NEWS!
PICK UP!

今なぜ「投資」が必要とされ始めたのか?〜不毛なラットレースを抜け出し「真」富裕層に駆け上がるために不可欠な思考とは〜

真の富裕層になるための投資とは?真の富裕層になるための投資とは? まもなく「平成」が終わり、新しい元号に変わります。平成は「バブル崩壊」から始まり「失われた20年」「リーマン・ショック」「東日本大震災」「アベノミクス」など、色々な出来事がありました。どちらかと言えば、明るい話題よりも暗い話題の多い時代になってしまいましたね。

バブル崩壊〜失われた20年の悪影響から「少子高齢化」が急激に加速。昭和の時代まで機能していた年金・社会保障制度の維持が困難になりました。これに対し政府は「NISA(ニーサ)」「ジュニアNISA]「つみたてNISA」など、次々と少額投資非課税制度を導入。さらに個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)も導入。

明らかに「(国に頼らず)自分の年金は自分で作ってください」という宣言ですね。新しい時代・新しい世代には「お金に関する知識(金融リテラシー)」が求められるでしょう。一億総投資家時代を前に、どのような長期ビジョンを持って「真」富裕層に駆け上がれば良いのか?以下の3ステップがその答えになります。

ステップ①:キャピタルゲイン(差益)狙いの短期売買、もしくは労働によって資金を作る。

ステップ②:作った資金を、インカムゲイン(金利・配当・賃料)狙いの長期投資(高金利通貨・株式・不動産)に入れる。

ステップ③:インカムゲインを再投資(複利)へ回す。

労働なんて言うと凄くシビアな感じもしますが、短期売買を行うトレーダーも労働者です。生まれながらに資産家でもない限り、労働をして元手資金を作るという行為は避けられません。生まれながらに資産家の方は、ステップ②〜ステップ③を繰り返し、さらなる富裕層を目指すことになります。

いま私が実行している投資先をまとめました。株式への長期投資は、不景気サイクルが来るのを待っています。海外不動産も円高+不景気の時に増やしたいところ。手数料のかかる投資信託やファンドはやっていません。自分で運用した方が成績が良いかと思います。FX短期売買とトルコリラ円への長期投資を進めています。

ステップ①:キャピタルゲイン(差益)狙いの短期売買、もしくは労働によって資金を作る。
・FX短期売買(スキャルピング・デイトレード・スイングトレード・自動売買)

ステップ②:作った資金を、インカムゲイン(金利・配当・賃料)狙いの長期投資(高金利通貨・株式・不動産)に入れる。
・高金利通貨(トルコリラ円・南アフリカランド円)
・不動産投資(海外のみ)

ステップ③:インカムゲインを再投資(複利)へ回す。
・高金利通貨(トルコリラ円・南アフリカランド円)
・不動産投資(海外のみ)

日本の不動産投資をやる予定はありません。賃料や売却益によって直接「外貨を稼ぎたい」という理由からです。投資手段を選ぶ際には、誰もやっていない新しい投資先であったり、元手資金を回収できる年数を計算できない投資先は避けるべきかと思います。伝統的な株式と不動産、高金利通貨へ分散すれば十分でしょう。

①株式の「配当金」
②FXの「スワップ金利」
③不動産の「賃料」

この3つで十分でしょう。新しい「金融商品らしきもの」や、参加者の少ない不透明な投資先は、詐欺が多いですから近寄らない事ですね。誰も知らない投資先を探すよりも、上記3つの投資手段を徹底的に研究すべきです。莫大な資産を保有している方は、海外の米ドル定期預金などもやっています。

次はFX取引口座を選ぶ際のポイントです。ここでは実際に私がメインで使っている口座を紹介します。

①短期売買(スキャルピング・デイトレード・スイングトレード)専用口座。

SBI FX・・・取引コスト(=スプレッド)の安さ、SBIグループの規模・信頼性、親切な顧客対応の3拍子が揃った業者です。短期トレードは売買(取引)回数がもっとも多くなります。取引コスト(=スプレッド)が安くて信頼できるSBI FXが一番良いと思います。私も短期売買ではここをメイン口座にしています。

→さらにSBI FX詳細を確認する

②長期投資(スワップ金利)専用口座。複数の業者に分散して保有しています。

ヒロセ通商LION FX・・・スワップ金利を目的とする長期投資では、まず金利の高い業者を選ぶのは鉄則です。ヒロセ通商LION FXは伝統的に高金利を提供してきた歴史があります。おそらく今後も高スワップ金利が期待できるでしょう。

→さらにヒロセ通商LION FX詳細を確認する

GMOくりっく証券(くりっく365口座)・・・公設の取引所である「くりっく365」も比較的高いスワップ金利が付与されています。GMOくりっく証券に口座があれば、証券CFD(株式)や商品先物(金・原油)なども取引可能で凄く便利です。

→さらにGMOくりっく証券(くりっく365口座)詳細を確認する

みんなのFX・・・トルコリラ円ではトップレベルの高金利を付与している話題の業者です。みんなのFXは、親がトレイダーズ証券なので資金力はあると思います。今後もトップレベルの高金利が続くのか?注目の業者です。
トルコリラ円スワップ金利が高い!
→さらにみんなのFX詳細を確認する

③自動売買システム専用口座。

外為オンライン・・・ここの追尾型iサイクル注文という自動売買システムはとても優秀です。FXは24時間相場が動いています。寝ている間も仕事中も、iサイクル注文が自動的に売買を繰り返してくれます。手数料が少し高いので、下がって来ることにも期待。自動売買は外為オンラインでのみトレードしています。

→さらに外為オンライン詳細を確認する
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

【自動売買】寝ている間も、仕事中も、24時間自動で稼いでくれる!外為オンラインiサイクル注文が優秀。

外為オンラインの自動売買
FXのスキャルピングでは、長年手動でIF DONE(イフダン)注文を設定し、ドル円・豪ドル円・ユーロドルを中心に利益を積み上げて来ました。手動・自動合わせれば、利益は2000万円を超えています。直近でも長期間ユーロドル買いで自動追尾型の「iサイクル注文」を設定し、数百万の利益を積み上げることが出来ました。今週17日~ユーロドル買いを解消し、一時的にユーロドル売りに切り替えています。

iサイクル注文イメージ
過去の自動売買システムでは、あらかじめレンジを設定し、その中でしか利益を出せず、自分としては全く使い物になりませんでした。その後、自動追尾型の「iサイクル注文」がリリースされ、ようやくスキャルピングを自動化することに成功しています。スキャルピングに限れば、今後は自動追尾型のシステムが主流になっていくと見ています。手動で設定した時に比べると、格段に労力と機会ロスが減りました。

iサイクル注文マトリクス方式
私の場合、すべてマトリクス方式で、売りか買いかを設定して使っています。相場観で中期の方向を決め、同じ方向へ徹底的に売買を繰り返します。「iサイクル注文」は予想が外れると、1回の損切り金額が大きくなります。それでも相場観が当たっている時と、レンジ相場に入り込んでいる時の利益が大幅に上回っています。

iサイクル新規注文画面
もともとIF DONE(イフダン)を使い、手動でスキャルピングをしている方には大変便利なシステムです。新たにチャレンジしたい方は、どのように注文が入り→約定し→決済されるのか、1000通貨で試してみたほうが無難でしょう。デメリットは売買手数料と通貨ペアの少なさです。自動追尾型システムは、今後スキャルピングで主流になっていくはずです。手数料引き下げと、取引通貨ペア増など、改善に期待したいところです。

→自動追尾型の売買システム「iサイクル注文」    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero