NEWS!
  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

米2月ISM非製造業景況指数55.3→仕入れ価格が12年半ぶり高水準!米長期金利上昇→ドル高、ドル円一時107円台。

20210304豪ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

3日の米国株は下落、NYダウ121ドル安(-0.39%)、ナスダック361ポイント安(-2.70%)でした。為替市場はドル高。

米2月ISM非製造業景況指数は55.3(予想58.7)、仕入れ価格が71.8へ急上昇したことが材料視されました。

パンデミックの影響から供給網(サプライチェーン)が混乱。原材料も高く、労働者も思うように動けません。

この辺りが正常化してこないと、コストプッシュ懸念は拭いきれません。米2月ADP雇用統計は11.7万人増(予想17.7万人増)と、予想を下回りました。

米長期金利が上昇し、為替市場はドル高、ドル円は一時107円台に乗せる場面がありました。

米当局者発言は「利上げは遠い」の一辺倒。出口戦略はテーパリング(量的緩和縮小)が先ですから、利上げが遠いのは当たり前の話です。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

米10年債利回り一時1.6%台!金利急騰→米国株大幅安。買われ過ぎ豪ドル円も急反落。引き続き金利と物価の動向がテーマ。

20210226豪ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

25日の米国株は大幅下落、NYダウ559ドル安(-1.75%)、ナスダック478ポイント安(-3.52%)でした。為替市場は円高+ドル高。

米10年債利回りが一時1.6%を突破し、予想以上に速い金利上昇ペースが株価の重しとなりました。

短期的に買われ過ぎていた豪ドル円やポンド円も急反落となっています。資源国・高金利通貨も軟調でした。

未曾有の金融緩和と財政出動が株式市場を支えているため、政策を継続できるかを左右する金利と物価の動向に関心が集まります。

一旦米金利の上昇が落ち着いても、金利と物価の動向は長い市場テーマとなるでしょう。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

パウエルFRB議長「インフレ目標の達成に3年超」米FDA「J&Jのワクチン安全かつ有効」豪ドル円・NZドル円移動平均との乖離広がる。

20210225豪ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

24日の米国株は上昇、NYダウ424ドル高(+1.35%)、ナスダック132ポイント高(+0.99%)でした。為替市場は円安+ドル安。

パウエルFRB議長は「インフレ目標の達成に3年超の期間を要する」と発言。直近の金利上昇に配慮したのか、市場のイメージとはかけ離れた発言でした。

米FDAが「J&Jのワクチン安全かつ有効」との見解を示したことも好材料となりました。米国株が上昇し、為替市場もリスクオンとなりました。

豪ドル円・NZドル円日足チャートを見ると、昨日の上昇により移動平均線との乖離が広がりました。3月調整が狙えそうです。

長期間移動平均線の上方で推移することは可能ですが、乖離が広がり過ぎると調整します。タイミングを見て短期の売りを入れたいところです。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

世界経済回復期待→日経平均3万円+円全面安!NY市場はプレジデンツデーのため休場。FRBテーパリング→年内にも開始か?

20210216豪ドル円週足チャート
(出所:外為オンライン

15日のNY市場はプレジデンツデーのため休場。世界経済回復期待を背景に、日経平均は3万円乗せ、ドイツDAX指数も最高値を更新しました。

為替市場はリスクオンで円全面安。FRBによるテーパリング観測が早ければ夏にも高まりそうな雰囲気です。

目先のテーマはパンデミックからの「世界経済回復期待」となっており、資産価格・資源価格が堅調。新興国通貨も強い動きが続いています。

本日も目新しい材料はなく、当面は買われ過ぎれば調整が入り、調整が入れば押し目買いが入るという繰り返しになりそうです。

トレードでは買っていたクロス円を、高金利通貨以外すべて利食いました。円高調整を待って買い直して行く方針です。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

世界の陽性確認数が減少。米1月小売売上高、欧州PMI、トルコ中銀金融政策の発表あり。為替は円安、ポンドや豪ドル堅調。

20210215豪ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

12日の米国株は上昇、NYダウ27ドル高(+0.09%)、ナスダック69ポイント高(+0.50%)でした。為替は円安、ポンドや豪ドルが堅調。

VIX指数が20を割り込むなど、米株式市場が安定しています。これを受けて円が安く、豪ドルや新興国通貨が堅調に推移しました。

今週は米1月小売売上高、欧州PMI、トルコ中銀金融政策などの発表が予定されています。週明けのNY市場はプレジデンツデーのため休場。

最新の投機筋IMMポジションは大きな変化なく、円ロングが34,618枚へ減少、ユーロロングが140,222枚でほぼ横這いとなっています。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero