NEWS!
PICK UP!

日銀利下げ0.20%の真相とは?追加利下げの余地なし、突然利下げへの転換、結局は円高・株安に震え上がった政財界。

21:50
こんばんは、30日欧米時間のドル円・クロス円相場はポジション整理を中心に方向感のない動きになりそうです、上では99円がトリプルトップで下も96円をなんとか維持3円の中で方向感なく、NY時間はダウの動きを頼りにポジション調整中心の相場になりそうです。今日は日銀金融政策決定会合で0.20%の利下げという「何だこれ!?」という結果に終わりましたが、発表直後には反対4ということで「危うく据え置きか」と思いましたが、利下げ反対は1人、利下げ幅0.25が3人という結末、利下げ反対の1人がどこにも公表されないがZEROの予想はM審議員。今回異例の0.20となったのは「ゼロ金利に再突入せずに大量の資金供給を可能にする対応」とのこと、簡単に言えば「超過準備預金への0.1%の付利」と合わせて、現状の流動性が枯渇しないように、また今後の流動性対策を打ちやすいようにと考えての苦肉の策となりました。この0.20%を選んだ経緯を考えると「利下げ打ち止め感」がもろにあります。マーケットではさらなる景気の悪化に0.15%や0.10%、ゼロ金利など予想する声がでていますがZERO的には0.30%にした意図を考えると今回の利下げが限界点、利下げ余地を残す欧米との金利差縮小に苦しむ展開が予想されます。最後は円売り介入しかないのでしょうがどうなるんでしょうか。つい先日、山口広秀副総裁が就任会見で「現在の政策金利は経済・物価情勢からみて極めて低く、緩和的な水準が維持されている」と発言したのは27日、一転この対応ですから急激な円高+株安で日本の名だたる企業が一気に悲鳴を上げたことは疑う余地もありません、政財界は3月に95円台に突っ込んだ時も青ざめた顔してましたから90円台は相当ビビッたはずです。11月はいきなり3日(米)10月ISM製造業景況指数、4日(米)大統領選、7日(米)雇用統計とシビレる展開です、来週もがんばりましょう!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【速報】サプライズ!日銀利下げ幅0.20%で0.30%へ賛成4反対4と足並みも揃わず、市場は円買いで反応も不安増大、白川総裁会見・欧米時間に注目!追加利下げなし介入で下支えか。

20081031T
14:05
世界が注目した日銀金融政策決定会合は中途半端な0.20%の利下げ、政策金利0.30%へ賛成4反対4で議長が決定というなんとも歯切れの悪い結果に終わりました。「足並みがそろわないこと」は予想していましたし、据え置きも多少視野に入れていたとはいえある意味でサプライズでした。発表直後はクロス円の売りで反応しましたが、一応7年ぶりの利下げが行われたことでマーケットも「どうしていいかわかららない状態」冷静になってくれば少し「株安+円高」に振れると予想しています、株価にとって理想形は「全会一致の0.25利下げ」会見では「必要とあればさらに緩和」なら最高ですが、過去の経緯から言えばそれは「夢物語」でしかなく、相場を冷やし続けてきた歴史からいえば「想定内」の結果となりました。こうなると次の利下げはないですから「金利差縮小観測」が残る11月になりそうですね。まぁ追加利下げよりも秘密の介入で下支えするのではないでしょうか?しかし前回FRBやECBなど世界中で協調利下げが行われた際に日本が参加しなかったことで90円台の円高、日経7000割れを招いたことを考えるとあと1票で据え置きは危なかったですね、ちなみに利下げに反対したのは須田審議委員、水野審議委員、中村審議委員、亀崎審議委員の4人、そう言えばM審議員が顕在だから「全会一致の利下げは初めからなかったことですね(笑)」、当分日銀は忘れ去られるでしょうが、次回利上げの時もサプライズがあるかもしれませんね…0.10%とか(笑)

17:15
白川総裁記者会見では↓
・反対した4人の中で3人が0.25%引き下げ、1人は現状維持を主張。

とのことでした、3人は利下げ幅0.25を主張していたようですね安心しました。0.20%の失望感、利益確定、輸出の売りが絡み、予想通り「円全面高+株大幅安」となりました。
 

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日銀利下げなるか!今日金融政策決定会合、ロングカバーに警戒、30日のNY時間ドル円5分チャート解説。

20081030N
9:40
おはようございます、30日はメルマガでも事前にお伝えしましたが98.00のサポートを23:35-40にようやく割り込みストップをつけました。東京午前から98.00-99.00のレンジに入り込んでいましたので12時間も1円のレンジでやっていたことになりますね。ただし、円買いをしてきた材料が「ダウ現物の上げ幅縮小」のみでしたのでかなり強引なストップロス狙いの印象でしたね、材料が伴わないときは早めの利益確定が良いと思います(例えばGDPがスゴイ悪くて下落しているなら別ですが)それでは実際のデイトレを解説します、23:30から円買いが始まるもののストップをつけるまで(サポートを割り込むまで)様子見、23:35-40に97.82まで下落しましたので完全に98.00を割れたと判断、ストップをつけて1回目の戻り(今回は1分足のほうがわかりやすいと思います)→97.90、97.95、98.00に指値ショート、97.90、97.95がヒット→97.75、97.80と15pipsずつ下に利益確定の指値+30pipsとなりました。直後に97.62まで突っ込みましたが材料が伴っていないのあまり突っ込まないほうが賢明です、これで14連勝になりました。さらにそのあとは戻りを強引に売り込み97.38まで下押ししていますがこれに付き合おうとは思いません。本日は日銀金融政策決定会合がメインイベントです、白川総裁の会見にも注目が集まります、ぜひ「全会一致の利下げ」を期待、据え置きなら「株安+円高」が再開しそうです、先日のFOMCでも「全会一致」であったように、各国の中銀も断固とした態度を示していますがどうでしょうか?会合や会見のあとはロングカバー(利益確定売り)に押されて多少「株安+円高」に振れると予想しています、日本は3連休ですしポジション調整が入るかもしれませんね、東京の株式市場が開いている時に結果が出るかどうかでも変わってくるかと思います。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

米第3四半期GDP速報値、新規失業保険申請件数にサプライズなし、30日ロンドン時間ドル円5分チャート解説。

20081030L
23:20
こんばんは、久しぶりにドル円動きませんね。東京の午前中から98.00-99.00の1円のレンジでやっています。(米)第3四半期GDP速報値は-0.3%(予想-0.5%)、(米)10/26までの週の新規失業保険申請件数は47.9万件(予想47.5万件)とこちらも想定内で波乱なしとなりました。NY時間はダウを見ながらとなりますが、ドル円は主役にはならないかもしれませんね、明日は世界が注目する日銀金融政策決定会合があります、利下げのみではなくたまには「全会一致」を見せてほしいものです。アナウンスメント効果しかない利下げなら最低限足並みが揃ってるところだけでも見せないとと思いますが過去の経緯からすると水を差されそうです、株もクロス円も「利下げ後の売り」には注意したいところです。利下げが行われない場合は素直にクロス円を売ろうかと思います、据え置きサプライズがないといいのですが…。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日経続伸9000円台、ファンド勢のヘッジ外し、月末5・10日、日銀利下げ観測が円安要因、30日東京時間ドル円相場解説。

20081030T
15:30
こんにちは、30日の外国為替市場は円全面安の展開、日経平均株価は9000台を回復しています。朝の記事で上値の目処と書いた29日NY時間の高値98.00を抜けて少し売りに押された後は買いが優勢、99.10まで上昇しました。月末5・10日、日銀利下げ観測、ファンド勢のヘッジ外しなど円安要因が目白押しとなりました。東京時間のドル円5分チャートですが朝ポイントにあげた98.00を上抜けたことでこれが目先サポートになっています。これをしっかり割り込んでストップを巻き込めば下方向への圧力が強まりますが、明日日銀金融政策決定会合ということもあり上下方向ともドル円は小動きを予想しています、崩れてもFOMCの安値96.40あたりでサポートされそうな1日です。99円台も相変わらず輸出などの売りが強く抜けにくいですね、それでもヘッジ外しの声が聞こえてくればひとますの安心感はあり、上抜けのきっかけになった94.35あたりは2番底としてサポートになりそうです。混乱の10月が終了しますが、11月には実体経済の再確認として月初の米経済指標に注目が集まり株価も伸び悩みそうです、12月には2番底から再度回復へと予想しています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加