NEWS!
PICK UP!

米6月米シカゴ購買部協会景気指数、米4月米ケース・シラー住宅価格指数に注目。29日NY時間はクロス円買われる。

USDJPY20090629N5分足チャート
10:00
本日の動画解説アップしました→6/30NY時間のトレードとチャート解説20090630

こんにちは。29日のNY時間は「クロス円の買い」が中心になりました。米国株高、原油高、月末需要、NYカットのオプションなどが材料で、値動きを見ていると「クロス円の買い」ということで一致し、他に選択肢がなさそうな展開でわかりやすい動きでした。デイトレでは、東京・ロンドンとレジスタンスとして意識された95.60を上抜けてからロングでエントリーし+60,000円でした。本日は米6月米シカゴ購買部協会景気指数、米4月米ケース・シラー住宅価格指数の発表があります。この時間のドル円相場は東京株高と月末仲値で96.31まで上昇後は、96円を挟んだあたりで揉み合っています。少し上値は重そうで、一つ前の山96.59までは届きそうにない雰囲気です。NY時間までにまたどのようなチャートになっていくかを見ながら、チャンスがあればエントリーして行きたいと思います。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

NYダウ堅調でドル円・クロス円買われる。ロンドンフィキシングも絡んだか95.60ストップロス巻き込み上昇+60,000円。

USDJPY20090629N時間足チャート
0:25
こんばんは。29日NY時間は経済指標やイベントはなく、NYダウの堅調推移とロンドンフィキシングも絡み月末需要も出たのか、クロス円は買いが優勢となりました。ユーロドルは動かずとなっています。先週末に、サポートラインとして割り込んだときに売りを入れていた、95.60が今日はレジスタンスとなり、東京時間にも95.59で意識され反転していました。あまり大きな上昇を期待しづらかったものの、時間帯とNY勢を信じて「このタイミングなら」ということで、95.62ロングで順張りエントリーしています。95.82で利益確定+60,000円でした。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

周小川中国人民銀行総裁から、新準備通貨に関する報道火消し発言、イベント控え材料難で膠着ムード。

USDJPY20090629L時間足チャート
17:45
本日の動画解説アップしました→FX今週の見通しと最近の相場について20090629

こんばんは。29日ここまでの外国為替市場では、材料難で目立った動きはありません。18:00 欧6月消費者信頼感が発表される程度で、NY時間にも経済指標のない1日となっています。ドル円相場は値幅の狭いレンジで95.15-59となっています。先週末にサポートラインとして意識された95.60が再度意識され、東京時間は95.59までの上昇後は揉み合いに入っています。ただし、これを上抜けしてもロングでついていきたいと思うほどのポイントでもなく、外出しようかと思っています。

東京時間には、先週末にドル売りの材料となった中国人民銀行のコメントに対して、周小川総裁が火消しコメントを出したことで、ドル円も一旦下げ止まっています。NY時間には株価と長期金利を見ながらとなりますが、予期せぬ材料が出た場合には対応も基本的には様子見としておきます。デイトレでは本日ここまではノーエントリーです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

29日午前の日経平均株価は38円高で小動き、重要指標多数控え動きづらいか。ドル円相場も95円台前半で小動き継続。

USDJPY20090629T時間足チャート
11:00
本日の動画解説アップしました→FX今週の見通しと最近の相場について20090629

こんにちは。今週はご存知のとおり、3日(金)米独立記念日振替休日となっており、米6月雇用統計が2日(木)に繰り上げ、ECB金融政策と重なるという忙しい相場になりそうです。その他各国で、細かい経済指標も非常に多く発表されますが、トレンドが発生しているところを狙って、経済指標の結果に振らされ過ぎないようにトレードしていきたいと思います。イメージとしては月曜~水曜で20+20pipsで12万くらい取って、週末は4連休に持っていけるようにしたいと考えています。米6月雇用統計は結果をみて、水曜までの利益がなければ参加してみたいと考えています。29日午前の日経平均株価は38円高で小動き、重要指標を待つムードが強そうですね。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2日に米6月雇用統計、米独立記念日3連休で変則日程。米6月ISM製造業景況指数、日銀短観など。

USDJPY20090628日足チャート
19:30
こんばんは。今週の外国為替市場では2日(木)に米6月雇用統計(6月失業率、6月非農業部門雇用者数)が発表されます。通常は月初金曜日のイベントですが、今週は3日が米独立記念日振り替えで米国は3連休となっています。また1日には日銀短観、6月ADP全国雇用者数、6月ISM製造業景況指数など重要な指標が並びます。トレードはルールどおり米国救休場の金曜日はお休み、米雇用統計当日の東京・ロンドンは様子見とします。月曜~水曜に1回トレンド順張りで取り、米6月雇用統計後にも1回利益が取れればと考えています。ドル円日足チャートですが、93.54が引き続き一番大きなチャートポイントと考えて良さそうです。最近の「相場について」を後ほど動画解説でアップしておきたいと思います。それでは今週もよろしくお願いします。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加