NEWS!
PICK UP!

【先送り】アムバック救済案は来週初へ!30億ドル規模の出資で合意か!

22:30

こんばんは、金融保証会社(モノライン)救済ネタや格付け維持の報道で株価&円安が堅調に推移しています。ランド円は追加した20万通貨は全部決済しました→2/26 ランド円14.20で10万利益確定、差益2,500+スワップ3,650-手数料0=+6,150円。報道が好感されたり、昨日の住宅指標が予想を上回ったりということで株も為替も堅調ですが、為替はもともと月末ですから「円買い」は仕掛けにくい時期だという背景もあると思います。

ランドを処理できたので大分身軽になりました。13円台ではまた買ってみようかと思います、このまま上昇でも構いません。イラク進攻でリスクが高まっているトルコリラですが、さすがにスワップが貯まるのが早いです。1/11から1万通貨づつ買っていき、すでに66,905円のスワップ金利が付いています。90.70が購入平均で、現在の損益分岐価格が89.36ですから1年で12円分は金利が付く計算です。つまり毎年10円下がり続けても負けないくらいの金利になります。

最近、トルコストレートとランドストレートのレートやチャートをチェックしています。ランドは暴落後になりますのでストレートで買っておくのもおもしろいかもしれませんね。ただし、ランドとトルコのストレートはすべての通貨ペアが「リスク許容度」で動いています、トルコリラ/スイスフランなどはトルコリラ/円とまったく同じ動きですので、日本の利上げによる円高にでもならない限りは特に「リスク分散」の効果はありません、逆に高金利同士の組み合わせTRY/DKKやTRY/GBPなどは動きも安定している上、金利差も10%ありますので多少安定した運用になるかもしれません。ただし、TRY/NZDやTRY/AUDといったオセアニアとの組み合わせはおすすめしません。オセアニア地区は無限に好景気が続いており、根源的に好景気になりやすい地区だと言えます、オセアニアは政府や中央銀行に「超有能な人物が選ばれなくても儲かりやすい体質」ということなので安易にオセアニアを売る組み合わせは避けたいですね。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【注目】アムバック救済案!好感か失望かモノライン救済策に注目!

18:41

こんばんは、先ほどランド円が14.0を超えてきたので13.98で買った2万通貨を決済しました2/25 ランド円14.00で2万利益確定、差益400+スワップ404-手数料0=+804円。最近追加しているランド円のポジションは買ったレート近辺まで上昇すれば決済してしまおうと考えています。また13円台には下落してくると考えて、安くなればまた買い戻そうと考えています。このまま上昇しても構いません、最悪なのは「安くなったときに買い増す余力がないこと」ですし、せっかく上昇しているので売っておきます。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【シカゴIMMポジション】円ロングは再び5万枚へ、ランドは国内個人勢が買いへ!

9:00

おはようございます、久しぶりにシカゴIMMのポジションをチェックしています。このシカゴIMMのポジションがすべての投機筋の動向ではないと言われますが、欧米勢はほとんどが投機筋で国内本邦勢がそれに対抗する「円売り勢」となっていますので大変に参考になるデータです。

先週、若干「円買い」から撤退するようにも見えた投機筋ですが、今週また円買いのポジションを増やしてきました。昨年の07/07/24の週から徐々に円買いにポジションを傾け、07/11/13からは完全に「円買いのポジション(円ロング)」が差し引きで上回っています、12月に一時撤退したものの1月にまた円ロングのポジションを建ててきています。

今後の見通しですが、米景気後退懸念がありますので簡単には方向性を変えてこないと考えられます、スワップコストを気にしないとしても2年も3年も円買いをすることはないと考えています。やはり米景気後退での悪材料が出尽くせば、米景気が回復しなくても「これ以上円高にならない」と踏めば撤退すると考えています。

外為どっとコムの売買比率ですが、ようやく国内勢がランド円を買い戻しています。14円台前半で一時的にチャートが反転の兆しを見せたからかもしれません。その後また弱気な日足になりつつありますので当分正念場が継続しそうです。ただこれ以上のランド売りにも限界がありますので、もう一段下落すれば落ち着くかもしれませんね。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【速報】トルコ軍地上戦開始を受け金融市場が不安定に!トルコリラ/円にも悪影響か!

18:15

こんばんは、未だ超高金利の地位を譲らない「トルコリラ」ですが、日本時間の22日クルド人武装勢力掃討に向けて数千人のトルコ軍がイラク北部に進攻しました。この動きを受けての金融市場はやや軟調な推移が予想され、トルコリラ/円でもリスク回避の動きがやや出るかもしれませんね。トルコリラ/円は5万通貨を長期運用していて、年12円相当のスワップ金利がもらえます。

購入平均レートは90.70円で現在の損益分岐点は89.43円となっています。買い増しの目安ですが、85.0円より上では当分買うつもりはありません、レベル的には90円台は「高い」80円台は「適正」70円台は「安い」と考えています。85円から下のレベルでは状況に応じて買って行きたいと考えています。70円台はもちろん買います、待っていれば75-85円レベルまでは下落してくる場面もありそうです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【ダウ急進】突然のアムバック救済案(CNBC)で、来週にも救済策発表か!

9:50

おはようございます、今週はランド円を13円台で拾いましたが相変わらず戻りが弱く一旦13.90で8万通貨売っています、詳細は後ほど。昨日はNY引け際にCNBCで大手モノライン「アムバック」の救済案が突然飛び出しダウもクロス円も急反発となりました。救済案の真偽はまだわかりませんが、報道があった以上、まったくの「ガセ」ではなく来週何かでる可能性は高いと考えておきます。まぁ目新しい材料ではないのであまり反応はしないと思います。市場はしばらく、損失や救済のネタで右往左往しそうです。

クロス円に関しては「高安まちまち」の状態で全体的には「横ばい」となっています、株式市場のほうがボラティリティはやや高目となっています。比較的オセアニア通貨が強いものの、かなり豪ドル高も進んでおり上昇一服となっています。ランド円は相変わらずの弱さで買っていいのかよくわかりません、ある程度売買しながらスワップを貯めていますがどうなんでしょうか。

それでも一方的に下落していたランド円も14円割れになってから2週間が経ちます。先週にも12円台突入かと思っていましたが、やや底堅さも伺えます。5年くらい経ってみないと今が買い場かどうか判断が難しいところです、とりあえずは13円台でいつまで我慢できるかに注目しています。4月後半にはクロス円が堅調に推移し、ランド円も他通貨の堅調さにフォローされてすこしづづ上昇と考えています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加