NEWS!
PICK UP!
Topic!

米ドル円の見直しと明日の投資戦略

11:55

おはようございます、早速明日の投資戦略ですが具体的にユーロ円163.50、163.0、162.50に10枚ずつ指値をいれておきます。雇用統計を週末に控えているので大きく買建することなく様子をみながら週末にはユーロ円を40~50枚くらいに増やしておきたいと考えています。ユーロ円相場は10月は横ばい~やや調整があるかもと考えています。「上昇しなくなった」というだけでも売ってくる人がいますので…。豪ドル円は大きく円高になれば100円前後で5枚買い増ししたいと考えています。

昨日は天気も悪く1日FX研究をしておりました。今日は中山にスプリンターズSでも見に行こうかと思います。話がそれましたが「米ドル円」ですが、最近はドル全面安が続いており一方的にドル売りとなっていますが、感想は「意外とドル円が底堅い」と思いました。米利下げがいつまで続くかによりますが114円より下は小額で拾っていっても良いのかも知れません。

実際年末~来年のドル円相場はどう推移するのでしょうか?専門家の間ではもっぱら105円割れなどと言われていますが、金融市場は「そんなに甘いのか?」と昨日思いました。実際あなたは「米利下げ終了」しても景気後退懸念だけで米ドル円を売り続けますか?前回FOMCで0.50%(現4.75%)まで利下げが行われましたが、今後4.25%までは想定内のようです。個人的にはあと2回も利下げをするとは思えないが、前回FOMCでも0.50%下げると思っていなかったのでどうなるかはわからない。もしかしたら110円までは「絶対的金利差」が積みあがっているのかもしれません。この先の「利下げ」と「ドル下落速度」次第ですが米ドル円を再考してみたいと思います。もし出遅れているだけで来年116円、117円となるのであれば114円以下はおいしいのかもしれません。現在はユーロ円にウエイトを傾けていますが、ユーロ70%、ドル20%、豪ドル10%くらいに年末には持って行きたいと考えています。

【スワップポジション()内はスワップ累計】
ユーロ/円 買建 10枚 平均価格 163.50円 (45,180円)
豪ドル/円 買建 5枚 平均価格 101.50円 (0円)

9月の収支+1,095,000円(スワップ、手数料込)
8月の収支▲219,000円(スワップ、手数料込)
7月の収支+785,000円(スワップ、手数料込)
6月の収支+1,576,000円(スワップ、手数料込)

FXシステムトレード
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
FX外国為替証拠金取引 – livedoor Blog 共通テーマ

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝てるFX投資戦略の立て方

17:00

FX投資戦略とは「勝てる確率を上げること、有利な土俵で投資をすること」だと考えています。では「有利な投資」をするための考え方を解説していきます。FXだけではなく相場物全体で言えることですが、まず相場には3つのパターンしかないということ。パターン①上げ相場(上昇トレンド)、パターン②下げ相場(下降トレンド)、③レンジ相場。この3つしかありません。

クロス円のみを対象にして考えると、円安トレンドでは押し目買い、円高トレンドでは戻り売り、レンジでは押し目買い。これが最も勝つ確率の高い投資方法です。9月中ずっと「ユーロ円の押し目買い」をしてきたのは9月のユーロ円相場がパターン①の状態であると判断したためです。当然、1ヶ月中勝ち続けました。

結局ユーロ円はどこで買っても儲かったわけですが、その中でも下がってきたところを拾うという戦略は最も手堅いのです。10月は高止まりレンジと予想していますが、G7その他波乱要因はあります。それでも一方的に下落してくるとは考えにくいので「9月よりは慎重にユーロ円の押し目買いをします。」

よく「順張りか逆張りか」と言われますが、私の投資戦略は中期的な順張りを短期的逆張りで実行しているといえます。従ってベースにある中期トレンドを読みきれないと苦戦をすることになります。逆に中期トレンドが読みきれていれば大きく負けることはないでしょう。

【スワップポジション()内はスワップ累計】
ユーロ/円 買建 10枚 平均価格 163.50円 (45,180円)
豪ドル/円 買建 5枚 平均価格 101.50円 (0円)

9月の収支+1,095,000円(スワップ、手数料込)
8月の収支▲219,000円(スワップ、手数料込)
7月の収支+785,000円(スワップ、手数料込)
6月の収支+1,576,000円(スワップ、手数料込)

FXシステムトレード
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
FX外国為替証拠金取引 – livedoor Blog 共通テーマ

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

9月の解説と10月の投資戦略バーゲンは終わり

10:27

おはようございます、昨日はブログのタイトルどおり「中間決算」ということで日本時間に一番「円高」となった1日でした。ユーロ円を163.0、162.80で10枚づつ買い増し→163.50でスワップ用もすべてまとめて利益確定しました+12万ほど。

その後NY時間での163.10-20は買いたいところでしたが、162円台まで落ちてくることを期待して待ちましたが結局買えず、現在はユーロ円163.50で10枚、豪ドル円101.50で5枚買建しています。

163.50での利益確定はまた早すぎた感がありますが、リスクを取らないという意味ではどうなんでしょうか。私は専業トレーダーなので毎日5分チャートをみてトレードしているとどうしても「早買い+早売り」になってしまいます。スワップ用にと仕込んだポジションを利益が出るとすぐに売ってしまいます(半分病気)

ただし、サブプライムショックの後ずっと勝ち続けています。米雇用統計時に少しロスカットさせられましたがその後は1回も負けていません。短期トレンドが「株高+円安」となっているのでみなさんも勝っているかと思います。私はブログでも毎週述べている通り、最近のFX投資戦略は「ユーロ円の押し目買い」でほぼ1ヶ月中変えていません。ユーロ円の日足をみればサブプライム→雇用統計後ずっと円安に傾いていますので、その中で押し目買い(円高になったときに買う)であれば負けようがない戦略です。

悩むのは「もっと勝てたのでは?」ということですが、これに関しては9月に100万プラスしても胃の痛いネタです。はっきり言ってユーロ円であれば155.35からずっと156円台でも相当買っていたので、それを売らなければ(ただ持っていれば)4~5百万は儲かっていたはずです。なぜ売ったかは「しばらくレンジで乱高下」と予想していたからです。かといって今ユーロ円100枚を163円台で買った場合、最終的には勝てると思いますがリスクが高すぎてとても出来ません。スワップを狙うのであれば155円以下を指値で暴落中に拾ってあとは何もしないというのが必要。

10月の投資戦略ですが、先日も述べたとおり「バーゲンは終わり」と考えておきます。ユーロ円は150円台は天国でした、買えば儲かるわけですから…。160円台はニュートラルな状態だと考えています。170円台は高値警戒領域です。大分積み木を積んできたので来年あたりまた「大暴落」ではないでしょうか。話を10月の戦略に戻しますが、10月も基本的には「ユーロ円の押し目買い」です。ただし、購入枚数を下げていきます、150円台では大きく買いましたが、160円台では小額で買います(下落リスクが高くなっているので)、170円台ではもっと小さく買って暴落待ちです。金利動向に大きな変化がでてくるまでは繰り返しです。早速来週の雇用統計→先月のこともあり早めにポジション調整が入る可能性があります。ただし悪い数字が出ても市場予想も悪いので大きくは下げないと予想しています。あとはG7とFOMC、日銀イベントあたりでの「円高」を期待。

【スワップポジション()内はスワップ累計】
ユーロ/円 買建 10枚 平均価格 163.50円 (45,180円)
豪ドル/円 買建 5枚 平均価格 101.50円 (0円)

9月の収支+1,095,000円(スワップ、手数料込)
8月の収支▲219,000円(スワップ、手数料込)
7月の収支+785,000円(スワップ、手数料込)
6月の収支+1,576,000円(スワップ、手数料込)

FXシステムトレード
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
FX外国為替証拠金取引 – livedoor Blog 共通テーマ

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

中間決算にご注意!

9:35

おはようございます、月末ということもあり毎日円安が続いています。10月にはG7、FOMC、日銀金融政策決定会合とクロス円相場も山場を迎えそうです。このあたりでユーロ円が円高になれば拾っていきたいと考えています。

FX投資戦略ですが「バーゲン終了」という状態に入ったと考えています。米雇用統計後155.35からずっと続けてきた「ユーロ円の押し目買い」ですが「株安+円高」がほとんど来なくなりました。合わせてユーロ円のレートも163円半ばで大きく買う気にはならないレベル。暴落最安値の149円台から159円台までがバーゲンでした。このレンジではどんどん買ってどんどん利益確定してきましたが、この先は半年くらい休養かと思います。次の暴落ではしっかり売って、収まったらまたバーゲンハントしたいと考えています。金利動向が多きく変わってくるまではこれの繰り返しです。

昨日はユーロ/円 買建 10枚 平均価格 163.71円にスワップ用ポジションを少し買いました。あとは163、162、161と1円おきに買い下げていきます。あとは大きく円高になったときは買って行きます。多分159円が堅いと考えています。円キャリーはたくさんの金利を取りに行くとまた来年危ないので小額で強い通貨に投資しながら暴落を待ったほうが賢明です。重要なのは「暴落時に売るお金、暴落後に買うお金」を残しておくことです。今回、8/17以降に資金がなくてくやしい思いをした方も多いのではないでしょうか?

【スワップポジション()内はスワップ累計】
ユーロ/円 買建 10枚 平均価格 163.71円 (45,180円)

9月の収支+724,000円
8月の収支▲219,000円(スワップ、手数料込)
7月の収支+785,000円(スワップ、手数料込)
6月の収支+1,576,000円(スワップ、手数料込)

FXシステムトレード
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
FX外国為替証拠金取引 – livedoor Blog 共通テーマ

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

不景気の株高ダウ14000ドル目前!!

9:27

おはようございます、昨日は全面的に「円安+株高」で出番なしでした。今日・明日も出番はなさそうです。来週以降に期待します。ユーロ円は163.45と完全に上抜けしてしまいました、月末の投信がらみやサウジ、英国ネタで「円安+株高」一色となりました。

今後ですが、ドル円は114-116にすっぽり納まったようで、114円に近づいたときにユーロ円と豪ドル円を買えば勝てると思います。ユーロ円は「G7」くらいしか不安材料なく、暴落前の水準に達しそうです。163円台ではまだ買う気がしないので来週まで待ちたいと思います。一度164円に乗ってから落ちてきた163円なら買ってもいいかもしれません。

NYダウは 13878.15 +99.50 +0.72% と14000ドル目前、史上最高値さえも視野に入ってきました。なぜこんな展開になるのか?現状は「利下げ観測」が支えていますので簡単には「株高+円安」が崩れないというのが短期的な理由のひとつ。中長期的にはずっと続いている「新興国バブル」によるものだと考えています。簡単にいうと「余ったお金を投資しなければならない」から。だから米国では「不景気の株高」という奇妙な状態に毎回なってしまう。そして来年また「悲劇(暴落)」の繰り返し。

【スワップポジション()内はスワップ累計】
なし(43,890円)

9月の収支+724,000円
8月の収支▲219,000円(スワップ、手数料込)
7月の収支+785,000円(スワップ、手数料込)
6月の収支+1,576,000円(スワップ、手数料込)

FXシステムトレード
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
FX外国為替証拠金取引 – livedoor Blog 共通テーマ

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
NEWS!