NEWS!
PICK UP!

米6月新築住宅販売件数は38.4万件+11.0%と大幅改善。クロス円は、月末投信設定観測相場で売り込まれにくいが、ロングも溜まり突発ネタには注意+24,000円。

USDJPY20090727N5分足チャート
8:50
おはようございます。27日のロンドン時間は「円売り+ドル売り」となりました。NY時間には、23:00米6月新築住宅販売件数の発表があり、38.4万件+11.0%という結果にドル円は一時95.39まで買われましたが、米国株式市場が序盤は50ドル程度調整気味で、これ以上の買い材料はなく95円台前半のまま小動きでクローズしています。NYダウは切り返し 9,108.51 +15.27 +0.17% でクローズしました。デイトレでは、ロンドン時間の入り際94.82ロングから入り、1回だけ大台手前で売ってみたものの、95円を抜けてからはすべてロング押し目買いを入れてみましたが、なかなか1本調子に上げる場面はなく完全に「くたびれ儲け」となりました。

細かい差益であれば取れる場面が多かったのですが、一応95.25-30まではという思いでしつこく買いを入れてホールドを繰り返しました。買っても買ってもすぐに落ちてくる展開で、結果的にスキャルピングをやらされているようなトレードになってしまい+24,000円でした。チャートからは94.90抜けからは「大台狙い」ということで良かったかと思います。やや金曜からの持合を抜けた感がありました。もうひとつのエントリーポイントは、チャートに青枠で囲った95.15まで「完全に大台乗せ」直後の94.98-95.00あたり。

今週は根底に「投信設定観測」がありますので、クロス円は売り込みにくい相場展開になっています(本邦輸出企業は別ですが…)。来週がまた勝負になるかもしれませんね。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加