NEWS!
PICK UP!

米7月フィラデルフィア連銀景況指数-7.5ポイントに悪化。結局は米巨大ノンバンクCITの破綻懸念が根底に+120,000円。

USDJPY20090716N5分足チャート
23:30
こんばんは。16日のNY時間米株式市場が空いてからは、米7月フィラデルフィア連銀景況指数が-7.5ポイントへ悪化、ドル円は下落93.25と安値を更新しています。結局のところ本日の金融市場では、東京時間「米巨大ノンバンクCITの破綻懸念」が根底にあり続ける上値の重い展開で、株価もクロス円もやや軟調な推移になっています。それでも溜まったロングが少し崩れるという程度でしょうか。デイトレでは週初に勝っていた分、余裕があったことから積極的にエントリーを繰り返し+120,000円でした。決算・指標・値動きともに、ほぼイメージどおりに展開しました。今週は+350,000円くらいでしょうか、明日は守っても良さそうですね。本日はこれでトレード終了します。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加