NEWS!
PICK UP!

【動画】ドル円、豪ドル円、ユーロ円GW中の投資戦略どうする?豪金融政策、米雇用統計、欧州選挙とイベント多い。

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日14~15時くらいを予定しています。


4/27の主な材料【経済指標と要人発言】
・(米) 第1四半期GDP・速報値 [前期比年率]+2.2%(予想+2.5%)
・(米) 第1四半期個人消費・速報値+2.9%(予想+2.3%)
・(米) 4月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値76.4(予想75.7)

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【試練の5月相場入り】1日(豪) RBAキャッシュターゲット利下げ濃厚で豪ドル売られやすいか?クロス円の暴落には注意!

20120428豪ドル円日足チャート 20120430外為オンライン
今週はGWで東京市場の休場が多いなか、欧米を中心に大きなイベントが多数発表されます。まず1日(豪) RBAキャッシュターゲットでは4.25%→4.0%への利下げが見込まれており、今後も緩和的なスタンスを継続する声明となれば豪ドルは軟調に推移しそうです。先週末はドル円・ユーロ円が下落する中、下げずに終わった豪ドル円、NZドル円は試練の5月相場となりそうです。GW明けの5/7にはイベント次第でクロス円も大きく上昇しているかもしれませんが、下支えの弱い中で大きなイベントが続きますのでポジションは小さくするか持たないのが無難かと思います。デイトレでは週末6日に「仏大統領選決選投票」と「ギリシャ総選挙」を控えていますのでユーロ中心に参加したいと思います。豪ドルにも注目しています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【豪ドル円相場見通し4/30-5/4】5/1RBAキャッシュターゲット豪利下げ観測で軟調か?81円台半ばから買い下げ開始、暴落には注意!

20120428豪ドル円日足チャート 20120428NZドル円日足チャート
来週4/30-5/4豪ドル円相場の見通しと投資戦略です。5/1には注目の豪RBAキャッシュターゲットを予定しています。直近、豪ドルは利下げ観測が高まっており0.25%の利下げとなる見通し。ポイントは今後もさらに利下げする可能性があるのかを声明から探ることになりますが、豪当局やNZ当局は数年前までは自国通貨高に比較的寛容なスタンスだったものの、最近では豪・NZともに自国通貨高牽制の発言が散見されることから簡単に利下げ打ち止めを示唆することは無さそうです。週末もドル円、ユーロ円が下落する中84円付近でこう着しているものの、どちらかといえば下方向への動きに警戒が必要になりそうです。投資戦略としては暴落が起きれば一旦ユーロ円を短期ショートで入り、豪ドル円は下げ止まりを小さいLotで時間をかけて拾って行きたいというスタンスで変わりません。向こう2年くらいは安値を拾って「利下げ→横ばい→利上げ」まで待ちたいと思います。買いのレベルは暴落中で無ければ81円台半ばから少しづつ買って行き、70円台も買い持ちしながら様子を見ます。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【ドル円相場見通し4/30-5/4】ドル円日足チャート、週足チャートともに陰線安値引け。GW中は70円台も覚悟!

20120428ドル円日足チャート 20120428ドル円週足チャート
来週4/30-5/4ドル円相場の見通しと投資戦略です。81円台前半を中心に底堅さを見せていたドル円相場は、日銀の追加緩和を通過したことや(米) 第1四半期GDP・速報値 [前期比年率]が+2.2%と市場予想の+2.5%を下回ったことから米長期金利が低下し「ドル安」となってクローズしています。中長期ではこの米長期金利上昇→日米金利差拡大観測がでてこないと上昇トレンド入りは難しいものの、日銀も昨年までとは姿勢が違うため70円台では動きがあると見ています。短期的には悪材料さえでてしまえば「リスク回避→クロス円急落」は常に起こりえますので、70円台は10Lotづつ小さく買い下げをして保有したいと思います。目先は溜まっていた投機筋の「円ショート」が解消されればドル円の下げ足は非常に鈍いと思いますので予定通りにポジションを取って行きたいと思います。80円ちょうどレベルも大きな抵抗線で、欧州財政問題・選挙関連でリスクが高まったり、米4月雇用統計が悪化しない限りはこのレベルを保てるかもしれません。70円台を小幅買いで構えておきます。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【市場との対話力の差歴然!】追加緩和なしでも株価上昇のFRB、最大限の追加緩和で株価下落の日銀、GW直前で最悪のタイミング。

ドル円日足チャート20120428 20120428外為オンライン
27日の東京時間には、日銀金融政策決定会合に注目が集まりました。前日に市場では「積極的な緩和策なし」との観測報道でハードルは下限までさがり、追加緩和さえ実施すれば市場予想は下回ることのない状態となって発表を迎えました。日銀としては最大限の追加緩和となり、市場参加者の予想を超える内容でしたが日経平均は下落、上髭陰線安値引け。ドル円相場も上髭陰線安値引けとマーケットは最悪の結果でGWに突入しています。「市場と対話できるFRB」「市場と対話できない日銀」と連日で揶揄されていますが、今回もタイミングが悪かったですね。GW前で好材料を提供されてもマーケット参加者は買えないタイミング、今年で最も悪い日が4/27だったと思います。なまじ好材料だっただけにチャート上で上髭を作っています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加