NEWS!
PICK UP!

【動画】浜田内閣参与、菅官房長官、日銀審議員など円高けん制のスタンスが異常!物価の基調が下落するなか、ドル円100円以下が相当マズイのか?

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。


8/30の主な材料【経済指標と要人発言】
・米8月消費者信頼感指数101.1(予想97.0)
・NYダウ48ドル安、ドルインデックス96.04。

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【FRB週末雇用統計に自信あるのか?】投資家の思惑を呼ぶようなコメントが多い。米国株も米ドルも2日雇用統計で大きく動きそうな雰囲気。

20160831ドル円日足チャート 20160706外為オンライン
◇30日の為替市場はドル高、NYダウは48ドル安となりました。ジャクソンホール講演でのイエレン議長のタカ派発言、これをフォローするフィッシャー副議長のタカ派発言を受けたドル高が継続しています。投資家は今週末に発表される米8月雇用統計が、強い結果なのではないかと考え始めているでしょう。FRB内部にそうした根拠があって発言しているような雰囲気です。今年このパターンからのネガティブサプライズもありましたが・・・。いずれにしても、米雇用統計結果を受けた米国株と米ドルの動きは重要になりそうです。経済指標では、米8月消費者信頼感指数101.1(予想97.0)と非常に強い結果。今晩は米8月ADP全国雇用者数、1日米8月ISM製造業景況指数と重要指標が目白押しです。市場はとにかく米利上げ時期をテーマにやっていますから、米重要指標を受けての9月利上げ確率、年内利上げ確率の変化を見てドルを売買することになるでしょう。「つまらない、退屈な相場」と言えるかもしれません。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【動画】ジャクソンホール講演待ちから米雇用統計待ちへ!待つばかりで動かない相場か?ドルじり高だが・・・やらないほうが良い相場環境。

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。


8/29の主な材料【経済指標と要人発言】
・米7月個人所得+0.4%(予想+0.4%)
・米7月個人消費支出+0.3%(予想+0.3%)
・米7月コアPCEデフレーター前月比+0.1%(予想+0.1%)
・NYダウ107ドル高、ドルインデックス95.54。

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【米9月利上げ信じる投資家いない】米7月コアPCEデフレーター+0.1%、フィッシャーFRB副議長のタカ派発言1日で収束。米雇用統計に注目。

20160830ダウ先物日足チャート 20160706外為オンライン
◇29日のダウは107ドル高。先週ジャクソンホール講演でイエレンFRB議長、フィッシャーFRB副議長からタカ派発言が相次いだものの、低インフレやFF金利の織り込み度から、実際に9月利上げを信じる投資家は皆無です。今週末に発表される米8月雇用統計が強く、米当局者から強いタカ派発言が相次ぎ、FF金利の織り込み度が少なくとも9月50%以上にならないと据え置きでしょう。現時点ではかなりハードルが高いと言えます。こうなると中途半端なドル高要因が出たことになり、ドル中心でやっている為替市場は、難解な値動きを続ける事になりそうです。米国株は9月に下げる理由は無く、10月は季節要因による大幅調整が起きるでしょう。FXでは我慢をして無駄な損失を出さない事が大切になる時期です。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【動画】米9月利上げの可能性にドル上昇!どこまで上値試せるか?9月10月相場の見通し。12月利上げが頓挫するほうが悪い材料。

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。


8/26の主な材料【経済指標と要人発言】
・イエレンFRB議長「利上げの論拠この数か月で高まった。」
・日7月全国消費者物価指数-0.4%(予想-0.4%)、除く生鮮食品-0.5%(予想-0.4%)
・米4-6月期GDP改定値+1.1%(予想+1.1%)
・米8月ミシガン大消費者信頼感指数確報値89.8(予想90.8)
・NYダウ53ドル安、ドルインデックス95.54。

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加