NEWS!
  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に!

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

米ドル堅調!ユーロドル日足50日線割り込む。シカゴ連銀エバンス総裁-利上げに関する発言も後押し。米国株反発、円高も一服。

20200923ユーロドル日足チャート
(出所:外為オンライン

22日の米国株は上昇、NYダウ140ドル高(+0.52%)、ナスダック184ポイント高(+1.71%)でした。為替市場はドル高。

米国株はハイテクやナイキが牽引。為替市場では元々ドル買いが優勢だったところ、シカゴ連銀エバンス総裁発言を受けドル買いが加速しました。

エバンス総裁は「インフレ率が平均2%になる前に利上げ開始もあり得る」と発言しています。

ドル高が進行し、ドル円は105円を回復。ユーロドルは日足50日線を割り込みました。

シルバーウィーク中に目立った悪材料は出ていないものの、ユーロドルや豪ドル円のチャート形状が徐々に悪くなって来ました。

この先は割り込んでいる50日線を早めに回復することが出来ないと、悪材料が出た時に急落する可能性が高まります。

引き続きチャート中心に地合いを見て行きます。戻りが鈍い場合、10/15あたりまでは急落に警戒が必要だと考えています。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

FOMCへ向けたドル売り進行。低金利長期化確認へドットチャートに注目。米株買い+ドル売り積み上がっており、巻き戻しも警戒。

20200916ユーロドル日足チャート
(出所:外為オンライン

15日の米国株は上昇、NYダウ2ドル高(+0.01%)、ナスダック133ポイント高(+1.21%)でした。為替市場はドルが軟調。

米アップルは恒例のイベントで5G対応のiPhoneを発表しなかったことが失望を誘いました。

シティGが貸し倒れ引当金を積み増す可能性を示唆すると、これを嫌気して金融株が売られました。

為替市場はFOMCでの低金利長期化観測からドル売りが進行。ドル円は105円前半まで下落しています。

今晩夜中3:00にFOMC結果、3:30〜パウエルFRB議長の会見が予定されています。

金利見通し(ドットチャート)で低金利長期化が確認されると思われますが、米株買い+ドル売りも溜まっており、どこまで反応できるか?

明日以降、米株高+ドル安のリスクオンが止まってくるようだと、いよいよリスク要因が浮上してくる環境が整いそうです。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

ソフトバンクG英ARM売却、FOMC、IMMユーロロング196,814枚、自民党総裁選など。まだ相場環境に大きな変化なし。

20200914ユーロドル日足チャート
(出所:外為オンライン

11日の米国株はまちまち、NYダウ131ドル高(+0.48%)、ナスダック66ポイント安(-0.60%)でした。為替市場ではポンドが軟調。

直近の日米株式市場では、ソフトバンクGがオプション取引や英ARM売却などで注目が集まりました。株式非公開化へ向かうとの観測も出ています。

最新9/8時点のIMMユーロロングは196,814枚と高止まりしています。IMMポジションはユーロ以外に目立った偏りは見られません。

今週もソフトバンクGが株式市場で話題を集めそうです。その他、2023年まで低金利を据え置くと見られるFOMC、自民党総裁選が材料。

金融市場は3月後半にコロナショックから底打ちし、4月以降は未曾有の財政出動と金融緩和により回復してきました。

まだ4月からの相場環境に変化はありません。10月前半には短期的な大幅調整を予想しており、環境が変わる材料が出るか注目しています。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

NYダウ405ドル安(-1.45%)共和党の追加景気対策法案を否決!ECBはユーロ高容認。米失業保険継続受給者数が増加など。

20200911ユーロドル日足チャート
(出所:外為オンライン

10日の米国株は下落、NYダウ405ドル安(-1.45%)、ナスダック221ポイント安(-1.99%)でした。為替市場はポンド安。

ECBラガルド総裁は、直近のユーロ高を容認。ユーロ買いが強まる場面がありました。

ただし、投機ユーロロングが積み上がっている事や、米国株が下落に転じた事から、ユーロも売りに押されました。

米新規失業保険申請件数は88.4万件(予想84.6万件)、継続受給者数は1338.5万人(予想1292.5万人)でした。

2週連続で100万人を下回ったものの、継続受給者数が再び増加しました。

本日は米8月消費者物価指数(CPI)が発表されます。為替市場は米国株次第の展開が続きそうです。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

英ジョンソン首相→EUとの自由貿易協定(FTA)の交渉期限を10月15日に設定。ECBユーロ高懸念。先週の米国株急落、買われ過ぎの反動。

20200907ユーロドル日足チャート
(出所:外為オンライン

4日の米国株は下落、NYダウ159ドル安(-0.56%)、ナスダック144ポイント安(-1.27%)でした。為替市場は小幅ドル安。

米8月雇用統計は、非農業部門雇用者数137.1万人(予想140.0万人)、失業率8.4%(予想9.8%)でした。

先週の米国株急落に関してソフトバンクのオプションに絡む取引が話題になりました。真相はともかく買われ過ぎの反動と考えています。

まだ米株式市場での本格的なポジション解消やリスク回避には入っていないと思われます。

英ジョンソン首相はEUとの自由貿易協定(FTA)の交渉期限を10月15日に設定。交渉は進展しておらず、合意なき離脱懸念が残っています。

今週10日にはECBが金融政策を発表します。直近ユーロ高トレンドが加速しており、高牽制発言が出るか注目。

基本的には株式市場が高止まりして、次のリスク要因浮上を待つ展開を予想しています。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero