NEWS!
  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭固定に!

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.1銭固定に![時間限定]

  • YJFX![外貨ex]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

独9月製造業PMI速報値41.4、米9月製造業PMI速報値51.0、欧米景況感格差が鮮明!議会閉会について英最高裁判断を警戒、ポンド下落。

20190924ユーロドル日足チャート
(出所:外為オンライン

23日の米国株はまちまち、NYダウ14ドル高(+0.06%)、ナスダック5ポイント安(-0.06%)でした。為替市場は欧州通貨が売られました。

英最高裁は議会閉会が違法かどうか24日に判断するとしており、警戒感からポンドが売られました。

また、独9月製造業PMI速報値41.4(予想44.0、前回43.5)、独9月サービス部門PMI速報値52.5(予想54.3、前回54.8)と予想を下回り、ユーロが売られました。

一方で米国は、米9月製造業PMI速報値51.0(予想50.3、前回50.3)、米9月サービス部門PMI速報値50.9(予想51.5、前回50.7)と、製造業が予想を上回りました。

欧米の景況感格差が広がっています。これに対しECBドラギ総裁も「回復のめどが立たない」と悲観する発言をしています。

ドイツは緊縮財政国家のため、財政出動によって崩壊を阻止する流れになりそうです。ドラギ総裁の悲観的な発言も、財政出動を促すためと考えられます。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

対中関税第4弾、中国報復関税発動!米3連休明け〜米重要指標、主要中銀金融政策、ブレグジット、人民元安など。ユーロドル1.10割れ。

20190902ユーロドル日足チャート (出所:外為オンライン

先週末の米国株はまちまち、NYダウ41ドル高(+0.16%)、ナスダック10ポイント安(-0.13%)でした。

9月1日から予定通り対中関税第4弾(3,200品目に15%)、中国の報復関税10%が課されています。

人民元が対ドルで7元を突破し、中国国内では輸入価格の上昇、国外では中国勢の投資や消費が細っています。

実体経済に対する不安材料が多い中、主要国中銀の対応に関心が集まりそうです。その他、米重要指標、ブレグジット関連にも注目。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

またトランプ砲!9月1日〜3,000億ドル相当に対中追加関税10%を課すと発言。追加利下げ観測に米10年債利回り1.8%台へ急落。

20190802ユーロ円日足チャート
(出所:外為オンライン

1日の米国株は大幅続落、NYダウ280ドル安(-1.05%)、ナスダック64ポイント安(-0.79%)でした。為替市場はリスク回避で円全面高。

上海で再開した米中通商交渉閣僚級会合では、何の進展も見られなかった模様。

これに対しトランプ大統領はツイッターで、9月1日〜3,000億ドル相当の中国製品に10%の追加関税を課すと発言しました。

金融市場は一気にリスク回避となり、米国株は大幅続落+為替は円全面高となりました。9月利下げ観測が高まり、米10年債利回りは1.9%を割り込みました。

経済指標は、米ISM製造業景況指数51.2(予想52.0、前回51.7)と、予想・前回を共に下回りました。製造業が引き続き軟調なことが確認されました。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

パウエルFRB議長→長期の利下げサイクル入りを否定。NYダウ333ドル安、為替市場はドル高で反応。トランプ大統領が不満表明。

20190801ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

31日の米国株は大幅安、NYダウ333ドル安(-1.23%)、ナスダック98ポイント安(-1.19%)でした。為替市場はドル高。

FOMCは0.25%の利下げを決定、ジョージ総裁とローゼングレン総裁が据え置きを主張しました。量的引き締めも2ヶ月前倒しで終了を決定しました。

FOMC後の会見でパウエル議長は、長期の利下げサイクル入りを否定する発言をし、米株式市場は失望売り+ドルが買われました。

これに対しトランプ大統領が不満を表明しています。

今回のFOMCで年内の追加利下げ確率は低下しました。今後これが上昇して来るのか?上昇して来た時に米当局者から否定的な発言が出るのか?この辺りに注目です。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

ECB政策金利据え置き、ユーロ乱高下!限定的な緩和余地を露呈。トルコ中銀予想を超える大幅利下げ実施。米企業決算フォードモーターが急落。

20190726ユーロドル日足チャート
(出所:外為オンライン

25日の米国株は下落、NYダウ128ドル安(-0.47%)、ナスダック82ポイント安(-1.00%)でした。為替市場はユーロが乱高下。

ECBは金融政策を発表し、政策金利を据え置き、強弱入り混じった会見となりました。ユーロは利下げを期待していた向きからのショートカバーが絡み乱高下しました。

ドラギ総裁の任期満了を控えて、動きづらい面もあるかもしれません。

また、もともと日欧は緩和アクセルを強く踏んだままになっており、限定的な緩和余地を露呈しつつあるとも受け取れます。

世界的に緩和ムードが広がっているものの、それによるバブル化も限定的かもしれません。

トルコ中銀は予想を超える大幅利下げを実施。24.00%→19.75%としました。

わざわざ20%ではなく19.75%にするあたり、どうしても大台20%を下回る数字にしたかったようです。利下げを受けたトルコリラは下落せず横這い。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero