NEWS!
PICK UP!

【FX投資戦略】FOMC3:15結果待ちムード強まれば大きく動く可能性も!!

9:45

おはようございます、昨日・今日の相場は完全に「米FOMC待ち」ムード1色となりそうです、大きなイベントを控えるとアジア時間+欧州時間にほとんどトレードが行われないため、FOMCの結果次第では「瞬間的に大きく動く」可能性があります。昨日のウォールストリートジャーナルでは「利下げがないのでは??」という観測も流れ一時的に「株安+円高」の流れとなりました。ただし、この「利下げ期待後退」の記事を書いている記者は前回のFOMCでの予想を外していますので所詮「素人」です。

おそらくFOMCでは「直近の株価」「モラルハザード」の2点はほとんど参考外と言って良いでしょう。それゆえ前回のFOMCでは「サプライズ」となったと考えます。FOMCが重視すべきは「中長期的に景気後退へ向かわせないこと」ですから目先の状況から予想する新聞記者やエコノミストなどは「利下げなし」「0.25利下げ」「0.50利下げ」から3択で選んで3分の1が当たるだけの無意味な予想と言えます。

明日から11月相場となりますが、「バーゲン待ち」の投資スタンスは変わることなく「円買い」が溜まってくる日を待ちます。勝つためであれば、何年・何十年でも待ちますが、だいたい毎月投資のチャンスは訪れていますのですぐに参加できると考えています。今月は+1,437,000円で我慢したいと思います。

【保有中ポジション()内はスワップ累計】
なし

10月の収支+1,437,000円
9月の収支+1,095,000円(スワップ、手数料込)
8月の収支▲219,000円(スワップ、手数料込)
7月の収支+785,000円(スワップ、手数料込)
6月の収支+1,576,000円(スワップ、手数料込)

FXシステムトレード
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
FX外国為替証拠金取引 – livedoor Blog 共通テーマ

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【投資戦略】米FOMCに注目!!利下げ幅は現状株価とは無関係??

9:05

おはようございます、先週火曜から「円安」の流れが続き利益確定後はまったく出番なしの状態が続きます。今週は当然31日米FOMCに注目しています、個人的には「利下げはある」と考えています。ここで「利下げなし」ならサプライズですが、TVでみた某連銀総裁のコメントでは「利下げは当然で利下げの幅は議論する」という感じでした。

問題は0.25か0.50かですが、これは予想することはできません。前回はNYダウも回復基調にあり0.25で充分、前回混乱時も0.25だったことから市場の大半は0.25の利下げを予想しておりました。FOMCの出した結論は0.50の利下げとなりサプライズでダウは最高値を更新しました。

今回も直近の株価は堅調で「0.25で充分」という雰囲気やイメージが膨らんできていますが、目先の株価などFOMCの政策決定にはまったく関係ありません。当然「今後経済が後退していかないため」に利下げを行っているわけですから、株価が13900ドルだろうが、14000ドルだろうが「0.50の利下げ」という可能性もあります。現状はポジションがないのでまずは結果待ちをしたいと思います。FOMC後「ドル安」が加速した場合はドル円112円なら少し買ってみたいと考えています。ユーロ円、豪ドル円、カナダ円は円高になるのを待ってみます。

【保有中ポジション()内はスワップ累計】
なし

10月の収支+1,437,000円
9月の収支+1,095,000円(スワップ、手数料込)
8月の収支▲219,000円(スワップ、手数料込)
7月の収支+785,000円(スワップ、手数料込)
6月の収支+1,576,000円(スワップ、手数料込)

FXシステムトレード
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
FX外国為替証拠金取引 – livedoor Blog 共通テーマ

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

11月の為替相場と注意事項・投資戦略!!

9:30

おはようございます、本日の為替相場クロス円は「円安」日本株も上昇して安定したスタートになっています。先週の月曜からは「31日FOMC」での利下げ期待に支えられNYダウもしっかりとした動きとなりました。9月の米雇用統計ショックで金曜に大幅に「株安+円高」となりましたが、その時も翌週に控えた「FOMC利下げ期待」によって支えられ、クロス円は5日連続の円安となりました。今回も非常によく似ています。

週末くらいまではほとんど円高要因がないためポジションを建てずらい状況が続きそうです。円安がどんどん進攻したとしても待ってみます。11月も安定した相場となりそうですが、安定してくると「円売りポジション」が貯まってきますので何らかのきっかけで崩れてくる可能性もゼロではないと考えています。個人的には予期せぬ「軍事的要因」「地政学的リスク」を待ってみたい11月相場です。

【保有中ポジション()内はスワップ累計】
なし

10月の収支+1,437,000円
9月の収支+1,095,000円(スワップ、手数料込)
8月の収支▲219,000円(スワップ、手数料込)
7月の収支+785,000円(スワップ、手数料込)
6月の収支+1,576,000円(スワップ、手数料込)

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【FX投資戦略】来週の投資戦略FOMCがらみの値動き継続か!!

10:10

おはようございます、まずは今週の相場から。今週は月曜に円高の頂点に達し、火曜以降反転していきました。月曜にユーロ円・豪ドル円・カナダ円をどんどん買いましたが結果的には正解でした。月曜はアジア時間か欧州時間に直近安値と予想していましたが、ダウが100ドル下げて「冷やり」としましたが、「朝5時までにダウが反転しない場合は一旦ロスカットして火曜に仕込みなおし」という計画がしっかりと出来上がっていたのでリスクは小さく、大きなリターンを取れたと考えています。

失敗したのはすでに利益確定してしまったことです。最低でもFOMCまでは持っているべきでした。どうしてもデイトレの癖で50万以上の含み益がでるとすぐに売ってしまいます。このあたりは事前の計画通りにトレードできなかったところです。来週は小さな調整を繰り返しながらもドル円以外のクロス円は円安と考えています。

<来週の投資戦略>
ポジションがないため、動きずらい1週間となりそうです。当然大きく円高になれば買っていきますが、そうならないと予想しています。この間に次の戦略をじっくり固めておくべきです。11月・12月の相場予想からですが、基本的には穏やかな相場でサブプライムショックは終了と考えています。

レンジの下限でポジションが取れた場合は、スワップをもらいながら来年に持ち越していくのが良い戦略と考えています。今年の暴落は何度ありましたか?と聞けば大方2回「上海」と「サブプライム」と答えが来ると思います。個人的には「暴落はもっと頻繁に発生している」と考えています。

例えば今週の月曜までの「G7+ブラックマンデーショック」ではクロス円は高値から約5%の調整をしています。これは3月の上海ショックと同じ下落率です。株価も下落しました。私は相場をずっと見ていましたが、月曜には暴落時特有の「クライマックス的な売り」がしっかりと発生していました。

今までも変わっていませんが、私の投資戦略の基本は「バーゲン・ハント」です。弱い日本株でも1万5000円台で買った人はいまでもプラスだと思います。投資は長い目で見れば「安く買って、高く売る」そういうゲームですから、今週の月曜に頻繁にトレードを繰り返していたのも、ユーロ163円、豪ドル103円くらいまでは戻すだろうという前提がバックにあるから安心して売買できるのです。

暴落直後はボラティリティが高く危険というイメージが強いですが、レバレッジを抑えてトレードすれば、暴落直後が一番リスクが低いのです。ということで相場がまた円高に振れてくる(円買いがたまってくる)のを「待つ」というのが来週の戦略です。他では「米ドル」の動きに注目しています。今週は直近安値113.24を付けたあと114円台で踏ん張っています。政策金利は4.25まで予想されており、FOMCから数日後、ドル安の波に飲まれてゆっくりと円高になる可能性もあります。

最近の米ドル円レートをみていると、サブプライムショックの安値111.57(8/17)がかなり近づいています。これを割り込んではこないような値動きです。もし10月利下げによって直近安値113.24を割れてくるなら113円から下はとりあえず買ってみたいと考えています。現状の114円も小額買って1年持っていればプラスになるかもしれませんね。ただし、まだ米ドルの下落圧力はかかっていますので年内の安値を拾えればと考えています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【FX投資戦略】FOMC利下げ期待を背景にダウは底堅い!!

9:13

おはようございます、昨日はスワップ用ポジションを差益欲しさに利益確定してしまいました。ユーロ円163.50で10枚売り+20万、豪ドル円103.50で売り+37.1万、先日ドル円のロスカットがありましたので、10月の収支+1,437,000円となりました。

若干売るのが早かった気がしますが、NY時間でもう少し売られてくるかと思いましたし、103.0、163.0で買い戻しても良かったかもしれません。米ドルは徐々にクロス円全般と離れて「独歩安」になりつつあります。米ドルは「追加利下げ」「軍事問題」「サブプライム問題」などで今年いっぱいは下げていく可能性があります。下げきったところはスワップ狙いでおいしいのではないかと考えています。

NYダウも「利下げ期待」がガードして一旦悪材料で下落をしてもすぐに持ち直す相場が続いています。クロス円もドル円以外は「せまいレンジ」で安定してきそうです。大きな円高は期待しずらい相場ですが、想定レンジの下限に落ちてくれば拾っていくというだけです、FOMCまでは「出番なし」かもしれません。

【保有中ポジション()内はスワップ累計】
なし

10月の収支+1,437,000円
9月の収支+1,095,000円(スワップ、手数料込)
8月の収支▲219,000円(スワップ、手数料込)
7月の収支+785,000円(スワップ、手数料込)
6月の収支+1,576,000円(スワップ、手数料込)

FXシステムトレード
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
FX外国為替証拠金取引 – livedoor Blog 共通テーマ

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加