NEWS!
  • LIGHT FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

ドル円157円後半!ユーロ円169円前半!円売り再開→株高リスクオンで円安。S&P500、ナスダックが最高値。米5月小売売上高に注目。

20240618ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

17日の米国株は上昇。S&P500種41ポイント高(+0.77%)、ナスダック総合168ポイント高(+0.95%)でした。為替市場は円安。

米経済指標は予想を下回る弱い結果が目立ち、利下げ観測が株式市場を支える格好になっています。

FRBはなかなか利下げに踏み切れないものの、次の政策変更が「利下げ」と見られている間は、株式市場にとっては良い環境です。

株式市場にとって悪い環境になるのは、FRBの「利上げ再開」ですが、そこまで米経済は強くないのが現状です。

本日は21:30米5月小売売上高が発表される予定です。若干弱い結果の方が、株式市場にとっては好材料かも知れません。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

ドル円157円半ば!今週はRBAとBOEが金融政策発表。ユーロ圏、英国、日本でCPIの発表あり。米5月小売売上高にも注目。

20240617ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

16日の米国株はまちまち。S&P500種2ポイント安(-0.04%)、ナスダック総合21ポイント高(+0.12%)でした。為替市場はドル高。

日銀は次回7月会合にて国債買い入れ減額計画を発表することを決定。市場参加者は、6月会合で国債買い入れ減額が決まると予想していたことから、発表直後は失望の円売りで反応しました。7月利上げ観測も後退。

米6月ミシガン大学消費者態度指数・速報値は65.6(予想72.0)と、予想を下回り、7カ月ぶり低水準。1年先の期待インフレ率は、3.3%で前月から変わらず。

今週はRBAとBOEが金融政策を発表する予定です。ユーロ圏、英国、日本ではCPIが発表される予定です。その他、米5月小売売上高にも注目です。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

ドル円157円付近!日銀金融政策決定会合の結果、植田総裁会見に注目!国債買い入れ減額や利上げ姿勢確認へ。植田総裁→発言のみタカ派?

20240614ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

13日の米国株はまちまち。NYダウは下落、S&P500種12ポイント高(+0.23%)、ナスダック総合59ポイント高(+0.34%)でした。為替市場はドル高。

米5月PPI・前年同月比は2.2(予想2.5%)、コア前年同月比は2.3%(予想2.4%)と、予想を下回りました。

米新規失業保険申請件数は24.2万件(予想22.5万件)と、予想より悪い結果となりました。

本日は日銀金融政策決定会合の結果、植田総裁会見に注目が集まっています。

国債買い入れ減額方針や利上げに対する姿勢を確認することになります。

植田総裁会見では、前回会合での発言を受けて円安が加速→為替介入に至った経緯から、ハト派発言は控えると予想されています。

今後は発言はタカ派だが、引き締めは慎重となりそうです。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

ドル円156円後半!FOMCドットチャート→年内利下げ1回が中央値。米5月CPI・前年同月比3.3%、コア前年同月比3.4%→予想下回る。

20240613ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

12日の米国株はまちまち。NYダウは下落、S&P500種45ポイント高(+0.85%)、ナスダック総合264ポイント高(+1.53%)でした。為替市場はドル安。

米5月CPIは前年同月比3.3%(予想3.4%)、コア前年同月比3.4%(予想3.5%)と、予想を下回りました。

予想を下回る米5月CPIを受け、米金利が急低下し、ドルが売られました。

FOMCは金利見通し(ドットチャート)を発表し、中央値は年内3回の利下げから年内1回へ後退しました。

金利見通し(ドットチャート)の結果を受けて、ドルが買い戻されています。

ドル円は米5月CPIを受けて157円台から155円台後半まで急落。FOMCの結果を受けて156円台後半まで買い戻されました。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

ドル円157円挟んで小動き!21:30米5月CPI、27:00FOMCドットチャート、27:30〜パウエルFRB議長会見に注目。

20240612ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

11日の米国株はまちまち。NYダウは下落、S&P500種14ポイント高(+0.27%)、ナスダック総合151ポイント高(+0.88%)でした。為替市場は小動き。

ドル円は157円を挟んで小動き。米CPIや日米金融政策の結果待ちとなっています。

本日は21:30米5月CPI、27:00FOMCドットチャート、27:30〜パウエルFRB議長会見が予定されています。

米5月CPI・前年同月比は3.4%、コア前年同月比は3.5%の予想になっています。

市場予想通りの結果であれば、利下げ開始には程遠い水準となります。

FOMC金利見通し(ドットチャート)では、年内3回の利下げから年内2回もしくは1回の利下げへ減少する見通しです。

利下げ回数が減少するのは織り込み済み。市場の関心は年内2回か?1回か?に集まっています。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero