NEWS!
  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

FOMC3月テーパリング終了→3月利上げ開始を示唆。パウエルFRB議長→インフレ抑制姿勢かなり強い。米金利上昇、ドル高、ドル円114円後半。

20220127ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

26日の米国株はまちまち、NYダウ129ドル安(-0.38%)、ナスダック2ポイント高(+0.02%)でした。為替市場はドル高。

FOMCは、利上げ開始が「近く」適切になるとし、3月利上げを示唆しました。労働市場の強さとインフレ抑制に対する強い姿勢を強調しました。

全会合での利上げを否定しなかったことや、量的縮小(QT)開始時期が年後半から夏頃へ前倒しされたとの観測から「タカ派」と受け止められました。

米金利が大幅上昇し、ドル円は114円後半へ、ユーロドルは1.12台前半へ、それぞれドル高が進行しました。

米12月新築住宅販売件数は、年率換算81.1万件(予想76.0万件)と、予想を上回っています。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

【動画】日経平均2万7,011円、年初来安値!ドル円113円後半→FOMC・パウエルFRB議長会見待ち。過度なタカ派傾倒なさそうだが・・・。

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。

1/25の主な材料【経済指標と要人発言】
・IMF→世界経済成長率見通し4.4%へ10月時点から0.5%下方修正。
・ドル相場→FOMC控えて小動き。
・米10年債利回り1.781%、ドルインデックス95.98。
・NYダウ66ドル安(-0.19%)、ナスダック315ポイント安(-2.28%)

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて公開・配信しています。

・FXポータルサイト・ザイFX!「なんで動いた?昨日の相場」コラム執筆中!    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

ドル円113円後半→FOMC結果・パウエル議長会見待ち。引き続きFRB引き締め加速、ウクライナ情勢によるリスク回避。

20220126ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

25日の米国株は下落、NYダウ66ドル安(-0.19%)、ナスダック315ポイント安(-2.28%)でした。為替市場ではユーロが軟調。

引き続きFRB引き締め加速、ウクライナ情勢によるリスク回避圧力が高い状態です。

IMFは世界経済成長率見通しを4.4%へ、10月時点から0.5%下方修正しました。

ウクライナ情勢を受け、ユーロがやや軟調に推移したものの、ドルはFOMC結果・パウエル議長会見待ちで小動きでした。

今晩夜中4:00にFOMC結果、4:30〜パウエルFRB議長が会見します。この時間帯はドルの乱高下が予想されます。

FOMCは市場予想通りのタカ派で、株高+ドル安で反応すると予想しています。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

NYダウ1,100ドル超暴落からプラス圏へ!FOMC警戒とウクライナ情勢でボラティリティ上昇。今日からFOMC→26日夜中4時に結果発表。

20220125ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

24日の米国株は乱高下、NYダウ99ドル高(+0.29%)、ナスダック86ポイント高(+0.63%)でした。為替市場はドル高。

6日続落していたNYダウは、1,100ドル超の暴落からプラス圏へ切り返し99ドル高で引けました。

FOMC警戒とウクライナ情勢により下落が続いていた米株式市場が、ようやく下げ止まり反発しました。

為替市場では、リスク回避の円高+ドル高が進行。米国株が引け際に切り返すと、円安方向へ戻しました。

今晩から注目のFOMCがスタートします。26日夜中4時に結果発表、4時半〜パウエル議長が会見を行う予定です。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

1/25-26株価急落のなか注目のFOMC、マイクロソフト、アップルが決算発表へ!株安に歯止めかかるか?ドル円113円後半。

20220124ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

21日の米国株は下落、NYダウ450ドル安(-1.30%)、ナスダック385ポイント安(-2.72%)でした。為替市場はリスク回避の円高。

NYダウは6日続落、S&P500・ナスダックは週間で、2020年3月パンデミック以降最大の下げ率となりました。

最大の要因はFRBの引き締めペース加速でしょう。今週1/25-26注目のFOMCが開催される予定です。

最新1/18時点のIMM円ショートは80,879枚へ小幅減少しました。

今週はFOMCと米企業決算が注目材料です。ハイテク大手マイクロソフト、アップルが決算を発表する予定です。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero