NEWS!
  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

米大統領選挙2021年1月6日(水)選挙人投票の開票に注目!過半数獲得ならバイデン候補が次期大統領に、獲得できなければリスク回避か?

20201127ドル円週足チャート
(出所:外為オンライン

26日のNY市場は感謝祭のため休場。為替市場は小動きに終始。ドル円は104円20銭付近、ユーロドルは1.1910付近で推移しています。

米大統領選挙は、2021年1月6日(水)選挙人投票の開票に注目。ここで過半数(270人)獲得ならバイデン候補が次期大統領に決まります。

2020年米大統領選挙は、異例の「敗北宣言なし+多数の訴訟」という中で、12月14日(月)選挙人による投票が行われます。

英とEUの通商交渉は、年末の離脱期限を前に11月中には結論を出す必要があります。引き続き大枠合意で難題は先送りがコンセンサス。

新たな材料としては年末商戦、来週発表される米重要指標。その他、感染拡大とワクチン供給への期待、米大統領選挙が材料です。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

アストラゼネカ開発のワクチン報道、米11月総合PMI57.9、財務長官にイエレン前FRB議長との報道を好感。投機筋ドルショートが巻き戻し。

20201124ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

23日の米国株は上昇、NYダウ327ドル高(+1.12%)、ナスダック25ポイント高(+0.22%)でした。為替市場はドル高、ポンドが堅調。

英オックスフォード大学とアストラゼネカが開発中のワクチン報道、米11月総合PMI57.9(前回56.3)が好感されました。

米11月総合PMIは2015年3月以来の高水準。その他、バイデン候補が次期財務長官にイエレン前FRB議長を指名との観測報道も好感されました。

ポンドは英とEUの通商交渉が大枠合意するとの観測から買われています。投機筋のドルショートが巻き戻し、ドル円は売っても売っても勝てない状況。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

トルコ中銀ようやく実質金利マイナスを解消!1週間物レポ金利10.25%→15.00%へ。米新規失業保険申請件数74.2万件へ悪化。

20201120トルコリラ円日足チャート
(出所:外為オンライン

19日の米国株は上昇、NYダウ44ドル高(+0.15%)、ナスダック103ポイント高(+0.87%)でした。為替市場はドル安、トルコリラが上昇。

トルコ中銀が金融政策を発表し、1週間物レポ金利を10.25%→15.00%へ4.75%引き上げました。マイナスになっていた実質金利が解消されています。

エルドアン大統領と義理の息子アルバイラク前財務相は、強引な利下げをしつつ為替介入で通貨安を阻止する計画だったと思われます。

結局は失敗に終わり、インフレ懸念や外貨準備の減少から、通貨安を阻止できませんでした。新たな財務相・中銀総裁の元で方針転換しています。

利上げだけで解決するわけではありませんが、2021年以降の年間スワップ金利がどのくらい付与されるか注目していきます。

経済指標は、米新規失業保険申請件数74.2万件(予想70.7万件)と前週から悪化。米11月フィラデルフィア連銀製造業景気指数26.3(予想22.0)、米10月中古住宅販売件数685万件(予想645万件)は予想を上回りました。

世界的なCOVID-19感染拡大が株価の上値を抑えています。医療の逼迫から再ロックダウン懸念が高まるものの、株価を持ち上げているのはFRBのバランスシート拡大です。引き続き株価は堅調に推移すると見ています。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

NY市が学校閉鎖、東京も過去最多、世界中で感染拡大→株価の重しに。為替市場はドル安、ドル円再び103円台。トルコ中銀金融政策発表へ。

20201119ドル円週足チャート
(出所:外為オンライン

18日の米国株は下落、NYダウ344ドル安(-1.16%)、ナスダック97ポイント安(-0.82%)でした。為替市場はドル安。

直近はCOVID-19ワクチンへの期待で上昇してきましたが、昨日は東京で過去最多となる493人、世界でも感染が拡大して株価の重しとなりました。

為替市場ではドルが小幅下落。ドル円は再び103円台へ下落しています。ユーロドルは横這いでした。

経済指標は、米10月住宅着工件数153.0万件(予想146.0万件)、建設許可件数154.5万件(予想156.0万件)、戸建て住宅が堅調。

為替市場は以前のようにリスクオン=円安という相関が弱まっています。繰り返しになりますが金利差が無いためでしょう。

長期的には他の主要国が利上げサイクル入りした時、日銀も利上げするのか?利上げする場合にはそのペースが為替の強弱感を左右しそうです。

本日は注目度が高まっているトルコ中銀が金融政策を発表します。利上げが見込まれていますが、利上げ幅に注目。上がったところは売られそうです。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

米アマゾンがオンライン薬局アマゾンファーマシー始動。為替市場は円高、ポンド底堅い。米10月小売売上高+0.3%、除く自動車+0.2%など。

20201118ドル円日足チャート
(出所:外為オンライン

17日の米国株は下落、NYダウ167ドル安(-0.56%)、ナスダック24ポイント安(-0.21%)でした。為替市場は円高、ポンドは底堅く推移しました。

米アマゾンがオンライン薬局アマゾンファーマシーを始動。ドラッグストア大手CVSヘルスやウォルグリーンが売られました。

経済指標では、米10月小売売上高+0.3%(+0.5%予想)、除く自動車+0.2%(予想+0.6%)と予想を下回り、感染拡大の影響が懸念されています。

COVID-19ワクチン以外の話題に乏しく、新たな材料を待つ展開。直近の大幅株高の反動による調整に終始しています。

クロス円はドル円の下落に連れる格好で上値の重い展開。円との金利差が無くなっているため、株高リスクオンに対する円安での反応が鈍くなっています。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero