NEWS!
PICK UP!
       
最新記事 為替&株式・動画解説

ドル売り優勢でスタート!東京円高も欧州時間は円がテーマにならず、重要指標なくNY勢待ちムード。

20080922L
18:00
こんにちは、朝方に円高に振れた以外はクロス円は全般的に小動きとなっています。ドル円は東京時間では106.30-70のレンジ、106.30から下へショートでポジションを取りましたが25pips程度の勝ち、戻りの106.10を再度売りましたが106.21でロスカットになっています。一見、円高相場にも見えますが東京時間に円高になったのみで欧州時間では「ドル売り」となっていてユーロ円はむしろ買い戻しが優勢でした、106円近辺には買いオーダーもあるようで反転しています。現状はドル相場ですのでNY勢入りまでチャンスを待ちたいと考えています、リーマンショック以降の米当局の対応ですがショートのストップは先週末で完全につけ切って、非常に軽いマーケットになっていると思います、一応「ドル売り、クロス円売り」で今週入ってきたことだけは覚えておきたいと思います。

   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

金融不安が峠を超え再び米国実態経済がテーマに、(米) 8月中古住宅販売件数・(米) 8月新築住宅販売件数に注目!

9:30
おはようございます、先週から続いた「米国金融不安」ですが大手米銀の決算を残しているもののトンネルの出口が見えた感じで落ち着きそうです。来週は祭日(休場)なども絡んで微妙な展開ですが市場のテーマは米国の実態経済に移ってくると考えています。来週はまた「住宅関連指標」10月初めには「雇用統計」あたりがテーマになりそうですね。ドル円・クロス円は今後どうでしょうか?週明けの窓をきっちり埋めたドル円ですが、9月は落ち着いても10月にはもう一度下押しがあると予想をしておきます。

   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

FXで生活したい方へ、プロのFX専業デイトレーダーの上手な負け方(リスクを限定する)

20080920
22:00
こんばんは、19日のチャートから負け方(ロスカット)の基準を検証しておきたいと思います。通常は「プロのトレーダーは負けません」それでもトータルでは負けないという意味で100戦100勝は不可能です。ZEROの場合は8割は勝ちますが2割は確実に負けます、その時に負け(リスク)を限定し「小さく負けること」が非常に大切になります。もしあなたが現在19連勝中なら次の1敗で19勝分をすべて1敗で持って行かれることでしょう、まずはこの意味を理解して下さい。19連勝もしているということは=「ロスカットができていない」ということなハズです。それでは切れのある?負け方を考えておきます。19日のドル円5分チャートですが、107.00を上にブレイクしたところにマーキングしてあります、プロは順張りを得意としていますので、ここでロングにします。良くあるパターンでは107.15-20までは上昇するというパターンです、この日は前日104.00からの上昇でやや勢いが止まっていたのかもしれません、ポジションも全体的にロングが溜まっていたと思います、その後108.00でも勢いなく反落をしています。本題ですがここでロングはプロなら取ります、では上昇しなかった場合のロスカットはどこに置けばよいか?106.85-80で良いと思います。できれば15銭で切りたいですね、一番多いパターンでは106.90もしくは106.95では「押し目買い」が入り上昇するパターン、106.85-80まで反落をしても上抜けしてくる場合もありますが、「リスクを取らない」という意味で106.85を推奨しておきます。

   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

ポールソン・FRB・リーマン・AIG報道で超の付く乱高下!19日のドル円チャート解説、クロス円は一旦下げ止まりか。

20080919N
9:30
おはようございます、株・為替ともに乱高下が続いた1週間でした。早速19日のNY時間ドル円5分チャート解説です。今週は報道に振らされる相場展開で目先のストップもつけきったような相場、NY時間はロンドンでの勝ち分を溶かさないように慎重に参加しました。トレンドが強かったのはNY時間に入った22:00からのクロス円の「売り」でした。東京→ロンドンと一方的に買われたクロス円ですが、米経済指標のないなか、NY午前には利益確定売りに押されたダウの下落に合わせてドル円・クロス円も大幅に下落しました0:00まで2時間下落が続き、その後ダウの反発に合わせて上昇しています。ZEROはボラ高で慎重になっていたのでエントリーは2回、23:50に107.00を割れてくるところ107.02と23:55の戻りの106.85でショートで合計25pips勝ち、ロンドン入りの時に揉み合った106.70まで下押ししています。

   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

英FTSE爆上8%高!ドル円・クロス円の買いで107.73まで、19日ロンドン時間ドル円5分チャート解説。

20080919L
18:50
こんにちは、米当局の相次ぐ支援策などで株価は上昇クロス円も円安となっています。19日は寝坊気味、起きた時間には107円台に一度乗っていました。本日のエントリーポイントは赤い□でマーキングしてあります。エントリーは14:05の高値107.13を抜けたところ、戻りの16:45と107.50を抜けたところの3か所すべてロングでポジションをとりました。ここで特徴的ないつものパターンがありますので解説します、NY時間に出たCNBC報道前には104.00だったドル円ですが、報道後は次々と米当局の対策が報道されダウは-150ドル→+400ドルへ、ドル円も急上昇→東京でもジワジワ上昇→ロンドンでは16時前後からの上昇に注目をしてほしいと思います、これが良くあるパターンでZERO的には「欧州勢の2段ロケット」と呼んでいますが、107.50まで上昇したあと利益確定→さらに買い上げ107.73まで上昇しています。これは本当に欧州時間にクロス円を買う良くあるパターンなので覚えておきましょう。107.50でショートにするのは早いですし、利益確定に押されたところは、もう一度押し目買いをして2段目が上がりきったところですべて利益確定しましょう。これでNY→東京→ロンドンまで一巡しましたので、次の材料がでるまでポジションはなしで。

   

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero
NEWS!