NEWS!
PICK UP!

【FOMC声明受けドル買い】投資家のコンセンサス「来年3月以降」よりやや前倒しに警戒!12月テーパリング開始0%→一応警戒へ!

20131031Tドル円日足チャート 20131031外為オンライン
◆30日夜中に発表されたFOMC声明では、金融市場ひっ迫の文言が削除、住宅や雇用に関しても投資家がイメージしているほどネガティブな内容は無くどちらかと言えば「タカ派・・・かもしれない」という印象を残して通過しました。実際のところ米財政協議の影響で正確な経済統計を確認できなくなったことから年内のテーパリング(量的緩和縮小)開始は無さそうですが、FOMC前には「あり得ない」とされていたものを「もしかしたら」にコンセンサスが移ったと考えるべきでしょう。その分のドル高となっています。12/17-18が近づいた時にそれまでの経済統計を含めてさらにタカ派となるかに注目をしておけば良いでしょう。トレードではドル円97.38買い→98.48利食い(+110pips)としています。残りのポジションはすべてホールドします。NZドル円は今朝がたの金融政策で「来年利上げ示唆」と「NZドル高けん制」の両方を言って来ました。米ドルに関心が移っておりあまり方向感は出ないでしょう。ポジションと売買理由、投資戦略はブログよりタイムリーにメールマガジンで配信しています。





■□会員制メールマガジン「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」では、ブログでは公開していないノウハウや情報をすべてお伝えしています。ご興味のある方はどうぞ!

【会員制】デイトレーダーZEROのFX投資塾!
→「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」詳細はこちらのページをよくお読みください。







※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加