NEWS!
  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

ドル円一時140円台前半!24年FRB利下げ回数6回(1.5%)織り込む。ドル円→1月〜2月に137〜139円で昨年同様に底打ちか?

20231229ドル円週足チャート
(出所:外為オンライン

28日の米国株はまちまち、S&P500種1ポイント高(+0.04%)、ナスダック総合4ポイント安(-0.03%)でした。為替市場は円高。

東京からロンドン時間のドル円・クロス円は売りが優勢。ドル円は140.27まで下落する場面がありました。

NY時間には米金利が上昇したこともあり買い戻しが優勢。ドル円は141円台半ばで引けています。

市場は24年FRBの利下げ回数6回(1.5%)を織り込んでおり、3月FOMC以降は織り込み過ぎの修正に入るでしょう。

現時点では24年FRBの利下げ回数は3回(0.75%)程度になると予想しています。

23年のドル円は年始131円でスタートしました。終値が141円なら、年間で約10円の円安+ドル高となりました。

来年の想定レンジは137-157円と予想。1月〜2月に137〜139円で昨年同様に底打ちすると見ています。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

米10年債利回り3.796%へ低下!ドル全面安→ドル円141円台前半、ユーロドル1.11台前半。年末年始は薄商いのなか突発的な円高に警戒。

20231228ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

27日の米国株は上昇、S&P500種6ポイント高(+0.14%)、ナスダック総合24ポイント高(+0.16%)でした。為替市場はドル安。

FRBの利下げを織り込む格好で米金利が低下。米10年債利回りは3.796%へ低下し、ドル全面安となりました。

ドル円は141円台前半、ユーロドルは1.11台前半で推移しています。

円相場は東京〜ロンドン時間にかけて軟調に推移したものの、NY時間には買いが優勢となりました。

日銀植田総裁はNHKとのインタビューで早期マイナス金利解除には否定的な発言をしています。

また、物価が2%をオーバーして際限なく上昇してく可能性は低く、デフレに戻る可能性も非常に低いと発言しています。

日銀は現時点では大規模緩和からの緩やかな脱却を目指すと見られ、24年はマイナス金利解除までにとどまりそうです。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

ドル円142円後半!日銀主な意見はハト派。市場はFRBの利下げを確実視→関心は利下げ回数に移る。ドル円年始131円→年末140円台?

20231227ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

26日の米国株は上昇、S&P500種20ポイント高(+0.42%)、ナスダック総合81ポイント高(+0.54%)でした。為替市場は円安+ドル安。

日銀が発表した主な意見では、慎重な姿勢が伺えることから円安で反応しています。

最新のコアCPI・前年同月比が+2.5%まで低下していることからも、日銀の慎重姿勢は当面継続しそうです。

日銀は物価が2%を下回る方がコストがかかると明言しており、目標2%を上回る状態を維持したいのは明らかです。

現時点ではマイナス金利解除はあっても、ゼロ金利解除は遠い印象です。

FRBは24年の利下げは確実視されており、市場の関心は利下げ回数に移っています。

年3回程度は織り込み済み。3月FOMCから利下げ開始となるか?その後の利下げペースに注目です。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

ドル円142円前半!クリスクマス休暇のため短縮取引。本日も日米以外はほぼ休場。年末〜年始にかけては突発的な円高(円買い)に一応警戒。

20231226ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

25日はクリスクマス休暇のため東京市場以外は休場。為替市場も短縮取引となりました。ドル円は142円前半で推移しています。

本日も日米以外はほぼ休場となっています。明日からは、クリスマス休暇明けの取引が再開されるものの、目立った材料はありません。

年末〜年始にかけては、突発的な円高(円買い)に一応警戒しておきます。

新年は1/3(水)米12月ISM製造業景況指数、11月JOLTS求人件数。1/4(木)米12月ADP雇用統計、新規失業保険申請件数。1/5(金)米12月雇用統計、米12月ISM非製造業景況指数が発表される予定です。

米重要指標や米インフレ指標がFRBの利下げペースに影響するため、ドル相場は米指標に左右される展開となります。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

ドル円142円半ば!まだ下げ止まったとは言えないチャート形状か?米11月PCEコア・デフレーター3.2%→予想下回る。

20231225ドル円週足チャート
(出所:外為オンライン

24日の米国株はまちまち、NYダウは下落、S&P500種7ポイント高(+0.17%)、ナスダック総合29ポイント高(+0.19%)でした。為替市場は小幅な円安+ドル安。

米11月PCEコア・デフレーター3.2%(予想3.3%)と、予想を下回りました。引き続きFRBの目標2%へ向けて低下するか注目。

今週はクリスクマス休暇のため休場が多くなります。週後半も目立った材料がなく、薄商いの1週間となりそうです。

ドル円は142円半ばで推移。週足チャートは上値が重い形状になっており、下げ止まったとは言えません。

年明け1週目は米重要指標に注目しています。来年も米インフレ関連指標と主要中銀の金融政策が材料になりそうです。

その他、市場が織り込んでいない地政学的リスク等でインフレが再燃しないか注目しています。

市場参加者の予想は円高+ドル安一辺倒に傾いています。FRB利下げ+日銀マイナス金利解除の織り込み度に注目です。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero