NEWS!
  • SBIFXトレードが、ドル円のスプレッドを0.27銭原則固定に!

  • LIGHTFXが、ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に![時間限定]

  • 外為どっとコムが、ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定(例外あり)に!

  • LION FXが、ドル円のスプレッドを0.3銭固定に!

  • JFX[マトリックス]が、ドル円のスプレッドを0.3銭固定に!

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に!

  • みんなのFXが、ドル円のスプレッドを0.3銭固定に![時間限定]

  • YJFX![外貨ex]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に!

PICK UP!

EU離脱交渉→交渉官レベルの草案で合意!ポンドとユーロが買い戻し。WTI原油が55.69ドルへ急落。米国株、年内で撤退の投資家多い?

20181114ユーロドル日足チャート
13日はEU離脱交渉にて、交渉官レベルの草案で合意との報道がありました。現地時間14日午後に閣議を開く予定になっています。これを受け、欧州通貨(ポンドとユーロ)が買い戻されました。WTI原油は下落が止まらず55.69ドルへ急落。エネルギー株の重しとなりました。結局、NYダウ100ドル安(-0.40%)、ナスダック0ポイント高(+0.00%)でした。

推測ですが、年内で米国株式市場から撤退する投資家が増えている印象を受けます。そういった投資家にとっては、11/6米中間選挙を通過して急騰した場面が、絶好の逃げ場だったように思います。米ハイテク大手への規制や金利上昇、米中貿易戦争など、米株式市場にとってはネガティブな話題が多くなりつつあります。好業績でも上がらない段階へ入って行きそうです。

株式市場はともかく、賃金上昇の兆しが米国中心に見られます。株安の中でインフレ→金融引き締めとなれば、相当に厳しい出口戦略になります。主要3中銀が進める出口戦略にも注目したいところです。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

FOMC声明「企業設備投資の伸び緩やかになった」12月利上げ観測は維持されドル買い。2019年中ごろ中立金利(おそらく3.0%)到達か?

20181109ユーロドル日足チャート
8日に発表されたFOMC声明では「企業設備投資の伸びが、今年の早い時期に見られた急速なペースから緩やかになった。」と、若干ハト派の文言がありました。それでも12月に予定されている今年4回目の利上げ観測を後退させるには至らず、ドルは堅調に推移しました。

今後、余程のリスク要因が浮上しない限り、FF金利は2.25-2.50%で今年を終える見通し。2019年中には中立金利(おそらく3.0%)に達しそうです。中立金利に達すれば、FRBは金利据え置きの段階(利上げも据え置きもある)へ入って行くでしょう。

これに対し、EU離脱後の英国や2019年後半から利上げが見込まれる欧州、金利据え置きが長期化しているオセアニアが利上げを開始するかどうかが、為替市場でトレンドを決めるポイントになりそうです。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

ドル人民元7.0に迫る!トランプ関税帳消しのドル高。今晩21:00英中銀スーパーサーズデー、23:00米10月ISM製造業景況指数に注目。

20181101ユーロドル日足チャート
31日の米国株は上昇し、NYダウ241ドル高(+0.97%)、ナスダック144ポイント高(+2.01%)でした。10月の株式市場は大幅調整が起き、大きく下げる場面が何度も見られました。10月だから大幅調整し、10月が終わるから2日間大きく戻したと見ています。

為替市場ではドル高が進行し、ドル人民元は重要な節目7.0に迫る動き。ドルは対円や対ユーロでもドル高が進行しており、貿易赤字削減を狙ったトランプ関税は帳消しになっています。この先は1年4ヶ月ぶり高水準まで買いが溜まっているドルが高止まりするイメージです。

年内にドル高の流れが変わるとすれば、FRBの12月利上げが見送られた時かと思います。予定通り利上げになれば、年明け以降にドルが下がってくると予想しています。今晩は21:00英中銀スーパーサーズデー、23:00米10月ISM製造業景況指数に注目です。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

NYダウ608ドル安で年初来マイナス圏へ!ナスダック4.43%安、半導体株が総崩れ。リスク回避で円買い+ドル買い+欧州通貨売り。

20181025ユーロ円日足チャート
24日の米国株は悪材料が重なり急落しました。もともと10月相場という事で、大崩れしやすい季節でもあります。NYダウ608ドル安(-2.41%)、ナスダック329ポイント安(-4.43%)でした。米企業決算関連では、半導体メーカーTexas Instruments、AMD、Intelが総崩れでした。

米9月新築住宅販売件数55.3万件(予想62.5万件)と非常に弱い結果、住宅関連は米国のみならず世界的に頭打ちでしょう。欧州の経済指標も冴えず、イタリア予算案の件もありユーロ売りに拍車がかかりました。為替市場はリスク回避で「円買い+ドル買い+欧州通貨売り」となりました。

昨日までは日中の値幅こそ出ていたものの、NYダウ25,000ドルや日足200日線を終値で上回っていました。これらのサポートを明確に割り込んでしまったため、少なくとも今日・明日は買い手が強気になれない環境かと思います。むしろ目先は短期投資家の投げに警戒すべきでしょう。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

米10年債利回り3.18%ドル高加速!米貿易赤字削減へ為替が大きな障害。米9月ADP雇用統計、9月ISM非製造業景況指数が非常に強い結果。

20181004ユーロドル日足チャート
3日は強い米経済指標を受けドル高が加速しました。ダウは続伸し、NYダウ54ドル高(+0.20%)、ナスダック25ポイント高(+0.32%)でした。米10年債利回りが3.18%台へ上抜けしています。

貿易赤字削減を掲げるトランプ政権にとって、過度なドル高は懸念材料であり、度々FRB利上げや人民元安・ユーロ安に不満を示してきました。今月に入ってもドル高が進行しているものの、今のところ何も言ってきません。このまま11月中間選挙へ向かうのか、それとも何か対策や口先介入をしてくるのか注目しています。

米9月ADP雇用統計23.0万人増(予想18.5万人増)、米9月ISM非製造業景況指数61.6(予想58.0)となり、ISM非製造業景況指数は21年ぶり高水準でした。ファンダメンタルズ面からはドル高が続いていくように見えますが、一方で投機IMMポジションでは円ショートが溜まって来ています。米9月雇用統計に加え、IMMポジションも毎週よく確認して行きます。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero