NEWS!
PICK UP!

【動画】GW中4/29-5/6はセリングクライマックスに警戒!日銀に梯子を外されたドル円は年初来安値更新107円台前半、日経先物も大暴落!

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。


4/27の主な材料【経済指標と要人発言】
・日3月全国消費者物価指数総合-0.1%(予想0.0%)、生鮮食品除く総合-0.3%(予想-0.2%)
・日銀金融政策現状維持に円高+株安。
・米1-3月期GDP速報+0.5%(予想+0.7%)
・NYダウ210ドル安、ドルインデックス93.73。

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【日銀ショック!この環境でゼロ回答はやり過ぎ】後場寄りの日本株ほとんど値が付かずパニック状態。ドル円111.67→108.75まで大暴落!

20160428ドル円15分足チャート 20160428外為オンライン
◇4/1に発表された日銀短観、鈍化する賃上げ、107円台の円高による企業業績の大幅下方修正、マイナス金利政策の不評、マイナスに転落したCPI、海外では歴史上最強の緩和策と豪語、熊本地震の発生、先週末のリーク、どこからどうみてもゼロ回答はないというコンセンサスの中、まさかの現状維持となりました。為替市場は昼休みが無いものの、株式市場は後場寄りからほとんど値が付かないパニック状態となりました。「人災」として叩かれそうですが、まずは15:30~の会見を見たいと思います。もともと現状維持に備えてポジションを小さくしておりましたが、外為オンラインは発表直後にレートが固まっており、運よく110.91で逃げることが出来ました。値が飛んでいたと思いますので、他の業者でも約定できれば逃げるチャンスはあったのかもしれません。ドル円は投機の円ロングは解消されておらず、まだ溜まったままの状態ですが、GWを控えて買って行くのも危険でしょう。様子を見るしか無さそうです。4月は戦略通りの展開で、しっかりと勝つ事が出来ましたが、最後の最後に後味の悪い損切りとなってしまいました。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【FOMC声明ややタカ派へ】米6月利上げへの可能性残す。いよいよ日銀金融政策決定会合!ポジティブサプライズかネガティブサプライズか?

20160428ドル円日足チャート 20160422外為オンライン
◇夜中3:00に発表されたFOMC声明では、世界経済・金融情勢が引き続き「リスクをもたらしている。」→「注意深く監視する。」へ変更。ややタカ派に傾けて、6月利上げの可能性を残しています。6月利上げ示唆ではなく、可能性を残して全文言を削除せず、「注意深く監視する。」を追加したあたり相変わらずの慎重姿勢ですね。本日はいよいよ日銀金融政策決定会合の結果が発表されます。追加緩和か現状維持か、仮に追加緩和があればその内容と市場の反応、政府サイドからサプライズが無いか、展望レポート、消費者物価の基調的な変動(速報)、黒田総裁会見と見どころ満載です。先に発表されるはずの消費者物価の基調的な変動(速報)を見て、あとは結果を待つよりありません。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【動画】日経平均62円安で3日続落!日銀会合への警戒感や憶測なし。注目度高く値動き荒くなる可能性、現状維持かサプライズか?

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。


4/26の主な材料【経済指標と要人発言】
・米3月耐久財受注+0.8%(予想+1.9%)、除輸送用機器-0.2%(予想+0.5%)
・2月S&Pケースシラー住宅価格指数+5.38%(予想+5.50%)
・米4月リッチモンド連銀製造業指数14(予想12)
・米4月消費者信頼感指数94.2(予想95.8)
・NYダウ13ドル高、ドルインデックス94.54。

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【円安+ドル安】米3月耐久財受注予想大幅に下回る!冴えない指標と決算受け米ハト派予想が大勢。FOMC声明6月利上げ示唆あるかに大注目!

20160427ドル円日足チャート 20160422外為オンライン
◇26日の為替市場は「円安+ドル安」でした。21:30米3月耐久財受注+0.8%(予想+1.9%)、除輸送用機器-0.2%(予想+0.5%)と予想を大幅に下回っています。アップルの決算も悪く、米国経済はまったく強くないが、他の先進国より明らかに強いという状態です。米決算の悪さ、米経済指標の悪さが、FRBへのハト派観測に繋がり、株式市場を支えています。また、米ドライブシーズンへ向けた季節要因から原油価格が堅調。WTI原油は44.04ドルへ上昇しています。堅調な原油価格も株式市場を支えています。大切な事はほとんどが季節要因であり、OPECがどうしたとか、イランがどうしたという事はあまり関係ないというところです。今晩夜中3:00には、FOMC声明が発表されます。普通に考えれば、これまでと変わらない「すべて経済指標次第。」という声明になりそうです。FOMCは基本的に利上げ時期を特定されないように濁してくるスタンスです。しかしながら、投資家のコンセンサスとズレが生じている時には、これを修正してくる傾向もあります。現状コンセンサスが12月に1回というハト派に傾き過ぎている印象です。その意味でコンセンサス修正のためのタカ派声明に注意が必要ででしょう。4月利上げはあり得ませんが、必ずしもドル安イベントではなく、ドル高イベントになる可能性があるという事です。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加