NEWS!
PICK UP!

【北朝鮮問題まだ終わっていない】夏場が正念場、核・ミサイル放棄か?暴発か?予断許さぬ情勢続く。中国の石油供給が鍵、市場はもっと警戒すべき。

20170428ドル円日足チャート 20170428NYダウ先物日足チャート
27日はイベント通過のためドル円も米国株も小動きとなりました。ナスダックは史上最高値を更新しています。来週から5月相場入り。夏場の注目材料は北朝鮮情勢です。マーケットでは、米国が対話路線に切り替え、外交手段によって北朝鮮に核・弾道ミサイル放棄を迫るかのように見られています。こうした見方は専門家やトランプ大統領・米高官の発言とも一致しています。今後は中国(特に原油供給)に圧力を強めるよう要請し、核・弾道ミサイル放棄へ追い込む構えです。万一暴発した時の備えとして、原子力空母等を展開させ、準備が整い次第さらに制裁を強めていくと思われます。心配されるのは、米国サイドのシナリオのみが唯一のシナリオになっている点です。軍事衝突が起きてしまうかどうか、むしろ北朝鮮に選択権があるとも考えられます。莫大な費用もかかるでしょうし、1年後も睨み合いを続けているとは考えにくいです。向こう3か月くらいの間に結論が出ると思われますので、リスクを取るのはそれからでも遅くないと思います。北朝鮮情勢に関しては油断せずに良く見ておきます。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加