NEWS!
PICK UP!

【今週5/1-5為替相場見通し】米重要指標と仏大統領選決戦投票を確認する1週間か?北朝鮮情勢は米朝睨み合いへ。その他、FOMC、韓国大統領選。

20170501ドル円日足チャート 20170501NYダウ先物日足チャート
今週5/1-5為替相場見通しです。4月に緊張が高まった北朝鮮情勢は、6回目の核実験が実施されなかった事で米朝睨み合いとなりました。米国側は北朝鮮に核放棄させることを目標としており、北朝鮮は核保有を目標としています。すぐに軍事衝突が起きる雰囲気ではないものの、結末は誰にもわかりません。円相場と日経平均は、この問題に大きな影響を受けるため、投資戦略も立てにくい環境です。トランプノミクス関連では、就任100日で重要法案は通せず、何も出来なかったものの、株式市場は失望せずにここまで来ています。税制改革は一応発表されたものの、財源が無く、8月休会前に議会を通せるとも思えません。それでも失望しないのは、地合いの強さや、最初から上手くいくという期待が無かったのかもしれません。いずれにしても今月から新たな材料・テーマを探る相場になりそうです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加