NEWS!
PICK UP!

【今日から注目のFOMC】ドル円116.12から反落、ダウは2万ドルトライへ!イエレンFRB議長→ドル高+米株高になっているうちは静観か?

20161213ドル円日足チャート 20160706外為オンライン
12日は原油価格が堅調に推移しました。WTI原油は52.83ドル。OPEC非加盟国の減産合意と、サウジアラビアが減産へ一段の用意があると示唆したことが材料視されました。米国株はまちまちの動きも高止まり、ドル円はロンドン時間に116.12まで上昇後は反落しています。今晩からFOMCが開催されます。この環境で悪い話が出てくる事は考えにくく、ダウもFOMCをきっかけに2万ドル乗せとなりそうです。トランプノミクスも就任までは失敗のしようがなく、期待が高まったまま1月相場を迎えそうです。ドルに関しては、年末のドル需要などが無くなってくる頃です。もともと円安要因も無いため、時間が経過すればドル円の急騰も落ち着いてくるでしょう。ドル円日足チャートからは、転換線をサポートした強烈な上げになっています。角度が急すぎるため、すぐに割り込んで行くでしょう。そうなると次のサポートが上がって来るのを待つような値動きをしそうです。方向が変わるには時間がかかりますが、来年はトランプノミクスへの期待剥落から円高+株安でしょう。ドルは長期金利がどこまで上げるかがポイントになります。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加