NEWS!
PICK UP!

株価堅調!世界的な大規模サイバー攻撃でサイバーセキュリティ関連株買われる。サウジとロシアが減産延長合意で原油買われる。

20170516ドル円日足チャート
15日は前日から話題となっていた「世界的な大規模サイバー攻撃」を受け、サイバーセキュリティ関連株が上昇。「サウジとロシアが減産延長合意」との報道に原油価格が上昇しました。経済指標は、米5月NY連銀製造業景況指数-1.00(予想7.50)とトランプラリー以降で初めてのマイナス。米5月NAHB住宅市場指数70(予想68)と予想を上回っています。

基本的なリスクオンの中、ナスダックとS&P500は史上最高値を更新。悪材料は完全に無視されている格好。日経平均株価も、ようやく2万円の大台に乗せそうな雰囲気です。次のリスク要因が浮上するまで、同じ環境が継続する見通しです。

どこまで株高が続くかを見るだけの相場ですが、皆が買い終わってくると、8月末までに1回は何らかのショックがありそう。日経平均で言えば、2015年のようなイメージで見ておきます。他に気になったニュースとしては、大手邦銀の決算が冴えない事です。当然のことながらメガバンクは体力があるわけですが、メガバンクがこれだけ苦戦していると、地銀は相当厳しい状況だと想像できます。再編しながら生き残る道を探ることになりそうです。

株価だけを見れば、歴史的な絶頂期を迎えています。にもかかわらず苦戦しており、先行きも厳しそうです。本日は独5月ZEW景気期待指数、米4月住宅着工件数、米4月建設許可件数、米4月鉱工業生産が発表されます。何か目新しい材料が出てくるかどうかにも注目。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

北朝鮮ミサイル発射に反応薄!ドル円窓開けなし。中国「一帯一路」構想初会合、米4月小売売上高、米4月消費者物価指数など。

20170515ドル円日足チャート
14日早朝に北朝鮮が新型ミサイルの発射実験に成功したものの、これに対する市場の反応はほとんど無し。韓国に対話重視を標榜する親北朝鮮の文在寅(ムン・ジェイン)政権が誕生したものの、北朝鮮はこれまで通りミサイル発射実験を行っています。

金曜日に発表された米4月小売売上高は、+0.4%(予想+0.6%)、除自動車+0.3%(予想+0.5%)、米4月消費者物価指数前年比は、+2.2%(予想+2.3%)、コア前年比+1.9%(予想+2.0%)と、いずれも予想を下回っています。米重要指標に関しては、悪化してくるとFRBが利上げをする理由が無くなってしまいます。時系列で見ていく必要があるため、毎月よくチェックしていきます。

ドル円は5/8にレジスタンスラインを上抜けた事が効いており、大きく下がってくる雰囲気はまだありません。かといって、ドルインデックスは下げトレンドを抜け出しておらず、大きなドル高も期待薄という環境です。

ドル円と日経平均は、今年最大のリスクが「北朝鮮情勢」になるかと思います。日本国内に甚大な被害が出た場合には、円売りよりも円買いが起きると予想しています。保険会社による円転の思惑が最も材料視されると見ており、東日本大震災のように日本国内に甚大な被害が出るのか、それとも朝鮮半島内に収まるのかが、有事の際のポイントになりそうです。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

米百貨店決算冴えないMacy’s(メイシーズ)17.4%急落!ネット通販に顧客奪われたか?今晩21:30米4月小売売上高に注目。

20170512ドル円日足チャート
11日の米株式市場は、冴えない米百貨店決算を受け下落スタートとなりましたが、下がったところでは買い手がおり小幅安。ドル円は113円台後半~114円前後で大きな動きはありませんでした。百貨店の厳しさは世界共通で、ネット通販に顧客を奪われている模様。投資家らは個人消費が弱いのか?百貨店→ネット通販へ移動しているのかを、今日発表される米4月小売売上高で探ろうとしています。

米新規失業保険申請件数は23.6万件と、1988年以来の低水準となっています。その他、ロバート・ライトハイザー氏の米通商代表部(USTR)代表就任が承認されています。

NYダウは23ドル安で、また0.11%という小動き。相場格言でいう「楽観の中で成熟」の段階に入っていることを裏付けています。「ボラティリティが異常に低く、悪材料が出ても下げない」こういった環境で、ポジションやレバレッジが膨らんでいく、まさに2007年の相場環境に良く似ています。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

FBIコミー長官が突然の解任→ロシア疑惑か?FRB年4回利上げ可能な環境、年内バランスシート縮小もドル買い材料に。ドル円しっかり。

20170511ドル円日足チャート
10日は前日に突然解任となったFBIコミー長官が話題に。米大統領選へのロシア関与疑惑が晴れない中、シリア空爆から突然「米ロ関係は最悪」とのCMが始まりました。表向きは疑惑を晴らすための演出、裏では「結構仲が良い」という印象。その証拠として、空爆直後でもティラーソン国務長官は訪露を断られず、それどころかラブロフ外相・プーチン大統領と長時間に渡って会談しています。

今回のFBIコミー長官の件でも、解任直後にラブロフ外相が訪米しています。米中ロ関係は、かなり良さそうです。ローゼングレンボストン地区連銀総裁からは、年4回の利上げ示唆発言がありました。FRBは現在の環境が続けば、3・6・9・12月の年4回利上げが十分に実施できるでしょう。

年3回から年4回への利上げ加速観測に加え、年内バランスシート縮小観測が目先のドル高を後押しする材料になっています。投機IMM円ショートがまた膨らんでくるはずです。これを見ながらポジションを作っていきます。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

韓国大統領選は文在寅(ムン・ジェイン)氏が順当勝ち。ドル円114円台、日経先物一時2万円乗せ。アップル時価総額8000億ドル超えなど。

20170510ドル円日足チャート
9日のNYダウは反落し35ドル安。ボラティリティが最低水準に達する中、最近の値動きを見ていると、引け際の1時間に良く動いています。アップル株は時価総額8000億ドル超えとなり、ナスダックは上昇しています。ドル高を背景にドル円は114円台前半まで上昇、日経先物は一時2万円に乗せる場面がありました。

グローバル株式市場は絶好調となっていますが、気になるサインも出ていることから油断は禁物。フランス大統領選→韓国大統領選と無事に通過し、北朝鮮問題以外にリスク要因が見当たりません。新たなリスク要因が浮上するかどうかにも注目。

本日はNY終盤に伝わってきた「北朝鮮6度目の核実験強行」報道、日銀「主な意見」などに注目しています。為替市場はどの通貨を見ても、上げたり下げたりのサイクルが早く、難しい相場が続きそうです。このような環境では、上下どちらかに決めて、逆張りをやっていくのが良さそうです。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero