NEWS!
  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に![時間限定]

  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定(例外あり)に!

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.3銭固定に!

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭固定に!

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に!

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.3銭固定に![時間限定]

  • YJFX![外貨ex]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.3銭原則固定に!

PICK UP!

【ギリシャ選択的デフォルト】格付け会社とECBの見解に関心が移行。今後の利上げスタンスとリスク許容度でユーロは動く。

ユーロドル日足チャート20110705T 20110705外為オンライン
2011年07月05日08:56
おはようございます。4日のNY市場は米独立記念日で休場でした。米格付け会社S&Pはギリシャのロールオーバーは「選択的デフォルト」とみなすとの報道に一時ユーロ売り1.45割れまで下げる場面がありましたが、結局下落せずに小幅陽線でクローズしています。先週のギリシャ議会で緊縮財政法案を可決出来たことで、フランスが提唱しているギリシャ債のロールオーバーに対して格付け会社とECBの見解に関心が移行しています。ユーロ相場は7日に利上げを実施後、トリシェ総裁会見で今後の利上げスタンスによって動きそうです。加えて株高によるリスク許容度の改善がさらに進めばユーロには買い圧力、ドルには売り圧力がかかりやすく、ギリシャ問題を含めた3つの要因で方向が決まりそうです。本日は東京時間に豪RBAキャッシュターゲットが発表されます。欧米時間は材料少なく、チャートで地合いを確認しながらトレードして行きます。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

【今週のトレード予定】米格付け会社S&Pなんでそんなにギリシャをデフォルト扱いにしたいのか?独立記念日休場。

ユーロドル時間足チャート20110704L 20110704外為オンライン
2011年07月04日18:28
こんばんは。4日のNY市場は独立記念日のため休場となっています。東京-ロンドン時間では先週末まで大幅に買われてきたユーロや豪ドルに小幅な利益確定売りが出ています。その後は米格付け会社S&Pが「フランスが提案したギリシャ債のロールオーバーはデフォルトとみなす」との報道にまた一時ユーロが売られる場面がありましたが、1.45は割り込まずに1.45台前半で揉み合っています。米格付け会社はとにかく先送り策やインチキ解決策を許さないスタンスで常に「ダメだダメだ、銀行格下げだ」と言ってきます。内情や存在意義はわかりませんが、色々と理由があるのだと思われます。引き続きこういったギリシャ関連の悪材料を確認しながら、ユーロドルは買い場探しのスタンスでしばらくトレードして行こうかと考えています。ユーロに関しては7日のトリシェECB総裁会見にも大注目ですね。今週は4日が米独立記念日休場、火曜・水曜・金曜でトレードします。最も重要イベントが重なる7日は用事があるため休みます。

※ブログ読者様へ毎日ご訪問ありがとうございます!
1日ワンクリックづつ「熱い応援」よろしくお願いします↓
→為替ブログ村(FXデイトレ派)

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

ZONE相場心理学入門もれなくプレゼント中!
→FXトレーディングシステムズ社タイアップキャンペーン詳細をみる期間限定。

FX専業トレーダーのポジションや投資戦略をリアルタイム公開中!
デイトレーダーZEROのデイトレブログ
http://fxday.livedoor.biz/

日々のトレードやチャートを動画で解説しています。好評です!
デイトレーダーZEROのFXチャート動画解説
http://fx-gvideo.blogspot.com/    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

【ECBトリシェ総裁会見と米6月雇用統計に注目!】関心はギリシャから米国へ。外為オンラインウィークリーコメント20110704

豪ドル円日足チャート20110704T 20110701外為オンライン
2011年07月04日08:34
先週末に発表された米6月ISM製造業景況指数は55.3ポイントと市場予想を大幅に上回りNYダウが続伸。ギリシャデフォルト懸念も後退し為替市場でもリスクオンの動きとなり、ユーロや豪ドルが買われました。ドル円相場は80円台を中心に方向感のない展開が続いています。今週は7日ECB金融政策後に行われるトリシェ総裁会見と8日米6月雇用統計に注目が集まりそうです。ECB金融政策では今回利上げが見込まれており、市場予想どおり利上げが実施されそうです。注目はその後のトリシェ総裁会見で再度利上げが行われる時期を探ることになり、しばらく様子を見ると受け取れる発言であればユーロ売り、次の利上げも近いと受け取れる内容であればユーロ買いとなりそうです。先週はギリシャ議会が注目を集めましたが、無事にEU・IMFによる120億ユーロの融資が受けられる見通しとなりデフォルト懸念が一旦後退、しばらく米国の経済指標と債務上限引き上げに関心が移りそうです。4日は米独立記念日で米国休場、その後は週後半に向けイベント中心の相場になります。トリシェ総裁会見も米6月雇用統計も結果次第ですからイベントへ向けた思惑や6月ADP全国雇用者数を受けてのバイアスの変化などを良く見ておきたいと思います。それでは今週も頑張りましょう!※最終的な投資判断は必ずご自身でお願いいたします。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

【米6月シカゴ購買部協会景気指数61.1ポイント】ギリシャ議会は関連法案を可決!月末投信設定円売り、海外期末フローなど。

ポンド円時間足チャート20110630T 20110701外為オンライン
2011年07月01日10:11
おはようございます。30日のロンドン時間には、ポンド円時間足チャートで久しぶりにチャートパターンが発生。綺麗なダブルトップとなり急落しています。時間帯もよく他に材料がなかったことから売りのターゲットになったと思います。期末のポンド売りフローなども背景にはあったようです。トレードでは同じ時間帯にポンドドルを売って行きました。ギリシャ議会は前日に続き関連法案を可決、NY時間に発表された米6月シカゴ購買部協会景気指数61.1ポイントとポジティブサプライズとなりました。0時のロンドンフィキシングに向けては月末投信設定の円売りが観測される季節で円安となりました。NYダウも5月から6週間の週足陰線の後、11800-12200の12000ドルを挟んで上下200ドルで横ばいとなり、6月末から7月で反転上昇→「円安+株高」という予想どおりの展開となりました。ただし、直近のクロス円はまちまちでリスクオンで買われやすい豪ドル円やユーロ円が買いの対象に、逆にリスク回避では豪ドル円やユーロ円が同じく対象になりドル円は引き続きレンジ相場となっています。こちらは余程の円安か米国の金融政策による金利差拡大観測が出てこないと本格上昇はしにくいのがドル円です。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

【29日ギリシャ緊縮財政法案採決待ち】 外為オンラインデイリーコメント20110629

ポンド円時間足チャート20110630T 20110630外為オンライン
2011年07月01日09:56
昨日は「ユーロ高+米株高」となりました。ギリシャ緊縮財政法案の採決に疑心暗鬼が広がり先週末から週明け朝方まで軟調に推移していたユーロと株価は、法案可決への楽観的な見通し浮上、ショートカバーに思惑的な買いも加わりユーロ円、ユーロスイス、ユーロドルなどユーロが買い戻されています。またバーゼル銀行監督委員会が自己資本の上乗せに関して市場予想の3.0%ほど厳しくなかったことや、フランスのギリシャ債ロールオーバー策などが今のところ好感されNYダウは108ドル高、12043ドルで引けています。本日は明日29日に採決を予定しているギリシャ緊縮財政法案の採決待ちにより、積極的にリスクを取っていく流れよりもギリシャ関連の報道・発言・憶測により小幅にユーロ中心に上下するイメージで見ておきます。今週は緊縮財政法案の採決が最も重要なイベントになると見ており、これさえ可決できれば安心感が広がり米国の経済指標や債務上限引き上げに関心が移りそうです。※最終的な投資判断は必ずご自身でお願いいたします。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero