NEWS!
  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

3月2日時点のIMMポジション→ドル売り減少、円ロング19,270枚、ユーロロング125,988枚。米2月雇用統計が強くドル高が加速。

20210308ユーロドル日足チャート
(出所:外為オンライン

先週末の米国株は上昇、NYダウ572ドル高(+1.85%)、ナスダック196ポイント高(+1.55%)でした。為替市場はドル高。

米2月雇用統計が発表され、非農業部門雇用者数37.9万人増(予想18.2万人増)、失業率6.2%(予想6.3%)と、強い結果でした。

雇用統計の結果を受けて米長期金利が上昇、ドル高が加速しました。ドル円は108円半ば、ユーロドルは一時1.19割れとなりました。

最新3月2日時点のIMM円ロングは19,270枚、ユーロロング125,988枚となり、ドル売りポジションの解消が進行しています。

今週は10日(水)米2月消費者物価指数、11日(木)ECB金融政策・ラガルド総裁会見が予定されています。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

パウエルFRB議長発言受け、米ナスダック指数が年初来の上げ幅を失う。ドルは3ヶ月ぶり高値。ドル円108円付近、ユーロドル1.20割れ。

20210305ユーロドル日足チャート
(出所:外為オンライン

4日の米国株は下落、NYダウ345ドル安(-1.11%)、ナスダック274ポイント安(-2.11%)でした。為替市場はドル高。

パウエルFRB議長が、直近の長期金利上昇に対策を示さなかったことを受け、米長期金利が上昇しました。

ナスダック指数は昨年末終値を下抜け、年初来の上げ幅を失いました。ドル円108円付近、ユーロドル1.20割れ。

トレードでは、戻り売りをしていたユーロドルを1.20の節目を抜けたため、一旦すべて利食いました。

経済指標は、米新規失業保険申請件数74.5万件(予想75.0万件)でした。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

米国株反落、ドル安。ドル円107円手前から反落、ユーロドル1.20付近で反発。ワクチン効果ほぼ確認できず、ロックダウンでの減少か?

20210303ユーロドル日足チャート
(出所:外為オンライン

2日の米国株は下落、NYダウ143ドル安(-0.46%)、ナスダック230ポイント安(-1.69%)でした。為替市場はドル安。

ドル円は107円、ユーロドルは1.20の節目に達し、上昇してきたドルが反落。売っていたユーロドルを、ほぼ利食いました。

ワクチン接種で先行したイスラエルでは、陽性確認がピークの35%程度に落ち着いているものの、ワクチン効果とは言えません。

ワクチンの無かった日本でも非常事態宣言で陽性確認が減少しており、単にロックダウン効果かCT値による減少かもしれません。

緩やかな経済活動再開をイメージしておけば良さそうです。短期の海外旅行(インバウンド関連)は、まだまだ再開が見通せそうにありません。

本日は米2月ADP雇用統計、米2月ISM非製造業景況指数が発表されます。米国株も米ドルも方向感に乏しくなると予想しています。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

米国株まだまだバブル膨張期か?NYダウ603ドル高、ナスダック396ポイント高、米2月ISM製造業景況指数60.8→3年ぶり高水準。

20210302ユーロドル日足チャート
(出所:外為オンライン

1日の米国株は上昇、NYダウ603ドル高(+1.95%)、ナスダック396ポイント高(+3.01%)でした。為替市場は円安+ドル高。

米10年債券利回りが1.45%に落ち着いたことや、米2月ISM製造業景況指数が60.8(予想58.6)と、3年ぶり高水準となったことを好感しました。

株式市場はまだまだバブル膨張期と見られ、少なくともFRBがテーパリングを進めていく時期までは、長期下落へ転換しにくいでしょう。

本日はRBA金融政策やユーロ圏2月消費者物価指数が発表されます。ドル円は上昇チャネル内、ユーロドルは雲下限付近で推移しています。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

米ISM製造業景況指数〜米2月雇用統計まで。米長期金利上昇ペース落ち着く。ドル相場、円相場ともに方向感出にくい。

20210301ユーロドル日足チャート
(出所:外為オンライン

先週末の米国株はまちまち、NYダウ469ドル安(-1.50%)、ナスダック72ポイント高(+0.56%)でした。為替市場はドル高。

先週は米長期金利が予想以上のペースで上昇し、株式市場が混乱しました。その米長期金利は1.4%台へ下落し、落ち着きつつあります。

株式市場のリスク回避を受け、豪ドル円は85円手前から82円付近まで急反落、ドル円は106円半ばへ上昇しました。

今週は米ISM製造業景況指数〜米2月雇用統計まで米重要指標が発表されます。引き続き米金利の動向にも注目が集まりそうです。

個人的にはまだ株式市場は調整の域を出ず、長期の下落へ転じたわけではないと見ています。

FRBも緩やかなバランスシート拡大を継続しており、これが債券市場の安定に寄与するはずです。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero