NEWS!
PICK UP!

米9月ADP全国雇用者数、米第2四半期GDP確報値、米9月シカゴ購買部協会景気指数の発表あり。30日の欧米市場トレード予定など。

USDJPY20090930時間足チャート
17:20
こんばんは。30日のドル円相場は、東京時間仲値に向けて90.40まで上昇後は弱含み89円台で推移しています。本日NY時間には米9月ADP全国雇用者数、米第2四半期GDP確報値、米9月シカゴ購買部協会景気指数が発表されます。2日の米9月雇用統計に向けた雇用関連指標である「米9月ADP全国雇用者数」に注目をしています。年内あと3回の米雇用統計となりますが、そろそろポジティブサプライズがありそうな雰囲気です。ただし、90.50から上は売りオーダーもあるようなので、経済指標などでロングで入った場合には早めに利益を確定したいと考えています。跳ねたところで売りを入れていおくのも良い戦略かもしれません。

いずれにしても米9月ADP全国雇用者数によって2日の米9月雇用統計のバイアスなども決まってきますので結果には注目をしておきます。30日のデイトレは予定通りですがここまでノーエントリーです。本日~2日はイベント相場でNY時間のみ参加を考えています。ただし今日は21:15に米9月ADP全国雇用者数→21:30米第2四半期GDP確報値と間隔が詰まっていますので「やりにくい」と思います。明日の米9月ISM製造業景況指数、と2日の米9月雇用統計で勝負しようかと考えています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドル円90円を挟んで上下50銭程度で小動き。7月S&Pケースシラー住宅価格指数、9月消費者信頼感指数、藤井財務相の口先介入など。

USDJPY20090930日足チャート
12:30
こんにちは。29日のNY時間は7月S&Pケースシラー住宅価格指数が良かったこともあり、ドル金利が一時上昇→ドル買い、9月消費者信頼感指数は悪化し直後に売りが優勢の展開でどちらにもいかず、90円を挟んで上下50銭程度で小動きとなっています。ドル円日足チャートを掲載しておきましたが、28日~29日のチャート足型は、先週の金曜までは「絶対に介入しない」と言っていた藤井財務相や財務省関係者などによる「口先介入」が執拗に行われた結果の足型ということでチャートに記載しておいて良いかと思います。介入には発言によってトレンドを捻じ曲げる「口先介入」と実際にドル円を買い上げる(実弾投入)ことでトレンドを捻じ曲げる「直接介入」があります。

今回は市場関係者からすれば立派な介入が行われたことになりますので、引き続き東京時間では売り込みずらいかもしれないですね。デイトレでは9月消費者信頼感指数で下がってきたところを90.15で買ってみましたが、あまり大きくは勝てなそう(期待値がなさそう)と判断してすぐに同値で止めています。その後、90.37まで上げる場面がありましたが90.38あたりには一目の転換線かなにかあるようで上げどまっています。30日仲値も90.40くらいで上げどまり→89円台に下落しています。90円台を挟んで上下50銭以内でやっている感じですね。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日経平均株価戻り悪い、ドル円も上値重く90円を挟んで正念場。欧米株価は堅調、28日のドル円相場など+120,000円。

USDJPY20090929T時間足チャート
11:10
本日の動画解説アップしました→FXデイトレチャート解説、藤井財務省発言とドル円相場についてなど20090929

こんにちは。28日のNY時間は、ドル円時間足チャートを見ると上下に髭を出して89円台を行ったり来たりしながら方向感のでない動きとなりました。デイトレでは予定通り89円台のミドル~後半で戻り売りをしていましたが、下押しは89.13までとなり時間切れ。東京時間は仲値で買われ90.23まで上昇後、上値が重くなっています。ドル円日足チャートの28日分の足型ですが「陰線」を見込んでいましたので、下髭陽線になったことで少し様子を見たいと思います。普通に90円台で売りを入れても良いのかもしれませんが、本邦財務相・財務省がふらふらと一貫性のないスタンスで発言していますので、東京時間は「やりずらい」と思います。

また、週末に大きなイベント米9月雇用統計を控えていることからイベント相場の様相も強まりそうで、今週残りはギャンブル相場になってしまうかもしれないですね。方向感が見えてくるまでしばらくは様子をみながら、時間足・日足でこれから作られていくチャートポイントを良く見ておきたいと思います。後ほど動画解説でも直近の相場に関してお話しておきます。昨日は+120,000円でした。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

大型買収提案などでNYダウ堅調、一時9800ドル台を回復。ドル円は材料不足で上下に髭、方向感に乏しい+120,000円。

USDJPY20090929N時間足チャート
1:24
こんばんは。28日は予告通り「戻り売り」で、しつこくショートを入れましたがリスクを取った割には利益にできず+120,000円でした。何度も含み益になっていたのですが、10~20万程度では利益確定せず、ここは大きく狙っていました。最後まで89.59ショートをホールドしていましたが、トリシェ総裁の発言かなにかで一瞬軽く跳ねたところでストップに刺さってしましました。セオリー通りのトレードで「100回繰り返せば大勝ち」は間違いないのですが、日本株の大幅安に対して欧米の株価は堅調でドル円を売り込む後押しになる材料が見当たりません。単にテクニカル的な観点から売りを入れている参加者がいるだけのようですね(私もそうですが)、また東京時間では売り込みずらいですからノーポジになったところでしばらく様子をみます。週後半には大きなイベントもありますのでまた荒れるかもしれませんね。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

藤井財務相発言「円高是認とは言っていない」などでドル円やや買い戻し、日経平均株価は一時1万円割れ。

USDJPY20090928T時間足チャート
13:40
こんにちは。28日のドル円相場は、朝方は下方向へ突っ込み88.23まで急落しました。最近は傾向として朝方に突っ込んでも下げ止まることが良くあるものの、個人的にはドルストレートでのドル買いに下支えされた感があります。一応リスク回避のドル買いなんでしょうか?東京時間午後に入ると藤井財務相発言が出てさらにショートカバーが進み89.65まで戻す場面がありました。今回は90円レベルを割りこんだことがポイントで最初にこのレベルに戻ったところを売りたかったのですが、89.65までとなっています。89円台後半ということで売っても良かったかもしれません。藤井財務相発言「円高是認とは言っていない」などの発言ですが、トレーダー側から感想を述べると「そう来ると思っていた」という感じです。ドル円の下落トレンドは、この発言では終了しないと予想しています。戻り売りのスタンスも変更ありませんので引き続き売り場を探します。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加