NEWS!
PICK UP!

NYダウ298ドル高!ムニューシン米財務長官の貿易戦争・関税措置の保留発言を好感。ドルインデックス94到達から小反落。

20180522豪ドル円日足チャート
21日のNYダウは298ドル高(+1.21%)、ナスダックは39ポイント高(+0.54%)でした。米FOXテレビに出演したムニューシン米財務長官の「貿易戦争を保留、関税措置もいったん保留」との発言が好感されました。週明け東京時間朝方から、NYダウ先物は200ドル超上昇して推移し、欧米時間に上げ幅を拡大しました。

その他、WTI原油が72.35ドルへ上昇し、豪ドル・カナダドルなどの資源国通貨が堅調に推移しました。豪ドル円は84円台前半、カナダドル円は86円台後半まで上昇しました。ドルインデックスは一時94ポイントへ上昇、その後は小反落して93.54ポイントで引けています。米10年債利回りは3.058%でした。

苦境に立たされているトルコリラは売りが止まらず、対ドルで4.5を突破して大きく売り込まれています。6/24トルコ大統領選挙へ向け、かなり厳しい展開になりそうです。トルコリラ円は24円台前半と価格は安くなっていますが、安易に反転を狙って買わないほうが無難でしょう。どうしても買いたいのであれば、小さいLotでレバレッジをかけずにやるべきです。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

アルゼンチン・ペソ急落でIMFに支援要請!ドル高に苦しむ新興国・資源国が続出。米国はイラン核合意離脱表明。

20180509豪ドル米ドル日足チャート
8日は武田薬品によるシャイアー巨額買収で合意したものの、ポンド円の反応は20~30銭程度に留まりました。大きな動きになれば、(上げ切ったところを売る)チャンスだと思っていただけに残念でした。

その他、米国のイラン核合意離脱表明がニュースになっています。

アルゼンチンが自国通貨防衛に苦慮しており、IMFに支援を要請しました。トルコも自国通貨防衛に苦慮しており、新興国・資源国は苦境に立たされています。

原油・資源価格が上昇しているにも関わらず、豪ドルが軟調に推移しているのも今の相場の特徴です。為替市場は目先ドル高>円高へ動いてきました。

ほぼレバレッジをかけずにトルコリラを保有して来ましたが、直近ランド円に少しづつ切り替えています。トルコリラは対円での下げよりも、対ドル・対ユーロでの下げが深刻です。

通貨防衛を始めて1年程度、または前倒しになった選挙後に流れが変わってくるかもしれません。年間で10%超下げてしまうと、やりようが無くなってしまいます。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

資源国通貨が堅調!豪ドル円88円台、カナダ円89円台、南アランド9.2円台。北朝鮮へ武力行使あるなら3~5月か?

20171228豪ドル円日足チャート
27日は資源国通貨が堅調でした。国際商品市況を表すCRB指数は、12/13の183.36を底に191.47まで大きく上昇しています。薄商いで新規材料に乏しい中、商品市況の上昇に反応した模様。

米12月消費者信頼感指数は122.1(予想128.0)と予想を下回る結果。ドルと円は軟調に推移しました。北朝鮮は「衛星」と称するミサイル発射の兆候があるようです。

気になる武力行使の有無ですが、平昌五輪中(2月中)に行動を起こすというのは、やり過ぎという印象があります。11月には米中間選挙があり、夏場以降は選挙に注力すると考えられます。

イベントスケジュールから推測すれば、3・4・5月が武力行使の可能性が高いと考えられます。何年も臨戦態勢という訳にも行かないでしょうし、夏までに解決していない場合は、別の手段で解決を目指すのではないでしょうか。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero