NEWS!
  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に!

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

円全面安!ドル円・クロス円押し目買いへ戦略転換。過去10年で大負け2回、2016年トランプラリーと今回。いずれも暴騰に巻き込まれる。

20200603ポンド円日足チャート
(出所:外為オンライン

2日の米国株は上昇、NYダウ267ドル高(+1.05%)、ナスダック56ポイント高(+0.59%)でした。為替市場は円全面安。

株式市場は悪材料に反応しなくなり、緩和マネーによるバブル化の様相。株高の歯止めがかからない中、動かなかったドル円も大きく上昇しました。

売りでは勝てない相場と判断し、投資戦略をドル円・クロス円押し目買いへ転換しました。下がったところを買い続ける方針です。

2010年から過去10年間を振り返ると、記憶している大負けは2回。2016年トランプラリーと今回。いずれも暴騰に巻き込まれました。

基本的に売りのスタンスでトレードしているため、大暴落は免れてきました。今後は暴騰時に逃げ遅れないよう対策を考えます。

ただし、ある程度は粘ってみないと損切りばかりのトレードになるため、バランスが大切かと思います。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

短期投機筋の手仕舞いか?ユーロ上がらず、ポンドと豪ドルが大幅高!米5月ISM製造業景況指数43.1ポイント。抗議デモ全米へ拡大。

20200602ポンド円日足チャート
(出所:外為オンライン

1日の米国株は上昇、NYダウ91ドル高(+0.36%)、ナスダック62ポイント高(+0.66%)でした。為替市場はポンドと豪ドルが堅調。

為替市場では単なるリスクオンではなく、通貨ごとにバラ付きのある値動きでした。これまで強かったユーロが上がらず、ポンドと豪ドルが大幅高。

短期投機筋は過去数ヶ月「ユーロ買い+ポンド売り+豪ドル売り」のポジションを作ってきました。これを手仕舞う動きだったと見ています。

本日も残っているポジションを手仕舞うため、ポンドや豪ドルが下がったところでは買い戻しが入りやすいでしょう。

経済指標では、米5月ISM製造業景況指数43.1(予想432.5、前回41.5)と前回から小幅改善。予想は下回っています。

中国政府は米国からの農産品や豚肉の輸入停止を指示したとの観測記事が出ています。

米国ではミネソタ州で黒人男性が警官に暴行を受けた件に関する抗議デモが、全米へ拡大しています。

トレードでは、売っていたポンド円を一部損切りしました。上昇が落ち着いてから売り直す方針です。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

トランプ大統領-中国に対する即時制裁なし。香港への優遇措置撤廃を指示。通商交渉への言及もなし。為替はロンドンフィキシングで乱高下。

20200601ポンド円日足チャート
(出所:外為オンライン

29日の米国株はまちまち、NYダウ17ドル安(-0.07%)、ナスダック120ポイント高(+1.29%)でした。為替市場はユーロ高。

月末のロンドンフィキシングにより為替は乱高下しました。欧州新型コロナ復興基金案を受けてユーロが続伸。

市場の注目を集めていたトランプ大統領の会見では、香港国家案税法に対する即時制裁は出ず、香港への優遇措置撤廃を指示するに留まりました。

米中が第1段階合意済みの通商交渉への言及もなく、肩透かしとなりました。その他、WHOとの関係を断絶しています。

先週の金融市場では米中対立が唯一のリスク要因でした。それが肩透かしに終わったため、リスクオン方向へ高止まりして引けました。

今週は米重要指標から、経済活動停止を受けた底打ち感を確認する1週間となりそうです。例年6月、8月は円高に振れやすい時期になります。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

ユーロ上昇、新型コロナウイルス復興基金案を好感した買い継続。トランプ大統領のSNS規制と29日(金)中国に関する会見が株価の重し。

20200529ポンド円日足チャート
(出所:外為オンライン

28日の米国株は下落、NYダウ147ドル安(-0.58%)、ナスダック43ポイント安(-0.46%)でした。為替市場はユーロ高。リスクオンで円安+ドル安。

ユーロは前日に発表された新型コロナウイルス復興基金案を好感した買いが継続。ユーロが牽引する格好でポンドや豪ドルも堅調でした。

トランプ大統領はSNSを規制する大統領令に署名。香港国家安全法の導入決定を受け、29日(金)中国に関して会見を行うと発表しています。

本日はトランプ大統領の中国に関する会見待ちとなりそうです。制裁措置の強弱感や中国の対抗措置に関心が集まっています。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

NYダウ529ドル高(+2.17%)溢れかえる緩和マネーをワクチン開発が後押し。為替市場は円安+ドル安、ポンドや豪ドルが強い。

20200527ポンド円日足チャート
(出所:外為オンライン

26日の米国株は上昇、NYダウ529ドル高(+2.17%)、ナスダック15ポイント高(+0.17%)でした。為替市場はリスクオンの円安+ドル安。

市場に溢れかえる緩和マネーに、経済活動再開やワクチン開発に関する前向きな報道が火をつける格好で株価が上昇しました。

為替市場は株高によるリスクオンから円安+ドル安。特にポンドや豪ドルが強い動きでした。

今週は経済活動再開+無制限緩和による株高と、香港に対する国家安全法が導入された場合の米政権・米議会の制裁に関心が集まっています。

まずは明日28日(木)に国家安全法が導入されるか?導入が決定した場合には週末にかけて米政権がどのような制裁を課すのか?これらを確認していきます。

チャート上はポンド安のトレンドが終わり、上昇に転じました。新たな材料(米政権の制裁)によって方向が変わるか注目。

6月以降はEU離脱交渉、英中銀金融政策に注目。インドや東南アジアが雨季に入るため、サバクトビバッタにも注目しています。

→詳しい投資戦略や保有ポジションは有料メルマガにて配信しています。
   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero