NEWS!
PICK UP!

NYダウ史上3番目の上げ552ドル高!米貿易赤字輸入減で減少、ウォルマートは10%増益、ヘッジファンドの大型ポジションクローズか。

USDJPY
9:17
おはようございます、スイングで仕込んでおいたロングポジションを今朝全部利益確定しました、仕込んだタイミングは→http://fxday.livedoor.biz/archives/51541727.htmlで13日日経が下げ幅を広げる中でクロス円が下げないことを確認してその時のレート、ドル円95.39で20Lotユーロ円119.01で5Lot豪ドル円61.01で5Lotでロングにしていました。13日19時に96.20まで上昇したところでドル円は20Lot決済→下落してきた96.00、95.98で15Lot買い戻しをして寝てました、ドル円のストップロスを94.40に入れていたので安心して寝ました、なんせ前日に底値スイングを拾うために30時間以上マーケットをみていたので…朝起きたらユーロ125.00円、豪ドル65.00円の指値がヒットしていてビックリでした、ショートカバー早かったですね、それほどの材料があったようには思えませんが、ドル円は98.00で決済済み合計で75万勝ちとなりました。デイトレーダーの場合、夏も冬もボーナスがでないのでこれをボーナスということで、今日からデイトレに戻ります、スイングのポジションは取ったらまたすぐに報告します。

それでは寝ていましたがNY時間のドル円5分チャート解説です、3:05に95.12でダウ300ドル安、ここから552ドル高ですから引けにかけて900ドル近い上げとなったわけですね。たいした材料もなくここまで動くのはセントラル短資動画レポートの和田さんいわく「ヘッジファンドの大型ポジションクローズ」とのことです、先日からブログで書いてきましたが、ヘッジファンドの年内解約が14日(今日)が最終日ですから「株ショート+債権ロング」を良いレートで一斉に決済→ストップを一気に巻き込んだものと思われます。以前から「季節要因」を重要視してトレードしていますが、相場環境に関わらずこうした要因での動きには注意が必要かと思います。どんなに悪材料がならんでも相場は「需給」のみで動くと考えています。実際寝ていたのであまり細かい解説なしでスイマセン(汗)、14日朝方は日経は大幅上昇も「待ってました」とばかりに「本邦実需売り」にクロス円は押されています、それでも下げは限定的かと思います。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加