NEWS!
  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

FOMC金利見通し(ドットチャート)に注目!インフレ長期化→タカ派傾倒あり得る。中国恒大集団デフォルト懸念VS過剰流動性相場。

20210922豪ドル円週足チャート
(出所:外為オンライン

21日の米国株はまちまち、NYダウ50ドル安(-0.15%)、ナスダック32ポイント高(+0.22%)でした。為替市場は小幅ドル安。

株式市場は中国恒大集団デフォルト懸念VS過剰流動性相場の様相。日本株は祝日+FOMC結果待ちで様子見姿勢が強まるでしょう。

リーマンショックの引き金となったサブプライムローン問題のように、世界的に大規模なエクスポージャーは無さそうです。

9月FOMCでは、テーパリング開始時期よりも、金利見通し(ドットチャート)にドル相場が反応しそうです。

ドットチャートがタカ派傾倒ならドル買い、ハト派傾倒ならドル売りとなりそうです。投資戦略は年末へ向けてドル円押し目買いです。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

中国恒大集団デフォルト濃厚!南部は習近平利権ではない可能性高く銀行のみ救済か?海外勢のエクスポージャーは不透明。

20210921豪ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

20日の米国株は大幅安、NYダウ614ドル安(-1.78%)、ナスダック330ポイント安(-2.19%)でした。為替市場はリスク回避の円高。

今週利払いを控えた中国恒大集団のデフォルト懸念が高まり、リスク回避から株安+円高、暗号資産も急落しました。

市場は中国当局が今後どの程度秩序あるデフォルトへ誘導できるか注目が集まっています。

米国では今日〜明日にかけFOMCが開催されます。テーパリング開始時期、金利見通し(ドットチャート)、インフレに対する見解に注目です。

恒大集団は国民や社員に販売した理財商品についてはデフォルトが濃厚です。融資を行っていた銀行のみ救済となるかもしれません。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

米8月消費者物価指数(CPI)、米8月小売り売上高に注目!予想以上にインフレ長期化か?最新9/7時点のIMM豪ドルショート70,488枚。

20210913豪ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

10日の米国株は下落、NYダウ271ドル安(-0.78%)、ナスダック132ポイント安(-0.87%)でした。為替市場はドル高。

最新9/7時点のIMM豪ドルショートは70,488枚へ増加。円ショートと豪ドルショートが高水準となっています。

ドル円、クロス円、ユーロドルなど、為替市場は方向感に乏しい展開が続いております。

今週は米8月消費者物価指数(CPI)、米8月小売り売上高に注目。膠着状態のドル相場に動きが出るか、FOMC待ちで動かないか。

デルタ変異株の拡大が消費を冷やすことでインフレ圧力が落ち着くのか、それとも供給網の混乱からインフレ圧力が高まるのか注目です。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

デルタ変異株拡大による株高、為替市場は円安+ドル安!FRBハト派傾倒、資源国通貨ボラティリティ高い。

20210826NZドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

25日の米国株は上昇、NYダウ39ドル高(+0.11%)、ナスダック22ポイント高(+0.15%)でした。為替市場は円安+ドル安。

デルタ変異株の拡大が各国の金融政策正常化を遅らせる要因となっています。FRBもハト派傾倒、S&P500・ナスダックが最高値を更新しました。

ドル円は円安+ドル安のなか、小幅な値動きに終始しています。FRBのハト派傾倒はドル売り材料、株高や非常事態宣言拡大は円売り材料です。

今週は27日(金)ジャクソンホール公演、米7月PCEデフレーターの発表を控えて積極的な売買は無さそうです。

来週以降は市場参加者が夏季休暇から徐々に戻り始めます。9月はデルタ変異株の動向が金融政策に与える影響と、経済指標に関心が向かうでしょう。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

ジャクソンホール公演パウエルFRB議長発言→実際には市場はノーマーク。デルタ変異株の動向、9月米重要指標に注目。

20210825豪ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

24日の米国株は上昇、NYダウ30ドル高(+0.09%)、ナスダック77ポイント高(+0.52%)でした。為替市場はドルが軟調、資源国通貨が堅調。

米7月新築住宅販売件数は年率換算70.8万件(予想70.0万件)でした。

今週は27日(金)ジャクソンホール公演が予定されているものの、実際には市場はノーマークです。

多くの参加者が「何も出ない」と見ています。仮にテーパリング示唆があればサプライズ。

FRBは9月以降の経済データを確認したいことや、デルタ変異株拡大の影響から、ハト派傾倒はあってもタカ派傾倒は無さそうです。

従って週末〜週明けはドル下落に警戒。株式市場にとっては悪材料が少なく、FRBがハト派へ傾倒すればプラスとなりそうです。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero