NEWS!
PICK UP!

トルコ・リラ暴落!エルドアン大統領の政策スタンスに格付け会社が懸念表明。対ドルで4.8付近、対円では22円台をつける場面も。

20180523ドルトルコリラ日足チャート
22日の為替市場は、ロンドン時間ポンド中心に動きがあったものの、東京やNY時間は目新しい材料なく小動きでした。BOEブリハ委員が、財務特別委員会で「政策金利は今後数年で0.25%から0.50%上昇する」との見通しを発表しています。その他、エルドアン大統領の発言以降、売り圧力が強まっているトルコリラは暴落しました。

エルドアン大統領は、トルコ中銀の通貨安防衛(利上げ)を阻止する構えを見せており、急速に経済破綻へ向かっています。6/24大統領選挙に勝利した場合、利下げ?を主張しており通貨安懸念から資金流出が加速しています。原油価格の上昇もダブルパンチで、国民生活には大きな打撃。企業も対外債務の支払いが困難になるのが目に見えています。

トルコは破綻秒読みになっているにも関わらず、エルドアン大統領が破綻を加速させる政策をとる構え。これに投資家も格付け会社も首を傾げています。先進国含めた金融市場全体へ、トルコ破綻懸念が広がってくるか注目していますが、今のところは広がっていません。原油高+ドル高に苦しむ他の新興国(アルゼンチン・インドネシア・ブラジルなど)もよく見ておきます。

6/24トルコ大統領選挙へ向け、引き続きトルコ問題に注目。トランプ大統領関連では、やはり「米中貿易戦争」と「米朝首脳会談」に注目が集まります。本日は欧州圏のPMI、英4月消費者物価指数、米4月新築住宅販売件数、FOMC議事録(5/1-2分)が発表されます。トルコ・リラの値動きと併せて注目しています。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

(動画)日経平均42円安!ドルは上昇一服し揉み合いへ。今晩は主な材料予定されておらず、原油価格とドル・トルコリラを見るだけか?

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。

5/21の主な材料【経済指標と要人発言】
・ムニューシン米財務長官「米中貿易戦争を保留、関税措置もいったん保留」
・ポンペイオ米国務長官「イランに最強の制裁を科す」
・米10年債利回り3.058%、ドルインデックス93.54。
・NYダウ298ドル高(+1.21%)、ナスダック39ポイント高(+0.54%)

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

NYダウ298ドル高!ムニューシン米財務長官の貿易戦争・関税措置の保留発言を好感。ドルインデックス94到達から小反落。

20180522豪ドル円日足チャート
21日のNYダウは298ドル高(+1.21%)、ナスダックは39ポイント高(+0.54%)でした。米FOXテレビに出演したムニューシン米財務長官の「貿易戦争を保留、関税措置もいったん保留」との発言が好感されました。週明け東京時間朝方から、NYダウ先物は200ドル超上昇して推移し、欧米時間に上げ幅を拡大しました。

その他、WTI原油が72.35ドルへ上昇し、豪ドル・カナダドルなどの資源国通貨が堅調に推移しました。豪ドル円は84円台前半、カナダドル円は86円台後半まで上昇しました。ドルインデックスは一時94ポイントへ上昇、その後は小反落して93.54ポイントで引けています。米10年債利回りは3.058%でした。

苦境に立たされているトルコリラは売りが止まらず、対ドルで4.5を突破して大きく売り込まれています。6/24トルコ大統領選挙へ向け、かなり厳しい展開になりそうです。トルコリラ円は24円台前半と価格は安くなっていますが、安易に反転を狙って買わないほうが無難でしょう。どうしても買いたいのであれば、小さいLotでレバレッジをかけずにやるべきです。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

(動画)日経平均23,000円、ドル円111円台へ!6/12-13FOMC〜6/24トルコ大統領選あたりで潮目変わるか?

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。

5/18の主な材料【経済指標と要人発言】
・日4月消費者物価指数・総合0.6%(前回1.1%、前々回1.5%)
・生鮮食品を除く総合0.7%(前回0.9%、前々回1.0%)
・生鮮食品及びエネルギーを除く総合0.4%(前回0.5%、前々回0.5%)
・米中通商協議(17-18日ワシントン)「(米製品の)購入を大幅に増やす事で合意」
・最新(5/15付け)IMMユーロロング115,114枚。
・米10年債利回り3.058%、ドルインデックス93.67。
・NYダウ1ドル高(-0.00%)、ナスダック28ポイント安(-0.38%)

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

米中貿易戦争懸念が後退「(米製品の)購入を大幅に増やす」に留まる。6月FOMCでドル高の流れ変わるか?新興国リスクに警戒。

20180521ユーロドル日足チャート
米中通商協議(17-18日ワシントンで開催)の共同声明が発表されました。具体的な金額は発表されず、ただ単に「(米製品の)購入を大幅に増やす事で合意」とだけ発表されました。週明けの市場は、米中貿易戦争懸念後退を受け、リスクオンで始まっています。

最新(5/15付け)のIMMユーロロングは、115,114枚へ小幅減少しました。それでも未だユーロロングに傾いており、ユーロドルの下落余地があると思われます。ドル高トレンドは、6月FOMC前後で潮目が変わる可能性が高いと見ています。

直近の米10年債利回りとドルの上昇スピードが速いため、FRBの舵取りが難しくなるでしょう。G20やIMFはFRBに対し「(金融政策において)新興国に配慮して欲しい」という要望を出して来そうな展開になっています。

夏場のリスクは新興国(特にアルゼンチン、トルコ、ブラジル、インドネシア)になりそうです。原油高+ドル高+米金利上昇を受けて苦境に立たされています。新興国リスクが波及してくれば、先進国市場も「このままリスクオン一辺倒にはならない」と予想しています。

今週の経済指標・イベントでは、23日(水)欧州圏のPMI、英4月消費者物価指数、米4月新築住宅販売件数、FOMC議事録(5/1-2分)、24日(木)米4月中古住宅販売件数、25日(金)独5月Ifo景況感指数、米4月耐久財受注に注目しておきます。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero