMC結果・ドットチャート注目。22年6月利上げ開始+年3回利上げか?

20211215ユーロドル週足チャート
(出所:外為オンライン

14日の米国株は下落、NYダウ106ドル安(-0.30%)、ナスダック175ポイント安(-1.14%)でした。為替市場はドル高。

米11月卸売物価指数PPIは、前年比+9.6%(予想9.2%)へ加速し、過去最大の伸び率となりました。

直近の米インフレ関連指標は、軒並み記録的高水準となっており、FRBが予想以上にタカ派へ傾くかもしれません。

本日はFOMC結果に関心が集まっています。「22年6月利上げ開始+年3回利上げ」と予想しています。

全体的にタカ派姿勢が強まり、短期的にはドル買いで反応しそうですが、来年初めには織り込むと予想しています。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

FRB議長人事、米10月PCEデフレーター、米感謝祭、ブラックフライデーなど。欧州感染拡大→オーストリア完全なロックダウンでユーロ安。

20211122ユーロ円日足チャート
(出所:外為オンライン

19日の米国株はまちまち、NYダウ268ドル安(-0.75%)、ナスダック63ポイント高(+0.40%)でした。為替市場はユーロ安。

欧州での感染拡大が深刻になる中、オーストリア政府が完全なロックダウンを表明すると欧州株とユーロが急落しました。

今週はFRB議長人事、米10月PCEデフレーターが材料となりそうです。25日(木)は米感謝祭のため休場となります。

11/16時点IMM円ショートは93,126枚へ減少しました。供給制約・人手不足によるインフレ圧力は少なくとも年内は継続しそうです。

FRB議長人事では、パウエル現議長、ブレイナード理事ともにハト派ですが、仮にブレイナード氏になればドル売りで反応しそうです。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

ユーロドル急落1.13台、ECBラガルド総裁ハト派姿勢+感染再拡大。高インフレの影響見極めへ22:30米10月小売売上高に注目!

20211116ユーロドル日足チャート
(出所:外為オンライン

15日の米国株は下落、NYダウ12ドル安(-0.04%)、ナスダック7ポイント安(-0.04%)でした。為替市場はドル高+ユーロ安。

日7-9月GDP速報値は、前期比▲0.8%(予想▲0.2%)、年率換算▲3.0%(予想▲0.7%)と、予想を下回りました。

また、日銀黒田総裁は来年「物価が1%になっても緩和を弱めない」と発言。円安を容認する姿勢も見せています。

ECBラガルド総裁もハト派姿勢が強く、欧州では感染再拡大も深刻になっています。

一方でFRBは31年ぶりの高インフレにより、タカ派へ傾かざるを得ないため、日米欧の金融政策スタンスに格差が生じています。

金融政策スタンスの格差から、ファンダメンタルズ的にはドル買い+円売り+ユーロ売り。ただし、ドルは既に買いが積み上がっているのが現状です。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

米債務上限短期の引き上げで合意か?インフレ圧力根強くスタグフレーション懸念も。米9月ADP雇用統計56.8万人増→予想上回る。

20211007ユーロドル日足チャート
(出所:外為オンライン

6日の米国株は上昇、NYダウ102ドル高(+0.30%)、ナスダック68ポイント高(+0.47%)でした。為替市場はドル高。

米債務上限問題に関し、短期の引き上げ案が浮上。市場はこれを一応好感しました。

NZ中銀は市場予想通り、政策金利を0.25%→0.50%へ利上げしました。

米9月ADP雇用統計は56.8万人増(予想42.8万人増)と、予想を上回る強い結果でした。

ドル円、クロス円は方向感なく、ユーロドルは小幅に下落しています。明日発表される米9月雇用統計に注目。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero