NEWS!
PICK UP!

世界銀行2009年実質成長率予想-2.7%へ引き下げ。NYダウ大幅安で資源国通貨など売られる展開に。本日の動画アップしました。

USDJPY20090622N時間足チャート
10:00
本日の動画アップしました→FXチャート異常なレートが発生した場合の解説

おはようございます。22日のNY時間は、世界銀行による2009年実質成長率予想の引き下げによって、NYダウが大幅安となり金融市場全体がリスク回避の動きとなりました。世界銀行は3月には「09年世界の実質成長率は-1.7%だ!」と言っていただけに、今回の-2.9%は大幅な下方修正となりました。原油・商品価格も下落し、カナダドル・豪ドルの下げが目立ちましたね。ドル円は終日で小動きとなり、エントリーチャンスはなかったと思います。NY時間には当日の安値を抜けそうになったところで一度ショートポジションを取りましたが、95.50を抜けないとストップロスは出そうにないということで即撤退しています。

23日東京時間になって95.50を抜けストップロスを巻き込み95.19まで一瞬下落しましたがミスヒットとの噂。実際には95.30付近ではないでしょうか。ヒロセトレーダーだけ95.19を拾っています。東京時間下に突っ込んだあとは95.58まで戻りましたが、日経平均が下げ幅を広げると95.35付近まで再度下押ししています。これが欧米時間であれば95円割れくらいまで期待できるんでしょうが、東京だとやりずらいですね。それでも戻った95.58から第2波が来たところ95.52でショート→95.46まで下げたところで売値にストップを設定したら決済となってしまいました。その後95.35まで下げ95.40付近でもみ合っています。もう少し下押しありそうですが、株価次第でしょうか。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加