NEWS!
PICK UP!

先週はFOMC利上げ絡みハイテク株→金融株へシフト。仏下院議会選マクロン新党が過半数を確保。投機ユーロロングさらに膨らむ。

20170619ユーロドル日足チャート
先週の米国株はFOMCでの利上げ絡みか、ハイテク株から金融株へシフトが起きました。ナスダックは軟調+ダウは堅調という流れが、今週も続くのか?一時的に終わるのか?

フランスでは下院議会選が行われ、マクロン新党が過半数を確保、投票率は最低となりました。その他、IMM投機ユーロロングが7万9千枚まで増加しています。

短期的にはユーロ買いのスピードが速すぎる印象ですが、腰を入れて買っている様子。少なくとも秋相場までは見据えた戦略に見えますし、大きく調整すれば一定の買いは入りそうです。

黒田総裁は、16日の金融政策決定会合後に開いた会見で、出口戦略に関して何らかの説明をすると見られていたものの、頑なに「(物価目標)2%へ道半ばであり、そういう段階ではない」との姿勢を崩しませんでした。これまで繰り返してきた「時期尚早」という文言は避けていました。

黒田総裁は「時間はかかっているが、2%へ向け物価の上昇が始まる」と自信を持っている様子。「2%の物価目標を達成し、安定的に推移するまで」としており、任期中の緩和解除は無さそうです。

物価に関しては、円安や原油高は追い風となるため、前年に比べると現状は大幅に円安+原油高で推移しているため、一時的には物価が上向く可能性もありそうです。ただし、円高になってしまえば、たちまちマイナス圏に沈みそうです。労働需給のひっ迫による賃金上昇に関しては、確実に起きそうですし、当面続きそうです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加