NEWS!
  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭固定に!

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭固定に![時間限定]

  • YJFX![外貨ex]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

モルガン・スタンレーが好決算!米12月小売売上高、米1月フィリー指数も堅調。米国株大幅上昇、米中第1段階合意からの上げ継続。

20200117ポンド円日足チャート
(出所:外為オンライン

16日の米国株は上昇、NYダウ267ドル高(+0.92%)、ナスダック98ポイント高(+1.06%)でした。為替市場は円安+ドル高。

米金融大手モルガン・スタンレーは非常に強い決算を発表、米経済指標も予想を上回って好材料目白押しの1日となりました。

米12月小売売上高0.3%(予想0.3%)、除く自動車0.7%(予想0.5%)、米1月フィラデルフィア連銀製造業景気指数17.0(予想3.8)でした。

トルコ中銀は政策金利を12.00%→11.25%へ利下げ、過去4回に比べて大きく利下げ幅が鈍化。南ア中銀も6.50%→6.25%へ利下げしました。

NYダウは昨年11月から2,300ドル幅で上昇。昨日引け際の上げにより、値ごろ感から売っていた投資家は踏み上げられたと見ています。

経験則上、高値圏や安値圏ではストップロスオーダーを巻き込まないと、大きな動きにならないためです。

28,000ドル台で売っていたNYダウ先物が含み損になってしまいました。ここまで短期間に上がってしまうとは予想出来ませんでした。

この先は売り増しをせず、上げ止まりを確認してから売り増し→米大統領選挙までに決済する方針です。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

(動画)海外投機筋もクリスマス休暇か?来週26日から実質2020年相場入り。米国株過去最高値、日経平均2万4千円でも円安限定的。

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。

12/17の主な材料【経済指標と要人発言】
・英ジョンソン首相→離脱後の移行期間延期しない方針。
・米11月住宅着工件数136.5万件(予想134.5万件)
・米11月建設許可件数148.2万件(予想141.8万件)
・米11月鉱工業生産1.1%(予想0.8%)
・米10年債利回り1.880%、ドルインデックス97.19。
・NYダウ31ドル高(+0.11%)、ナスダック9ポイント高(+0.10%)

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて公開・配信しています。

・FXポータルサイト・ザイFX!「なんで動いた?昨日の相場」コラム執筆中!    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

米国株最高値更新!11月の住宅関連指標が堅調、鉱工業生産も予想上回る。為替市場はポンド安、ジョンソン首相が移行期間の延期阻止へ。

20191218ポンド円日足チャート
(出所:外為オンライン

17日の米国株は小幅上昇、NYダウ31ドル高(+0.11%)、ナスダック9ポイント高(+0.10%)でした。為替市場はポンドが下落。

英ジョンソン首相は、離脱後の移行期間を延期しない方針を表明。EUとの貿易協定締結への不安からポンドが売られました。

経済指標は、米11月住宅着工件数136.5万件(予想134.5万件)、建設許可件数148.2万件(予想141.8万件)、米11月鉱工業生産1.1%(予想0.8%)と、いずれも強い結果でした。

米国株は3指数揃って小幅に過去最高値更新、VIX指数も低水準で安定しています。新たな材料が出ない限り、クリスマス明けまで静かな相場が続きそうです。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

第1段階合意、米中経済指標の改善受け米国株最高値!来年は米大統領選挙がテーマに。FRB利下げ余地わずか、ECB・日銀は余地なし。

20191217ポンド円日足チャート
(出所:外為オンライン

16日の米国株は上昇、NYダウ100ドル高(+0.36%)、ナスダック79ポイント高(+0.91%)でした。為替市場は大きな動きなし。

引き続き米中第1段階の合意が意識され、米中の経済指標も改善が見られました。株高は第1段階合意から10日間くらいが短期的な賞味期限と見ています。

来年2020年相場は米大統領選挙がテーマに。前半は民主党指名候補争いに注目、後半はトランプ再選なるかに注目でしょう。

FRBの利下げ余地はわずか、ECB・日銀は利下げ余地なし。株価が過去最高値でも金利を正常化できないのが辛いところ。

株価が過去最高値やバブル後の高値へ向かっているにも関わらず、利下げ余地がないというのが将来のリスク要因です。

今朝方はポンドが急落しました。織り込み済みの保守党勝利で買い過ぎた分の調整か?147円台で売っていたポンド円を一部利食いました。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

ようやく米中通商協議「第1段階」合意、英保守党も過半数獲得へ!リスクオンの株高+円安+ポンド高。どこまで「買い」が続くか?

20191213ポンド円日足チャート
(出所:外為オンライン

12日の米国株は上昇、NYダウ220ドル高(+0.79%)、ナスダック63ポイント高(+0.73%)でした。為替市場は円安+ポンド高。

米中通商協議「第1段階」がようやく合意に達し15日の追加関税は回避されました。英保守党も出口調査で過半数獲得。リスクオンで反応しています。

現在のリスクオン相場(株高+円安+ポンド高)が、どこまで継続するのか?個人的にはそれほど長続きしないと見ています。

やっと米中貿易戦争とブレグジットがひと段落しました。来年は米大統領選へ投資家の関心が移っていくでしょう。トレードしやすくなります。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero