NEWS!
PICK UP!

【ドル円値幅44銭】多過ぎるイベント控えて薄商い。米10年債利回り2.6258%→昨年12月高値上抜ける。まずはFOMC、米予算教書待ちか?

20170314ドル円日足チャート 20160706外為オンライン
13日のドル円相場は1日の値幅が44銭と小動き。米株式市場も薄商いで、週半ば以降に集中しているイベント待ちとなっています。米10年債利回り2.6258%まで上昇し、昨年12月FOMC直後の高値を上抜けています。ドル円は米長期金利の上昇には追い付かず、昨年12月FOMC直後の高値118.66に届いていません。基本的なドル高圧力に対し、トランプ政権の通商政策が重しになっている格好です。17日~独バーデンバーデンにてG20が開催されます。麻生財務相とムニューシン米財務長官が、初の会談をする予定と報道されています。16日には米予算教書を提出する予定にもなっており、トランプ政権の「税制改革+インフラ投資+通商政策(トランプノミクス)」が、ようやくスタートラインに立ちそうです。重要イベントが多過ぎることから、結果を確認していくまで投資家も動きずらいと思われます。どのイベントに一番注目すべきか難しいところですが、個人的には米予算教書の内容に注目しています。※投資は大きなリスクを伴います。余裕資金で常にポジションサイズを小さくすることを強く推奨します。また、最終的な投資判断は必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加