NEWS!
PICK UP!

23日9:45から米財務省バッドバンク構想の詳細発表に注目、規模縮小や効果に懐疑的ならドル売りも考えられるか。

USDJPY20090323T時間足チャート
9:15
おはようございます、23日は注目されるイベントが予定されています。日本時間9:45からガイトナー米財務長官が金融機関の不良資産買い取り策を発表します、市場の想定よりも規模が縮小されていたり、効果に懐疑的な見方が広がるとドルは失望売りにつながる可能性もあります、本来は好感されドル買いの材料ですがAIG問題やバッドバンク構想の遅れからやや批判的な雰囲気が広がっています。発表までの欧州時間にどのように折り込むのかなどを見ながら発表後に対応すれば良いかと思います、いずれにしても注目度は高い材料です。週末持ち越しのドル円96.21ショートは95.65で利益確定しています、時間外はやはり「売り」で入ってきましたね、ホールドしておけばもっと低いレートになることがありそうですが、オープンで決済しないと意味が無いかと思います、今週もがんばりましょう!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加