NEWS!
  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

米10月ISM製造業景況指数50.2→2020年5月以来の低水準。米雇用指標に反応してドル高。ドル円高値圏で乱高下、ユーロドル軟調。

20221102ユーロドル日足チャート
(出所:外為オンライン

1日の米国株は下落、NYダウ79ドル安(-0.24%)、ナスダック97ポイント安(-0.89%)でした。為替市場はドル円が乱高下、ユーロドルは軟調。

米10月ISM製造業景況指数50.2(予想50.0、前回50.9)2020年5月以来の低水準となりました。

米9月雇用動態調査(JOLTS)43万7,000件増の1,070万件(予想975万件)、予想を上回り、前月分も1,028万件へ上方修正されました。

米10月ISM製造業景況指数からは、インフレ鈍化の兆候が見られたものの、米雇用指標が強く、これに反応してドルが買われた模様。

今晩はFOMC結果とパウエル議長会見に注目。12月利上げ幅とターミナルレート、市場の反応に注目です。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

ユーロ急反落!ECBラガルド総裁「引き締めはかなりの部分で終了」FRBもハト派へ傾くか?来週FOMCに注目。

20221028ユーロドル日足チャート
(出所:外為オンライン

27日の米国株はまちまち、NYダウ194ドル高(+0.61%)、ナスダック178ポイント安(-1.63%)でした。為替市場ではユーロが反落。

ECBは政策金利を0.75%引き上げることを決定。利上げ継続を示唆したものの、市場の想定より政策金利の天井が低く抑えられる可能性が出て来ました。

前日のBOCに続き、ECBも金融引き締めが結構いいところまで進んだことから、ユーロは反落しました。

来週のFOMCでも、12月利上げ幅鈍化を示唆する材料が出てくるかに注目が集まります。

投資戦略は11月FOMC結果とパウエル議長会見を受け、ドルが急落した場合にはドル円を買い始める方針です。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

ドル円146円前半、ユーロドル1.00後半!12月FOMC利上げペース鈍化観測。カナダ中銀利上げ幅0.5%予想下回る。中国人民銀行ドル売り介入。

20221027ユーロドル日足チャート
(出所:外為オンライン

26日の米国株はまちまち、NYダウ2ドル高(+0.01%)、ナスダック228ポイント安(-2.04%)でした。為替市場はドル安。

FRBの利上げペースが12月FOMCから鈍化するとの観測が浮上する中、カナダ中銀が利上げ幅を0.5%へ鈍化させました。

中国人民銀行によるドル売り介入も、ドル円を押し下げる要因となったかも知れません。

ドル円は146円前半、ユーロドルは1.00後半までドル安が進行しました。

本日はECB金融政策・ラガルド総裁会見に注目が集まりそうです。政策金利は0.75%大幅利上げの見通し。

明日は日銀金融政策決定会合の結果と黒田総裁会見が予定されています。黒田総裁の任期中は現状維持の見通し。

投資戦略はユーロドル押し目買い。ドル円は11月FOMCで急落なら買い。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

FRB利上げペース鈍化観測→12月FOMCの利上げ幅に市場の関心集中!ドル高トレンド転換か?ドル円148円付近、ユーロドル0.99台後半。

20221026ユーロドル日足チャート
(出所:外為オンライン

25日の米国株は上昇、NYダウ337ドル高(+1.07%)、ナスダック246ポイント高(+2.25%)でした。為替市場はドル安。

FRBの利上げペース鈍化観測を背景に「株高+ドル安」方向へ動いています。12月FOMCの利上げ幅に市場の関心が集まっています。

米8月ケースシラー住宅価格指数・前年同月比は+13.1%(予想+14.4%)と、予想を下回りました。

米10月CB消費者信頼感指数は102.5(予想106.5)と、予想を下回りました。

軒並み予想を下回った米経済指標や、12月FOMCでの利上げペース鈍化観測が材料視されました。

ドル円は当面高止まりしそうな雰囲気、ユーロドルは下落トレンドが転換する可能性が出て来ました。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

米ドル揺り戻し。米9月ADP雇用統計20.8万人、米9月ISM非製造業景況指数56.7、堅調な経済指標に米金利上昇+ドル高。

20221006ユーロドル日足チャート
(出所:外為オンライン

5日の米国株は下落、NYダウ42ドル安(-0.14%)、ナスダック27ポイント安(-0.25%)でした。為替市場はドル高。

米9月ADP雇用統計は20.8万人(予想20.0万人)と、予想を上回りました。

米9月ISM非製造業景況指数は56.7(予想56.0、前回56.9)と、こちらも予想を上回りました。

堅調な米経済指標を受け、ドルが買われ、ユーロやポンドが下落しています。

OPECプラスは、11月の生産量を日量200万バレル減産で合意しました。WTI原油価格は88ドル台で推移しています。

ポンド円は6連騰から反落。売っていたポンド円は、米9月ISM非製造業景況指数の発表直後に利食いました。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero