NEWS!
  • SBIFXトレードが、ドル円のスプレッドを0.27銭原則固定に!

  • LIGHTFXが、ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に![時間限定]

  • 外為どっとコムが、ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定(例外あり)に!

  • LION FXが、ドル円のスプレッドを0.3銭固定に!

  • JFX[マトリックス]が、ドル円のスプレッドを0.3銭固定に!

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に!

  • みんなのFXが、ドル円のスプレッドを0.3銭固定に![時間限定]

  • YJFX![外貨ex]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に!

PICK UP!

EU離脱案は大差で否決!英国とEU合意なき離脱回避では一致。ブレグジット不透明感と欧州景気減速でユーロ安。引き続き米企業決算に注目。

20190116ポンドドル日足チャート
15日の米国株は上昇、NYダウ155ドル高(+0.65%)、ナスダック117ポイント高(+1.71%)でした。ネットフリックスの値上げを受け、米ハイテク関連が上昇しました。ダウは24,000ドル、ナスダックは日足50日線を回復しました。為替市場はEU離脱案が否決されたものの、ポンド相場は小幅乱高下にとどまりました。英国のみならず、欧州も景気減速懸念が強いことから、合意なき離脱回避では一致しています。引き続き米企業決算に注目しておきます。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

ポンド売り+ドル買いが進行!米中貿易戦争緩和期待と欧州通貨売りがドル高支援。欧州景況感悪化、ECB利上げ遠い。明日ECB金融政策発表。

20181212ポンドドル日足チャート
11日は「英メイ首相の不信任投票に十分な支持獲得」との報道を受け、ポンドが売られました。景況感の悪化から、利上げが遠のきそうなユーロも軟調、代わりにドルが買われています。米中貿易戦争の緩和期待もドルを下支え。

米国株式市場は、NYダウ53ドル安(-0.22%)、ナスダック11ポイント高(+0.16%)でした。

12/4付けIMMポジションでは、円ショート109,766、ユーロショート60,776、ポンドショート39,750、豪ドルショート50,755となっています。ドルは2年ぶり高水準まで買いが溜まっており、ドル買いの限界点を探る展開になりそうです。

本日は22:30米11月消費者物価指数、明日は21:45ECB金融政策、22:30ドラギ総裁会見に注目しておきます。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

EU離脱案採決延期!大差で否決される見通し受け。為替市場は「ポンド売り+ドル買い」ドル円112円、ダウ24,000ドルをサポートして反発。

20181211ポンドドル週足チャート
10日は翌日に予定していたEU離脱案の議会採決が「延期」となりました。英メイ首相は「明日投票に踏み切れば、大差で否決される」と発言しています。いつまで延期するかには触れておらず、合意なき離脱(ハードブレグジット)懸念からポンドが売られました。採決延期を受け、ポンドドルは年初来安値を更新しています。

原油価格は下落し、ドルは上昇しました。ドル円は112円台前半が底堅く、安値から1円以上反発しました。米国株は大幅安から切り返し、NYダウ34ドル高(+0.14%)、ナスダック51ポイント高(+0.74%)でした。NYダウは24,000ドルがサポートラインとなっています。

EU離脱案採決が延期になり、FOMCを来週に控えていることから、米インフレ関連指標と米11月小売売上高に一応注目。例年通りなら、クリスマス休暇を意識した閑散相場の時期ですが、今年は米中サイバー戦争激化に絡む報道で相場が動きそうです。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

米11月ISM製造業景況指数59.3予想上回る。ドルは小幅下落。12/5武田シャイアー買収が大詰め。12/11英議会採決でEU離脱協議も大詰め。

20181204ポンド円日足チャート
週明けの株式市場は、米中貿易摩擦激化懸念の後退を受け上昇。NYダウ287ドル高(+1.13%)、ナスダック110ポイント高(+1.51%)でした。為替市場は小幅ドル安。経済指標は、米11月ISM製造業景況指数59.3(予想57.5、前回57.7)と強い結果。米国株が戻している事もあり、12月利上げ実施の可能性が高まりました。

米ダラス地区連銀カプラン総裁の発言からも、世界経済の成長エンジンが無くなってきているのは明らか。力強い経済成長が見込めないという前提なら、インフレのオーバーシュートを容認しても良さそうだという結論に行き着くと思われます。やはり来年以降の利上げペースは、緩やかになる可能性が高いと考えられます。

明日、12/5は武田薬品によるシャイアー買収が大詰めを迎えます。臨時株主総会を開いて、買収が決まる見通し。ポンド円がこれに反応するか注目しています。12/11は英議会採決でEU離脱協議も大詰め。この採決結果には、ポンド相場が大きく反応しそうです。その他、12/7米11月雇用統計にも注目。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

EU離脱交渉「離脱協定案」「政治宣言案」正式合意!議会承認得られるか?ポンド窓開け上昇から窓埋めへ。感謝祭明け米株式市場にも注目。

201811216ポンドドル日足チャート
週末はブリュッセルで開催されたEU首脳会議にて、EU離脱交渉の「離脱協定案」「政治宣言案」に正式合意となりました。正式合意を受け、週明け時間外のポンド相場は窓開け上昇スタートになったものの、窓を埋めて上値の思い動きが続いています。今後は英議会で承認を得られるかに関心が集まっており、万一過半数の賛成が得られない場合、再びハードブレグジット(合意なき離脱)懸念が高まりそうです。

ユーロ相場は、独・ユーロ圏の11月製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値が予想を下回り、景気減速懸念から売られました。イタリア予算案も引き続きユーロの重しとなっています。今週はブエノスアイレスG20で米中の歩み寄りが見られるか?イタリア予算案、12月FOMCへ向けたFRB当局者発言、ブラックフライデー・サイバーマンデー〜クリスマス商戦、感謝祭明けの米株式市場が材料になりそうです。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero