NEWS!
PICK UP!

【動画】最新のCPI実態は-0.1%でマイナス!日銀黒田総裁の(出口戦略)時期尚早に記者もイライラ。異次元緩和に出口戦略なし→最後は裏技か?

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。


4/27の主な材料【経済指標と要人発言】
・米国株イベント通過で小動き。
・NYダウ6ドル高、ドルインデックス98.96。

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【北朝鮮問題まだ終わっていない】夏場が正念場、核・ミサイル放棄か?暴発か?予断許さぬ情勢続く。中国の石油供給が鍵、市場はもっと警戒すべき。

20170428ドル円日足チャート 20170428NYダウ先物日足チャート
27日はイベント通過のためドル円も米国株も小動きとなりました。ナスダックは史上最高値を更新しています。来週から5月相場入り。夏場の注目材料は北朝鮮情勢です。マーケットでは、米国が対話路線に切り替え、外交手段によって北朝鮮に核・弾道ミサイル放棄を迫るかのように見られています。こうした見方は専門家やトランプ大統領・米高官の発言とも一致しています。今後は中国(特に原油供給)に圧力を強めるよう要請し、核・弾道ミサイル放棄へ追い込む構えです。万一暴発した時の備えとして、原子力空母等を展開させ、準備が整い次第さらに制裁を強めていくと思われます。心配されるのは、米国サイドのシナリオのみが唯一のシナリオになっている点です。軍事衝突が起きてしまうかどうか、むしろ北朝鮮に選択権があるとも考えられます。莫大な費用もかかるでしょうし、1年後も睨み合いを続けているとは考えにくいです。向こう3か月くらいの間に結論が出ると思われますので、リスクを取るのはそれからでも遅くないと思います。北朝鮮情勢に関しては油断せずに良く見ておきます。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【動画】ECB金融政策+ドラギ総裁会見→テーパリング観測高まるか?アルファベット、マイクロソフトが決算。ドル円また動き鈍くなりそう。

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。


4/26の主な材料【経済指標と要人発言】
・トランプ政権→法人税15%、個人税35%、15%、10%、パススルー事業15%、レパトリ減税を発表。
・NYダウ21ドル安。

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【材料なくなる】トランプ税制改革は事前報道通り。今晩ECBが金融政策、アルファベットやマイクロソフトが決算発表。主だったイベントおおむね通過。

20170427ドル円日足チャート 20170427NYダウ先物日足チャート
26日の米国株は小幅安。トランプ税制改革の発表に注目が集まっていたものの、法人税15%へ、個人税35%、15%、10%へ、パススルー事業15%へ、レパトリ減税も大幅に引き下げることを発表しています。事前報道通り財源は示せず、あくまでも概要に留まりました。年内の実施を目指すとのことですが、トランプ税制改革は材料としての熱は冷めつつあると見て良さそうです。今晩はECBが金融政策を発表。その他、アルファベット(グーグルの親会社)やマイクロソフトが決算を発表します。大きなイベントをおおむね通過し、次の材料を見つけに行く相場になりそうです。北朝鮮情勢に関しては、韓国株式市場が堅調に推移しており、軍事衝突への警戒感はゼロです。制裁と外交によって北朝鮮が核・弾道ミサイルを放棄するのか?それとも暴発して軍事衝突になってしまうのか?いずれにしてもトランプ政権は「戦略的忍耐」に落ち着くことは無いはずです。北朝鮮との軍事衝突やフランス大統領選でまさかの逆転が起きるなど、テールリスクは残ったままとなります。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【動画】今晩トランプ減税が発表される!どこまで詳細が発表されるのか?財源示せず概要の公表に留まりそうだが・・・レパトリ減税の詳細に興味あり。

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。


4/25の主な材料【経済指標と要人発言】
・米2月住宅価格指数+0.8%(予想+0.4%)
・米2月S&Pケースシラー住宅価格指数 +5.85%(予想+5.78%)
・米3月新築住宅販売件数62.1万件(予想58.4万件)
・米4月消費者信頼感指数120.3(予想122.5)
・米4月リッチモンド連銀製造業指数20(予想16)
・アノマリー通り、4月の米国株は強かった。
・NYダウ232ドル高。

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加