NEWS!
PICK UP!

NYダウ崩れる!米中貿易摩擦への懸念払拭できず。米5月耐久財受注も悪化。為替市場はリスク回避の円高+ドル高、ポンドや豪ドル安い。

20180628NYダウ先物日足チャート
27日のNYダウは165ドル安(-0.68%)、ナスダックは116ポイント安(-1.54%)でした。NYダウは日足200日線を割り込み、チャートは崩れました。市場テーマは引き続き米中貿易摩擦で、トランプ政権の一方的な関税等に対し、欧州と中国は自国通貨安で対抗。今度はドル高が米貿易赤字削減の重しになっています。

為替市場はリスク回避になっており、中国関連の豪ドルや、ブレグジット絡みで利上げ観測が後退しつつあるポンドも軟調。結局のところ夏場に米国株が崩れれば、FRBは9月利上げを見送るでしょう。投機筋は今月の主要3中銀の金融政策を受け、やはりドル買いに動いています。しばらく戦略を変えることは無さそうです。

米5月耐久財受注は-0.6%(予想-1.0%)、除輸送用機器-0.3%(予想+0.5%)と、予想を大きく下回る結果でした。当面はリスク回避を意識した円高+ドル高の流れが続きそうです。トランプ政権としては、貿易赤字を減らそうとすると株価が下がるため、舵取りが難しくなっています。どこまで強硬姿勢を貫けるか?    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero