NEWS!
  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

2020年相場「株高+ドル安>円安」で終了!2021年テーマは未曾有の金融緩和と財政出動、ロックダウン懸念と実体経済正常化期待・・・。

20201231ドル円週足チャート
(出所:外為オンライン

30日の米国株は上昇、NYダウ73ドル高(+0.24%)、ナスダック19ポイント高(+0.15%)でした。為替市場はドル安>円安。

2020年相場は「株高+ドル安>円安」のトレンドで年末を迎えました。同じ流れが2021年も続いていくという見方が体勢を占めています。

相場環境が変わるまでは、株高+ドル安>円安以外の予想をする投資家は皆無でしょう。環境が変わるまでは、どこまでトレンドが進行するかだけです。

2021年前半の市場テーマは、未曾有の金融緩和と財政出動、ロックダウン懸念と実体経済正常化期待、米国内戦と米中関係です。

2020年後半にずっとやってきたテーマ「未曾有の金融緩和と財政出動」「ロックダウン懸念とワクチン期待」に米国内戦と米中関係が追加されます。

2021年前半の主要3中銀は低金利維持+量的緩和維持の見通し。FRB、ECB、日銀すべて「異次元緩和継続=政策変更なし」となりそうです。

未曾有の財政出動も継続され、実体経済を下支えしつつ、ワクチン効果によるパンデミック終息待ちとなります。

新たな材料は米次期大統領選出に絡む米国内戦と米中関係です。中国経済は、トランプ政権かバイデン政権かで、天と地ほどの違いがあります。

まずは次期米大統領の確定を確認し、米企業決算を確認していきます。本年もご購読ありがとうございました。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

米現金給付金600ドル→2,000ドル引き上げを上院共和党が阻止。日経平均1990年8月以来の高値。トレンドは株高+ドル安+円安。

20201230ドル円週足チャート
(出所:外為オンライン

29日の米国株は下落、NYダウ68ドル安(-0.22%)、ナスダック49ポイント安(-0.38%)でした。為替市場は小幅にドル安+円安。

米上院共和党は民主党と大統領が主張する現金給付金600ドル→2,000ドル引き上げを阻止しました。

日経平均1990年8月以来の高値へ上昇。この2つ以外はニュースもなく、年末らしい静かな相場となっています。

年明けは1月4日に大発会。2日3日が週末にあたるため、為替市場も4日から再開となります。

米大統領選挙以降の金融市場のトレンドは明確で、株高+ドル安+円安となっています。これがどこまで進行し、どこで調整するかを見るだけの相場です。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

トランプ大統領-追加景気対策法案署名を好感!米国株3指数揃って最高値。ポンド下落、トルコリラ大幅上昇。トレンドは株高+ドル安+円安。

20201229トルコリラ円日足チャート
(出所:外為オンライン

28日の米国株は上昇、NYダウ204ドル高(+0.68%)、ナスダック94ポイント高(+0.74%)でした。為替市場はポンド安、トルコリラは大幅高。

株式市場は、トランプ大統領が追加景気対策法案に一転署名したことを好感。株高トレンドを後押ししました。

為替市場では、ポンドが英とEUの通商交渉合意で一旦天井となり下落。変異種の拡大懸念も高まっています。トルコリラは大幅高でした。

トルコリラは11/8アルバイラク前財務相辞任でトレンド転換しており、現状は実質金利のマイナスを解消+外貨準備も増やす方針を示しており、安定しています。

引き続きトレンドは株高+ドル安+円安のリスクオンです。これがどの程度のペースで進行していくかを探るだけでしょう。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

EUもワクチン接種開始!来年1〜3月はワクチン普及とロックダウン懸念、米国内戦と米中関係がリスク要因。買い材料は金融緩和+財政出動。

20201228ドル円週足チャート
(出所:外為オンライン

先週末のNY市場はクリスマスのため休場でした。EUでもワクチン接種が開始されたものの、COVID-19変異種による感染拡大→経済活動の制限が懸念されています。

今週1週間は年末年始に絡み閑散取引が予想されます。1/6選挙人投票の開票〜1月末までの米国、そして中国に注目しています。

わかりやすい相場環境になっており、買い材料は引き続き未曾有の金融緩和+財政出動、ワクチン普及による実体経済の回復期待です。

リスク要因は1/6〜始まる米国内戦の激化と中国の政局、感染拡大による経済活動の制限(ロックダウン懸念)です。

あとは需給で相場の方向性が決まります。現在のトレンドは「株高+ドル安」です。どこまで続くか?どこで調整するか?を探っていきます。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

【動画】年末拡大版:2020年株式市場、為替市場の総括。2021年金融市場の見通し。

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。


・2020年株式市場、為替市場の総括。
❶2019年12月の市場コンセンサス。
❷3月期末・年度末へ向け大混乱。
❸未曾有の金融緩和と財政出動。

・2021年の相場見通し。
❶2020年12月の市場コンセンサス。
❷短期的なリスク要因。
❸長期的なリスク要因。
❹予想。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて公開・配信しています。

・FXポータルサイト・ザイFX!「なんで動いた?昨日の相場」コラム執筆中!    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero