NEWS!
PICK UP!

【動画】日経平均9円高へ上げ幅縮小して大引け!ポンドショートカバー継続か反落か?月末の売買も絡み短期的な値動きに大きな意味なし。

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。


6/29の主な材料【経済指標と要人発言】
・米5月個人所得+0.2%(予想+0.3%)
・米5月個人消費支出+0.4%(予想+0.4%)
・米5月中古住宅販売保留件数指数-3.7%(予想-1.1%)
・NYダウ284ドル高、ドルインデックス95.81。

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【ダウ284ドル大幅高】ブレグジット・ショックの巻き戻し継続!株価の大幅高に連れポンドも上昇。当面はテーマ変わらず。投資戦略どうする?

20160630ポンド円日足チャート 20160624外為オンライン
◇29日のNYダウは284ドル大幅続伸。為替市場でも、リスク回避の中心となっていたポンドが買い戻されています。ポンド相場は24日→27日の下げ幅を考えると、小さな戻りに留まっています。売り手のショートカバーが一巡して来ると、また徐々に売りに押されそうです。投資戦略はポンド戻り売りです。今晩は米独で経済指標の発表がありますが、市場はブレグジット・ショックの直後とあって、ショートカバーの強さをチャートや値動きから確認するだけの相場になるでしょう。他では本日は月末となるため月末がらみの売買。明日は日銀短観、日銀版コアコアCPI、中国PMI、米6月ISM製造業景況指数とかなり重要な指標が発表されます。ブレグジット・ショックからの買い戻しの最中ですが、明日に関しては指標の結果が日米金融政策に影響を与えそうです。内容をよく見ておきたいところです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【動画】引き続きブレグジット受けたポンド相場に注目!他の材料霞む。投資家も政治家も経営者もブレグジットの行方に関心大。投資戦略どうする?

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。


6/28の主な材料【経済指標と要人発言】
・米4月S&Pケースシラー住宅価格指数+5.44%(予想+5.41%)
・米6月消費者信頼感指数98.0(予想93.5)
・米6月リッチモンド連銀製造業指数-7(予想3)
・NYダウドル269ドル高、ドルインデックス96.33。

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【ポンドショートカバー】ブレグジット・ショックから買い戻しもポンドロングには出来ない環境。戻り売りが良さそうか?イスタンブールの空港で爆発!

20160629ポンド円日足チャート 20160624外為オンライン
◇28日の金融市場は、ブレグジット・ショックからのショートカバーとなりました。下で買っていたドル円を半分利食っています。ポンドは安値から反発し、日足陽線となったものの、あくまでもショートカバーと見て良さそうです。この環境で、安からと言ってポンドを買う参加者は少ないでしょう。ポンドドルは1.40の壁、ポンド円は150円の壁を簡単に上抜けるのは難しいチャートです。ポンドの戻りは売り続けたいと考えております。その他、イスタンブールの空港で爆発が起きてしまい死者が出ています。市場でも短期的なリスク回避要因になるでしょう。引き続きブレグジット関連の報道とチャート、ポジションの傾きをチェックしながらトレードしていきます。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【動画】前途多難の英国経済。ブレグジットでどう変わるのか?道筋が決まるまで時間がかかりそうだが・・・欧米株価とポンド相場に注目!

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。


6/27の主な材料【経済指標と要人発言】
・英国民投票EU離脱派勝利。
・独6月Ifo景況感指数108.7(予想+0.6%)
・米5月耐久財受注-2.2%(予想-0.5%)、除輸送用機器-0.3%(予想+0.1%)
・NYダウドル610ドル安、ドルインデックス95.57。

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加