NEWS!
PICK UP!

【ダウ4営業日連続で最高値更新】強い米小売売上高にドル円109円台前半、ユーロドル1.07台前半。FRBは高過ぎるドルの弊害に苦慮。

20161116ドル円日足チャート 20160706外為オンライン
今週はトランプラリーだけがテーマとなっており、ダウとドルの上昇がどこまで続くか注目が集まっています。そんな中、米10月小売売上高+0.8%(予想+0.6%)、除く自動車+0.8%(予想+0.5%)と強い結果。米12月利上げ観測が高まり、ドル高トレンドを後押ししています。悩ましいのはFRBで、今後利上げサイクルが早まれば、高過ぎるドルの弊害が出てきそうです。今のFRBにとっては「ドル安+株高」のほうが、金融政策の舵取りはしやすいでしょう。ダウは4営業日連続で最高値更新、ドル円は109円台前半まで上昇しています。引き続きトランプラリーのドル高+米株高が、どこまで進むか見ていきます。昨年末から積み上げた投機筋円ロングは、ドル円110円前後でほぼ解消すると見ています。0枚になるという意味ではなく、110円を超えると投機筋円ロングの巻き戻しが、ドル円上昇のエンジンでは無くなるという意味です。投資戦略は変わらず、時間をかけて売り増して行く方針。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加