NEWS!
PICK UP!
       
最新記事 為替&株式・動画解説

(動画)本邦5月全国消費者物価指数・生鮮食品を除く総合+0.7%、生鮮食品及びエネルギーを除く総合+0.3%、前月に続き低迷!

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。

6/21の主な材料【経済指標と要人発言】
・英BOE議事録→3人の委員が利上げ支持、前回から増加。
・米6月フィラデルフィア連銀製造業指数19.9(予想29.0)
・米10年債利回り2.897%、ドルインデックス94.85。
・NYダウ196ドル安(-0.80%)、ナスダック68ポイント安(-0.88%)

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

NYダウ8日続落!日足200日線サポートできるか?ユーロドル1.15-1.165抜けるか?本邦CPI、OPEC総会、トルコ大統領選にも注目。

20180622NYダウ先物日足チャート
21日のNYダウは8日続落、日足200日線が近づいてきました。NYダウは196ドル安(-0.80%)、ナスダックは68ポイント安(-0.88%)でした。ドルは米6月フィラデルフィア連銀製造業指数19.9(予想29.0)と、米中貿易摩擦懸念を背景に下落しています。BOE金融政策・議事録では、利上げ指示が3人と前回から増加しました。英利上げ観測が高まりポンド買いで反応しました。

本日はOPEC総会、24日はトルコで大統領選が予定されています。ユーロドルは1.15-1.165レンジで推移しており、どちらに抜けるか注目。トルコ大統領選では、エルドアン現大統領が単独過半数を獲得できるか?それとも7/8決選投票となるか?結果と週明けのトルコリラ相場に注目しています。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

ドル堅調!ドルインデックス95point台で推移。ナスダック最高値更新、米中貿易摩擦に無関係なハイテク関連が堅調。リスク回避は一服へ。

20180621ドル円日足チャート
20日はECBフォーラムでの4中銀総裁発言に関心が集まりましたが、市場の反応は限定的でした。全体では小幅にドル高が進行しています。ドルインデックスは95ポイント台で推移。先週末から今週初めにかけ、高まっていた米中貿易摩擦への懸念も薄れてきました。7月か8月に関税導入の件で、またリスク回避になる場面があるかもしれません。結局ドル円は110.40台へ小幅上昇、ユーロドルは1.15台後半で揉み合い。

ユーロドルは昨日ノボトニーオーストリア中銀総裁発言を受け、一時1.1537へ急落する場面がありました。それでも1.15台前半は底堅く、すぐに1.15台後半へ値を戻しています。経済指標は、米5月中古住宅販売件数543万件(予想552万件)でした。本日は20時にBOE金融政策・議事録が発表されます。引き続きユーロドル1.15割れトライがあるか?14日のショートカバーで1.16台へ戻っていくか?注目しています。

最近活発な動きを見せていた欧州勢が、サッカー・ワールドカップに夢中で動きにくいというのもありそうです。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

(動画)ユーロドル3度1.15割れトライあるのか?今晩ECBフォーラム大詰め。主要4中銀総裁のパネルディスカッションに注目。

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。

6/18の主な材料【経済指標と要人発言】
・米5月住宅着工件数135.0万件(予想131.1万件)
・米5月建設許可件数130.1万件(予想135.0万件)
・米10年債利回り2.897%、ドルインデックス95.00。
・NYダウ287ドル安(-1.15%)、ナスダック21ポイント安(-0.28%)

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

米中貿易摩擦でボーイングやキャタピラー売られる!ただし、リスク回避圧力それほど強まっていない。上海総合指数3,000ポイント割り込む。

20180620ユーロドル時間足チャート
19日は米中貿易戦争激化懸念を受け、上海総合指数や豪ドルが急落しました。NYダウは一時419ドル大幅安となる場面があったものの、その後は下げ渋りました。結局、NYダウは287ドル安(-1.15%)6日続落、ナスダックは21ポイント安(-0.28%)でした。中国関連でボーイングやキャタピラーが大きく下げています。

それでもリスク回避一辺倒という値動きでもなく、クロス円もユーロも底値からそれなりに戻しており、今後どちらへ動くか難しい展開になっています。トレードではポンド円ショートが利益になりました。その他、ユーロドルを戻り売りしていましたが、昨日ロンドン→NY時間と2回1.15下抜けに失敗したため、念のためポジションを閉じました。

為替市場はもともとポジションの傾きが少なく、NYダウも6日続落とはいえ、その前の上昇を考えると「横這い」に見えます。リスクオンもリスクオフも、一方的にはなりにくい相場環境かと思います。上手く逆張りで入って利食える時に利食うのが良さそうです。

今晩はECBフォーラムにてパウエルFRB議長、ドラギECB総裁、黒田BOJ総裁、ロウRBA総裁がパネルディスカッションをする予定になっています。それぞれの発言を受けてユーロドル中心に動きがありそうです。ただし、予想するのは困難なため、チャンスにはならないでしょう。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero
NEWS!